*

日本に巣くう「残業信仰」を切り崩す(?)宋文洲さんのツイートと二宮金次郎の昔話

Twitterを眺めていたら、宋文洲(@sohbunshu)さんの切れ味するどいツイートが目に飛び込んできました。

残業の多い人をして「仕事ができる」と評価する風土は、いったいどこからきたのだろう・・・。

残業の多い人をして「仕事ができる」と評価する風土は、いったいどこからきたのだろう・・・。

残業多い人は絶対昼間体力をセーブしている。@masakiiwasaki: 長時間残業を続けると、残業を前提とした仕事をするようになる。結果、正規就業時間中の作業効率が悪くなる。人間が集中して効率よく仕事できる時間には限界が

私も絶対そう思う(笑)。

なぜなら、「私には長時間労働に耐えられる集中力はない」と言い切れるので……。

現に、今も『石川鷹彦 WORKS Ⅱ』の原稿書きにくたびれ(実労働1hでギブアップ)、こうしてブログに逃避中しているわけですが。。。

頭を使う作業にしろ、体を使う作業にしろ、人の集中力には限界があります。

仕事の内容によっては時間を忘れて作業に没頭できる場合もありますが、大抵は飽きたり、疲れたりして、時間とともに作業の効率が落ちてきます。

例えば、工場のラインのように、1工程が0コンマ何秒、100個のパーツを何分で組み上げるといったような仕事であれば、勤務時間が成果物の数量とリンクするので、あとは不良品の有無といった成果物の精度によって、労働者を評価することが可能です。

しかし、大抵は、成果物と勤務時間との関係は不明確で、時間をかけてできることもあれば、トントン拍子に進んであっという間に終わってしまうこともあります。

アートや音楽のような、アイデア一発の世界では
「数分で書き上げた曲がミリオンセラー!」なんてことも珍しくありません。

 

しかし。

日本の会社では、長時間働く人を「仕事のできる人」として評価する風習がまだまだ残っています。

宋さんのこのツイートを見て、小学校の頃に読んだ二宮尊徳、いわゆる二宮金次郎さんのお話を思い出しました。

詳細は忘れてしまいましたが、こんな感じの話です。

ある農村で開墾事業を行うことになり、その進み具合を見に二宮尊徳が訪れました。みな一生懸命働いていましたが、中でも一人の男が目を見張るほどの働きぶりで、作業に精を出していました。その様子に気づいた尊徳は、その男のそばへ行き、足を止めます。

お付きの者も、その男も褒められると思った瞬間、尊徳は怒りました。

「おまえはふだん、仕事をさぼっているのだろう。そんな勢いで仕事をしたら、ものの1時間と持たない。いいところを見せようと私のいる間だけきちんと働いて、あとはさぼっていたのでは意味がない。きちんと心を入れ替えて働くように!」

 

例えは悪いのですが、日本のサラリーマン社会に根深く広がる「残業信仰」を切り崩すヒントって、こんなところにあるのではないでしょうか。

人の集中力には限りがある。

それでも残業しなければならないのであれば、人はどこかで休息ととらなければとてももちません。

残業する人が評価につながる職場とは、逆に言えば、会社として非効率な働き方を推奨しているわけで、成果、時間、お金などのリソースを浪費していることへの意識がお留守になっています。

ここまで書いてきて、「あれ、これ何かに似てる?」と思いました。

みなで一緒にゲームをしながら、効率のいい人が正当に評価されるもの。

そう、一昔前のサラリーマンには必須だった、ゴルフです。

ハンデの有無はあるものの、基本的にみんなと同じコースをラウンドし、それぞれが効率良く=なるべく少ない打ち数でカップにボールを沈める。

残業信仰のある企業は、200叩いて回ってきた社員に「よくがんばって叩いた!」といっているようなもんです。

長時間働くことが必ずしも労働の成果に直結しない。むしろ、効率という点からみるとマイナスに作用していること、その辺りの「残業信仰」にまつわる幻想から目覚めてもらうことが必要なんだろうな・・・と思いました。

(だれにいってるんだ?(笑))

ということで、原稿書きに戻ります。はい。

 

 

PR

関連記事

no image

亡き友へ「復活」の響き

   演奏会から数日後、実家から新聞の切り抜きが送られてきた。  長野県の地方紙、伊那毎日新聞に「復

記事を読む

10月29日、創業10周年を迎えました。

 今から10年前の2004年10月29日、金曜日。有限会社AISA(アイザ)は生まれました。  創

記事を読む

no image

映画『レイ、初めての呼吸』を観る

 ちょっと前の話だが、11月のあたま、久しぶりに映画を観に行った。  タイトルは『レイ、初めての呼吸

記事を読む

no image

昭和の芸に大笑いする

 先日、日本橋の三越劇場で石井光三オフィスプロデュース「やかましい人々」を観てきた。  私が入ってい

記事を読む

止まらない音楽のデジタル化と、出版楽譜業界のジレンマについて思う。

ヤマハが開発したアプリ「Chord Tracker」についてFacebookに投稿したところ、いろん

記事を読む

no image

出版ラッシュ

3月になり、知人の作家2人が立て続けに新刊を発売しました。 2人はお互い良き友であり、良き飲み相手(

記事を読む

一流と呼ばれる人たちが心がける、たった3つの行動パターン

先週末は浪曲イベントでどっぷり浪曲に浸かって、日曜日はアコギの神様、石川鷹彦さんのスタジオで対談取材

記事を読む

no image

名物ブログのウラに編集の技あり!

新年度の初日、Facebookのウォールに飛び込んできた永江一石さんのリンクを一目見て、今期の日々の

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 干支で一回りしたことになる。

記事を読む

no image

幸せの尺度について考えてみる

今回は少し仕事から離れて、このところ頭の中をグルグルを回っていることを、ざっと文字にしてみたいと思い

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑