*

激走!鈴鹿8時間耐久ちゃりんこ

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 無茶旅行

 締切やら、ラフ制作やら、未収の取り立てやらに追われ、あっという間に11月が終わってしまった。よく「会社は3年持てば大丈夫」などという人がいるが、あれは3年も経つといろんなしわ寄せが襲ってくるということなのだろう。果たしてその通りの丸3年(10/29)経過であった。ひとまず、見通しが相当明るくなったので、やっと11月を振り返る。
 
 11月4日(日)、私はワタル2号(注)と共に鈴鹿のサーキットにいた。

注.高野さんと自転車旅をする道中に名付けられた私の自転車名。

 それを遡ること数か月前、奥沢のショット・バー“O’s nest(オーズネスト)”のマスター喜多さんより電話がかかる。
喜多「ああ、渡さんどうも」
私 「どーも、喜多さん、なかなか顔出せなくてごめんなさい」
喜多「いやいや大丈夫です。ところで渡さん、自転車好きですよね(唐突)」
私 「ええ、まあ…(今年の2月に四国〜九州走ったし)
 <ちょっと間が空く>
喜多「あの、鈴鹿8耐に自転車で出ませんか?」
私 「へっ?・・・。」
 あまりにアホな企画すぎて言葉に詰まったが、2秒後には「もちろんです」と答えていた。今まで幾多のユニークな企画を常連客とこなしてきたオーズネストも、いよいよ鈴鹿を貸しきるところまで来ていたとは…と、ここしばらく顔を出していない間の変わりように、ただただ驚くばかりだったが、
「いやあ、そういうアホな企画をやっている人がいるらしいんで、僕らも出てみようかと思いまして…」
 流石は上には上がいた。
 スズカ8時間エンデューロと名前のついたこのイベント、なんと今年で8回目を数え、真面目に自転車レースをやっているチームなんかを招待選手として招いている、きちんとしたレースなのである。
 しかし、他人の企画へ普通に参加する様な団体ではなかった。
 
 レース前日、店の前に集合すると、そこには50人乗りの大型バスが停まっていた。
  
 しかも出発後すぐにビールが入り、サービスエリア毎ほぼ各駅停車の旅になった。

 昼を過ぎてもまだ御殿場。夕方6時にやっとこさ鈴鹿の宿へ到着、もちろん到着後も浴びるように飲む。
 翌朝5時、鈴鹿サーキットに到着すると、入口にはチャリンコを積んだ車と、現地集合のチャリダーだらけ。ただし大型バスで乗り付けてるバカは我々だけだった。車内や下のトランクから15台近い自転車をおろす。この段階で、車内には十分やり遂げた感が漂っていたが、主催者に促されるままコースへ試走に出かけると、スタート前に脱落しそうな人も出始める。
 
 8時、乾いたピストルの空砲が青空に響くと、怒濤の8時間が始まった。
 ここでレースについて少しだけ説明しておく。
 F1が300キロを超える速度で走るコースを、本当に自転車で走る。1周は約5.8キロ。ただし、F1とは逆回りに走るので、ピット前の下りバックストレートが、だらだら上り坂となり腹立たしいことこの上ない。チームのタイムトライアル、個人トライアル、チームでリレーしながら走るエンデューロ、2人チームで走るトロッフェ・バラッキ等、応募のクラスも沢山あり、また8時間以外にも3時間や4時間など、土日の2日間にわたって、様々なランク・クラスが用意されている。
 我々がエントリーした8時間エンデューロには、ロード用の自転車で走るクラスと、マウンテンバイクやママチャリでの参加もOKなオープンクラスがある。私は、村田さん、木村さん、道明さんの男ばっかり4人のチームの3番走者だった。
 「まずは、1人1周で様子を見ていきましょう。」
 という方針のもと、木村さんから計測用のタグを引継ぎピットをでる。F1なら「シケインを抜けると後は下り坂のバックストレート!」だが、逆走なので「いきなりシケインまで上り坂!」になってしまいかなりキツイ。しかも目の前にママチャリ漕いでる着ぐるみのトナカイや、鎧甲冑のマウンテンバイクがいる。その先には息の上がった黄レンジャーもいた。もうワケが分からない。
 何とかシケインを抜けると、広々とした道をひたすら走る。調子に乗ってハイスピードでぶっ飛ばしていたら、さらにすごいスピードで招待選手の一群が追い抜いていった。こっちのメーターは40km/h近いのに…である。

 上り坂のスプーンカーブを越えると、名物のヘアピンカーブが見えてきた。ツール・ド・フランスのアルプス越えみたいにガッツリとコーナーへ突っこんでやろうかと試みたが、タイヤのグリップが利かなくてふくれてしまう。続くテグナー・カーブの手前で最高時速55キロを記録。前をかっ飛んでいた超速ロードレーサーの後ろに引っ付き偽スリップストリームを体感。しかしスタミナ不足がたたって、カーブを抜けるとジワジワおいていかれてしまう。ダンロップ・カーブまでのやや登りをこなすと、後はひたすら下る。下る。下る。
 第2コーナー、第1コーナーを走りきって、ピット前のロングストレート(ず〜っと登り)で、がくっと減速。ホントに辛い。
 走る前は「やー、元気があったら1時間くらい走ってみますよ」なんてうっかり言ってしまったが、もう全然ムリなので左にそれてピットへ向かった。
 道明さんに無事タグを渡して時計を見ると周回ラップ9’30。
 当然、これを上回ることはそれ以後一度もなく、後半はトナカイや落武者と同じ様に、ひーひーぜーぜーしながら、何とか交代で4時まで走りきった。
 ちなみに、最後の最後、道明さんに繋ごうと第1コーナーを抜けるとピットはすでに閉鎖され、残り時間は後5分。
 無情のラストラン(あと1周)が追加された。

(写真はゴール前ラストラン追加の瞬間。温かくもう1周見送ってくれる(?)オーズネストの常連のみなさん)
教訓、赤信号は偉大です。

PR

関連記事

チン州であった民族衣装を着た女性

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(3)

「どこの国にいっても大抵自分のナショナリティー(アメリカ人とかフランス人とか)について意識することが

記事を読む

no image

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(6最終話)

 先日、ある著名な先生と「なぜ2時間毎なのか?」という議題でお話しする機会があった。このネタは全世界

記事を読む

no image

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(1)

 まるで冷蔵庫にいるような効き過ぎのエアコンから徹夜明けの体を守るには、紫色の毛布では少々薄すぎた。

記事を読む

no image

チンの映像を出展します

 当ブログにて連載中の「ミャンマー紀行〜チンへの道〜」を映像版にてご覧頂ける機会ができた。明日9月3

記事を読む

no image

自転車爆走400キロ!その6 〜神の国、高千穂 後編〜

 あれこれ慌ただしくしていたら、県境の頂に2人を残したまま2週間も経ってしまった。その間、本家本元の

記事を読む

流行る店と流行らない店を分ける、飲食店の意外な条件とは?

どういうわけか「立地はいいのに、どんなお店ができてもすぐに潰れてしまう」という場所があります。

記事を読む

no image

九州最高峰!屋久島の宮之浦岳(1936m)に登る

 せっかく『日本の名山』(ユーキャン)を書いたのに、今年は高尾山しか登れなかった…。  と、おもった

記事を読む

no image

自転車爆走400キロ!その4 〜想い出の竹田 後編〜

 歩きでも自転車でも、その日の宿をその日に決めるぶらり旅の場合、宿と同じくらい大事なのがメシの確保で

記事を読む

no image

北海道行ってきます。

 会社の近況をお知らせするブログのはずが、なんだが「無茶旅行」ばっかりで、結局「あいつは何やってるん

記事を読む

no image

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(4)

 日本の登山道では大抵の場合、行き交う人々は同じ様な登山者であることが多い。しかしヴィクトリア山への

記事を読む

PR

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    普段、体動かしてないのに(胃は別)
    無茶しますね〜
    無理は良いけど、無茶は・・・・・
    翌日とか無事でしたか?

  2. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JP-mac; rv:1.8.1.11) Gecko/20071127 Firefox/2.0.0.11
    え、太郎さんから「無茶は…」なんてコメントが出るとは。。。
    ちなみに、バスは日曜の夜1時頃自由が丘に戻ってきまして、鈴鹿の勢いのままワタル2号で調布まで帰りました。
    翌日、意外と平気でしたよ。

  3. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    うーん、日本は無茶をする人が多いのか
    渡さん周辺の人がそうなのか?
    脱帽!!

  4. アサ・ネギシ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     ボクは、独立して事業が3年たって「見通しが相当明るくなったので」というところに反応してしまいました。がんばってますね。
     
     ウチは、まだまだです。記事をみていると、自転車操業の辛さを想起してしまいます。
     赤信号は偉大です!、と言えるのも勢いがあるからかな。

太郎 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

PR

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと②アイコンが表示されない!

会社のホームページのリニューアルで、Wordpressの「Perth」

ダッシュボードに「Service」の文字が! その他、Perthのセットアップに必要な、ProjectやEmployeesなども表示された。
WordPressのテーマ「Perth」のセットアップで困ったこと①「サービスを入力してください」ってどこによ!

ここ数年の懸案事項だった会社のホームページを、ついに先日リニューアルし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 12月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑