*

なかなか出発できない件について

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

悪戦苦闘の挙げ句、『移民の宴』は無事校了。予定通り11月15日に発売される。

旅の準備も今ようやく終わった。あと2時間で家を出なければならないので、
もう寝ないほうがいい…と思ったら猛烈に眠くなってきたので、無理してこのブログを書いている次第。

今回はロンドンに行くのでどうにも緊張してしまう。
私は先進国に行くことがめったにない。さらに「英語圏」は20年以上前、南米のコロンビアに行ったとき、
ロスアンゼルスにトランジットで寄ったのが唯一の記録。
それ以外は、イギリスもオーストラリアもカナダもニュージーランドもアイルランドも他のアメリカも全く未体験。

地元の人がみんな英語を話しているということだけで想像を絶しているし、地図で見ると世界の果てみたいだし、
こんなところへ行って大丈夫なのか?と思ってしまう。
ホテルの値段はおそろしく高く、もはや人外魔境のようだ。

なんとか頑張ってヨーロッパをやり過ごし、早くソマリランド&ソマリアに行ってホッとしたい。
今はその気持ちでいっぱいだ。

そうそう、最近はあまり本を読めないが、この本はよかった。

マブルーク・ラシュディの『郊外少年マリク』(集英社)

忙しいとき、疲れているときにも読め、さくさくと読み進められるくせに、ひじょうに密度が濃い。

著者はアルジェリア系移民2世フランス人、つまりサッカーのジダンと似通った出自である。
自分の経験をもとに、パリ郊外のスラム化した移民居住区に育つ少年の姿をユーモアと切なさを織り交ぜて描いているのだが、
これが本当にリアル。小説の価値をあらためて考えさせられる。

ちなみに、本書の原題は『ル・プチ・マリク(マリク少年)』。
フランスの国民的な少年小説である(私は勝手に「フランスのクレヨンしんちゃん」と思っている)『ル・プチ・ニコラ(ニコラ少年)』をもじっているのだが、
日本人にわかりやすいように『郊外少年マリク』とした、と訳者あとがきにある。

なるほどという感じだが、私はサンテグジュペリの『ル・プチ・プランス(小さい少年)』=『星の王子様』をむしろ思い出した。
サンテグジュペリは他のフランス文学よりも人間の普遍的な価値や生きる意味を問いかけ、私も好きなのだけど、『人間の土地』をあらためて読むと、
ゴリゴリの植民地主義者であり、アラブ人やベルベル人を自分と同じ人間のように扱っていない。

サンテグジュペリは命がけで繰り返しフランスからサハラ砂漠と地中海を越えて北アフリカや西アフリカに飛んだ。
そこをフランスの植民地にして開発するという大義を信じ切っていた人だった。
その大いなる結果として、現在莫大な数のアフリカ系移民がフランスに押し寄せ、治安を悪化させたり、新しいフランスの文化を創ったりしているわけだ。

「マリク少年」のマリクとはイスラム圏やインド圏に多い名前で、もとの意味はアラビア語で「王」。
『星の王子様』と訳した仏文研究者の内藤濯に従えば、
「星の王様」あるいは「星の王子様」というタイトルになる。
故郷を遠く離れてパリ郊外という異郷にして砂漠に降り立ったという意味をこめているのかもしれない。

……と、気づけば、いつの間にかまるでフランス文学者みたいに偉そうに「評論」してしまっていた。
夜中に書くラブレターみたいだ。早く出発したい。ああ。

関連記事

no image

なぜか今、コソボ

突然だが、明日から約2週間、旧ユーゴスラビアのコソボに行くことになった。 といってもコソボだけ

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

天下一とはすでにプロレス

好村兼一『伊藤一刀斎』(上・下、廣済堂出版)読了。 『行くのか武蔵』(角川学芸出版)がよかったので

記事を読む

no image

高島先生の新刊

連合出版より高島俊男先生の新著『お言葉ですが… 別巻2』が届いた。 最近出版社や編集者からいろんな

記事を読む

no image

魅惑のロシアン・クリスマス

先週末はロシアン・クリスマスを堪能した。 ロシア正教はグレゴリウス暦でなく、もっと古いユリウス暦を使

記事を読む

no image

世にも奇妙なマラソン大会

帰国した。大人の遠足はなかなかにハードだったが、想像以上に充実していた。 今回私が参加したサハラ・

記事を読む

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

オネエとイケメンの偉大なる力!

毎週火曜日の朝は、杉江さんの「炎の営業日誌」を読むのは日課なのだが、 今日は途中からいきなり「オネエ

記事を読む

no image

飲酒天国ブータン

妻がブータンより帰国した。 話によればブータン人はとにかく酒が好きらしい。 人口たった60万人(一説

記事を読む

シャバはつらいよ

大野更紗のベストセラー『困ってるひと』から3年、とうとう待望の続編が15日発売になる。 そ

記事を読む

Comment

  1. 中島さおり より:

    読んでくださったばかりか、ブログでまで取り上げてくださり、ほんとうにありがとうございます。『マリク』の面白さを共有してくださってとても嬉しいです。どうぞ、良い旅を。

  2. はとさぶろう より:

    高野さんはじめまして!さきほど、メモリークエストのお詫びを拝見しました。
    私は、ただの一読者にすぎないのですが、「巨流アマゾン〜」のサッソンがものすごく気になっていました。実はメモリークエストに何度も「サッソンを探して下さい」と書き込もうと思いながら、止めていました。

    大学に入ったら自分で探しだそうと決意したのですが、今は絶賛浪人中。
    しかし、高野さんがサッソンを探して下さると聞いてとても熱い気持ちになりました。南米マジックが高野さんとサッソンを引き合わせてくれることを願います!

  3. hu より:

    非西欧圏の推理小説を探していらっしゃったと思うのですが、ロシアのボリス・アクーニンの「探偵ファンドーリン」シリーズなんていかがでしょう?
    日本語で3冊だけ翻訳が出ています。
    著者はロシア人ではなくグルジア人で、三島由紀夫の翻訳で有名な日本文学研究者から推理小説の作家に転進して成功された方です。

    ソマリランドに行かれてからなので、ご紹介のタイミングが悪すぎですが…。

  4. hu より:

    ツイッターをやってればそちらに書くのですが…日本未来の党を立ち上げて話題になった滋賀県知事の嘉田さんは京大探検部の出身だそうです。最近離婚された元夫は、当時の部長さんだったそうです。元々京大農学部出身で琵琶湖の水質をずっと研究していて、立候補したら知事になってしまったとのこと。滋賀県民にとってどれだけ琵琶湖が大切か、がうかがえるエピソードですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : そんな高野秀行さんが明晩、「荻上チキセッション22」に登場。お相手は同じ早大探検部の角幡雄介さん。角幡さんはかつて『中動態の世界』を熱く書評してくださいました。ケアひらは探検によく似合う? 「探検家は辺境の地で何を見るのか~新型コロナウイルス… ReplyRetweetFavorite
    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 著者の奥村さんの行動原理には外部からの「こうあるべき」みたいな規範が一切ないのがたまらなく痛快。それに、アフリカでもっともハチャメチャ(てことは世界でも)なザイール(コンゴ)人の建前や時間感覚や自分と他人の区別など全てが溶解してい… https://t.co/JdvQPjdCFq ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑