*

ユニクロ・ニューヨーク店

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ユニクロ・ニューヨーク店のフリーペーパーに、
私のエッセイが載ったと風の噂に聞いた。
編集者から何も言って来ないし(原稿料も払われてない)、
どんなふうに掲載されているのかもわからない。
たしか「英語と日本語の両方が掲載される」と言っていたが…。
誰かご存知の方がいれば教えてほしい。

関連記事

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

no image

誘拐は困る

アフリカ・中東の紛争地取材の超ベテラン、大津司郎さんに8年ぶりくらいで会う。 もう60歳くらいのはず

記事を読む

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

「ムー」9月号ミラクル対談

不本意ながら「レジャー」を楽しんだと昨日書いたが、 もっと不本意なことに体のあちこちが筋肉痛になっ

記事を読む

no image

豆腐学生

私が原稿を書いた古本愛好雑誌「彷書月刊」今月号で 内澤旬子さんのダンナで編集者・ライターの 南陀楼綾

記事を読む

no image

京極堂に会う

平山夢明さんと京極夏彦さんがホストを務めるFM東京のラジオで、『困ってるひと』の大野更紗さんがときど

記事を読む

no image

ソマリ語翻訳、承ります

ソマリ語と日本語の翻訳・通訳業務を行うことにした。 2年前、私が聞いたところでは、日本に住むソマリ人

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

Comment

  1. 谷道健太 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.1.4) Gecko/20070515 Firefox/2.0.0.4
    こんにちは。
    ユニクロNYのサイトを見たら確かに載っていましたよ。
    http://www.uniqlo.com/us/uniqlopaper/uniqlopaperno2.html
    の2ページ目。
    サイトの作り方が特殊なので、ダウンロードできないのですが、プロフィールとして↓と書いてありますので、同姓同名の別人ではないようです。
    Hideyuki Takano is a Tokyo-based adventure writer who travels to the farthest corners of the globe. His writings include A Three-Mat Youth in Waseda, Up the Amazon Rapids, Find the Monster Mumbe and The Shore Beyond Good and Evil: A Report from Inside Burma’s Opium Kingdom.
    天下のユニクロが困ったものですね。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ご教示ありがとうございます。
    まさにこれです。
    えー、一部では「私のエッセイをユニクロが勝手に載せた」というふうに思われているようですが、
    それはちがいます。
    ちゃんと依頼を受けて、私が書いたのですが、
    掲載の知らせがなく、請求書に返事もない、というだけです。
    私の書き方が誤解を招いたようです。すみません。
    ちなみに、訳者は村上春樹や池澤夏樹の翻訳者として知られる、
    アルフレッド・バーンバウム氏です。

  3. mobeer より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8.1 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    原宿のユニクロで配ってるというウワサもありますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ブルキナファソのできたばかりの「スンバラ」を手にうれしそうな高野秀行さん。アフリカまで納豆を探しに行った詳細を10月3日(土)14時からオンラインイベント「辺境チャンネル」で粘り強く語ります!見逃し視聴付きチケット発売中! https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「幻のアフリカ納豆を追え!」を完食した。毎朝納豆食べないと一日が始まらない僕だがもっといろんな世界の納豆を入手したい、と強烈な食欲の読後感で幸福になった。 https://t.co/eqBgsLndNJ ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行の『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた〈サピエンス納豆〉』を読了した。これはめちゃくちゃ面白かった。高野秀行の代表作となるねこれは。みんな読んだ方がいいよ。 https://t.co/ky87EqXGun ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本当に韓国のチョングッチャンの話は面白かったですよ。ここだけ先にグイグイ読んじゃった。今はアフリカ部分を読みつつ(もちろんこっちも面白い)合間に「着せる女」で大笑いして🤪楽しい連休です。 ReplyRetweetFavorite
    • まだなんです😭 https://t.co/ZTFeWlTq79 ReplyRetweetFavorite
    • 『幻のアフリカ納豆を追え!』秘蔵写真③韓国納豆チョングッチャン 実は本書の3割ぐらいは韓国の話。韓国のチョングッチャンは日本の納豆と全く同じもの。なのに日本人は「納豆は日本独自の伝統食品」と言い続け、韓国人も文句をつけていない。な… https://t.co/JFPwvEZHuT ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行の幻のアフリカ納豆を追え!読了。前作のアジア納豆以上に取材困難地で文化的隔絶の大きい土地で日本の日常そのものの納豆を深堀するギャップ。次から次に登場する人物に食べ物一つで人はこれ程繋がるんだなあと感心しつつも、笑みがこぼれる。こ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑