*

超絶三味線じいさんも現役!「間(ま)」が命の伝統芸、浪曲恐るべし。

「THE 浪曲」の打ち合わせのため、浅草へ。

おかげさまでチケットの方は完売とのことで、あとはシンポジウムの内容を詰めるのみです。

浅草木馬亭で開かれた5月の浪曲の番組表。6月は1日(水)〜7日(火)の予定。

浅草木馬亭で開かれた5月の浪曲の番組表。6月は1日(水)〜7日(火)の予定。

1時間半ほど打ち合わせをしたのち、浪曲の定席(じょうせき)、木馬亭で浪曲を鑑賞。 この日は、ちょうど楽日で、富士路子、三門柳、東家浦太郎というそうそうたる面々が出演していました。

 

浪曲(ろうきょく)のおもしろさは、ライブにあり!

どの芸にも共通することなのかもしれませんが、浪曲もライブが命。

声色ひとつで人物や情景を鮮やかに描写し、ここぞというタイミングで入る唄によって、ぐっと盛りあげる。

浪曲では、語りの部分を「啖呵(たんか)」、唄の部分を「節(ふし)」と言うのですが、聞いていると、アタマの中に自然と映像が浮かんできて、「これぞまさに話芸の醍醐味!」と感動していたら、客席からお客さんのすすり泣きが聞こえてきました。

 

浪曲は「浪曲師」と「曲師」の二人三脚!

三味線を弾く人を、浪曲では曲師(きょくし)といい、浪曲師にとって、曲師は自分の腕を左右するほどに重要な存在です。

どんな名人でも、曲師が変わっただけで、まったくダメになるということがあるくらい。

その違いを突き詰めていくと、「間(ま)」なんだそうです。

曲師は、言葉と言葉の間の空白や、節のつなぎ、ほんの短い絶妙なタイミングで三味線や声を入れていきます。そのタイミングが少しでもずれてしまえば、浪曲師は息をのんでしまい、自分の実力が出せません。

これがいわゆる「間が悪い」というやつで、今もタイミングの悪いことや、人をさすときにいったりしますね。

 

浪曲師と“あうん”の呼吸で間を読みながら弾く!

浪曲の三味線は、決まりこそあれど、ほとんどは浪曲師と掛け合いでアドリブを弾くスタイル。譜面通りに1曲を演奏して終わりというわけではないので、フリージャズなどに近いのかも知れません。

長唄や義太夫を弾いている三味線の人が、浪曲の三味線にも挑戦してみたところ、掛け合いや、弾くタイミング、間の入れ方など、高度すぎてお手上げだったそうな。

さて、その超絶な間をクリエイトしていた曲師の方。

寄席後にご挨拶したら、なんと御年78歳。

6歳から浪曲をはじめ、10歳から三味線をはじめたという、脅威の芸歴68年選手でした。

御年78歳!の超絶三味線を弾く曲師、伊丹秀敏(いたみひでとし)師匠。 音色もリズムも自由自在、三味線奏者必見(必聴)の至芸。

御年78歳!の超絶三味線を弾く曲師、伊丹秀敏(いたみひでとし)師匠。
音色もリズムも自由自在、三味線奏者必見(必聴)の至芸。

 

PR

関連記事

一流と呼ばれる人たちが心がける、たった3つの行動パターン

先週末は浪曲イベントでどっぷり浪曲に浸かって、日曜日はアコギの神様、石川鷹彦さんのスタジオで対談取材

記事を読む

no image

「編集スキルを応用した」大掃除のコツはこれだ!(長文)

いよいよ2012年も大詰めです。 TwitterやFacebookでは、仕事納めの済んだ人もちらほ

記事を読む

実際に起業した自分が振り返る「独立する前に会社勤めを経験しておくといいよという5つの理由」

私が有限会社AISA(アイザと読みます)を起業したのは、2004年10月のことでした。 当時は

記事を読む

no image

「すごい人たち」に共通すること

先日、丸1日かけて聞き取り取材をしていて、相手からポロっと出てきた言葉が頭の中でグルグルとリフレイン

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 干支で一回りしたことになる。

記事を読む

編集者から見たプロフェッショナル(1)フォトグラファー〜瞬間を切るとる魔術師たち〜

編集の仕事は、本や雑誌ごとに複数の人とチームを組み、最終的にひとつのものを作り上げます。 制作

記事を読む

買ったらすぐに使いたい!でもマニュアルは分かりづらい!という人のための、スタートガイド。ある意味「わかりやすく説明する」というノウハウの最終形ともいえる。

商品マニュアルはなぜ分かりにくいのか?〜編集スキルの応用で解決!〜

このところ、楽譜出版物の編集が少なくなってきたかわりに、思いがけない方向へ進んでおります。

記事を読む

no image

名物ブログのウラに編集の技あり!

新年度の初日、Facebookのウォールに飛び込んできた永江一石さんのリンクを一目見て、今期の日々の

記事を読む

楽譜が1つも出てこない!カラオケ上達本を編集してみた

5月から取りかかっていた本が、昨日発売になりました。 [/caption] 「NHK趣味

記事を読む

プロでもぶっつけ本番で納得のいく文章を書くのは難しい……

1発で決めようと思うな!〜文章も写真もプロの作品のウラには大量のボツがある!

これは、子どものころ、自分も思っていたことなので、ぜひ書いておきたいと思います。  

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PR

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと②アイコンが表示されない!

会社のホームページのリニューアルで、Wordpressの「Perth」

ダッシュボードに「Service」の文字が! その他、Perthのセットアップに必要な、ProjectやEmployeesなども表示された。
WordPressのテーマ「Perth」のセットアップで困ったこと①「サービスを入力してください」ってどこによ!

ここ数年の懸案事項だった会社のホームページを、ついに先日リニューアルし

→もっと見る

  • 2019年10月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑