*

世界一の辺境・日本で活動します

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ほんとうは4月初めからソマリランド&ソマリアに行く予定だったが、
今回の大震災でキャンセルすることにした。
いまや、世界でいちばんの辺境は日本だから。
たぶん世界の人々の認識では、いま日本はソマリアと同じくらい危険な地域となっていることだろう。
地震の2日後にはもう被災地へ行って、何かボランティア活動をしようと思っていた。
幸い、私はフリーで、仕事もあらかた片付けてしまっていて、次の仕事も入れてなかった。
ただガソリンがないので動くに動けない状況だ。
被災地やそこへ行く条件が整い次第でかけるつもりだが、日本で活動するといっても、「人が行かないところに行き、人がやらないことをやる」というポリシーに大きな変更はないと思う。
今のところ考えているのは、以下の3つ。
・原発にわりと近い場所など、他の人が行きたがらない地域での活動。
・被災した在日外国人の人たちの支援
・被災者や避難所に酒を差し入れる。
(熱燗か焼酎のお湯割りサービスを行う)
もちろん、私の自己満足ではしかたないから、
「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」のバランスをよく考慮して動くつもり。
で、別にその第一弾というわけではないけど、
昨日、茨城で被災して今、墨田区で保護されている統合失調症のネパール人の話を聞いてほしいという依頼を受け、探検部の後輩でやはり統合失調症で無職のKを伴って、行ってきた。
話を聞けば、彼は亡くなったお父さんが元軍人のため、マオイスト(毛沢東主義)の軍に目をつけられ、国に帰れないし、残った家族も脅されているという。
実家にお金を送らねばならず、でも仕事がなく、在日ネパール人世界との縁も複雑な事情で切れてしまって一人ぼっちで…というにっちもさっちもいかない状況に追い込まれた結果、発病してしまった。
病院で薬をもらって、無理して茨城の農家に働きに行ったら、二日目に地震に遭遇、
被災してしまったという実に不運な経緯を問わず語りに話し、
私たちはそれをうん、うん、と聞いていた。
彼、クマル君は日本語がうまく、話しぶりもきちんとしており、すごく真面目で気遣いがある。
Kによれば、こういう人が統合失調症になりやすいんだそうだ。
神経症でも鬱病でも同じことが言われるから、精神疾患全般的に、まじめで気をつかうタイプがかかりやすいのかもしれない。
Kは統合失調症の大先輩として「もらっている薬をみるかぎりそんなに病状はひどくないから心配しすぎないように」とか「頑張らなきゃと思うと現実の壁にぶちあたるから
もっとリラックスするように」などと、アドバイスをし、クマル君もかなり表情がやわらいでいた。
Kを連れて行って大正解だった。
その後、他の後輩たちとも新宿で合流し、居酒屋で7時間かけて、体の隅々まで放射能除去。
どうやって帰ったのか記憶がない。

関連記事

no image

ひそやかな花園

友人と午後1時に品川駅高輪口に待ち合わせだったのだが、 こういうときにかぎって30分以上も前に着い

記事を読む

no image

ナカキョー、直木賞を受賞

私が前々から熱烈に推薦するナカキョーこと中島京子さんが 『小さいおうち』(文藝春秋)で直木賞を受賞

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

un no ochiteiru kata boshu

Bhutan no kita e ittekita. omotta ijou ni samukute

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」との出会い

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。 ネットで「高

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行<第3弾>

「小説現代」(講談社)で不定期連載中の「アジア未知動物紀行」。 第1弾はベトナムの猿人フイハイ、そ

記事を読む

no image

Bhutan ni tsuita

Ottoi Bhutan ni tsuita. Sono hi wa hareteite yokat

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

『メモリークエスト』続編決定

二日酔いのまま、笹塚で杉江さんに会って、定例の放談会。 本の雑誌社の女性スタッフが、『メモリークエス

記事を読む

Comment

  1. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    盛岡被災民ですが、個人的には高野さんのトークを東北でも聞いてみたいです。仙台あたりなら人も集まると思うのですが。高野本は盛岡でも売れています。高野さんのトークには需要があると思いますので、そちらの活動もご検討されてもいいのではないかと思います。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.151 Safari/534.16
    え、活動ってそっちですか?
    もちろん私はいいですけど、ほんとに需要があるのかな???

  3. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    盛岡で最も頑張っている「さわや書店」さんからのツイートです。需要はあると思います。ぜひ検討してみてください。http://twitter.com/SAWAYA_fezan/status/49751278871523328

  4. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    もうひとつ「さわや書店」さんからのツイートです。個人的には宮田さんや内田さんや炎さんも一緒だと大変うれしいです。それはともかく、もちろん余裕がありましたらいいので、ぜひ検討してくださると光栄です。東北の田舎町ですが、ファンは結構いらっしゃいます。http://twitter.com/sawayahonten/status/49755792353656832

  5. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    内田→内澤でした。すいません。

  6. 匿名希望(すみません) より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    統合失調症の家族がいるものしとして、
    高野さんの行動に、深く深く感謝します。
    ありがとうございました。
    自分の地域に直接の被害がなくても、
    震災に深く傷ついて体調を崩すのでは、と
    心配している本人、家族は大勢いると思います。
    新しい高野さんも楽しみにしています。
    「リラックス」が私にもすこし届きました。

  7. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
     高野さんだったら、是非自転車で東北まで行って、牛車を操って
    燃料を配って欲しいです。いやガソリンは爆発性が高いから灯油か
    食料ですかね。
     ドバイに住むネパール人からお見舞いのメールが届き、「ネパール人
    300人も震災で死んだそうだ」というのでそれはお気の毒に、と返事を
    返したあとで詳しい人に訊いたら、「そんな訳はない」とのこと。しかし
    今更「それは誤情報でしょう」と返信するわけにもいかず。

  8. お〜つか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    阪神淡路大震災の時。
    いつも一緒に水泳練習に通ってきていたアメリカ人姉妹。
    ある日、妹一人で練習に来まして。
    『お姉ちゃんは?』と聞くと『お父さんと神戸に行きました。』
    誰か親戚がいるのかと聞けば、
    『誰もいないけど、リュックに水とカップラーメン入れて出かけました。』と。
    翌週、今度はお姉ちゃんが一人で来館。
    当然、『妹はお母さんと神戸に行きました。』と。
    『自分一人が行動しても、大したことは出来ないから。。。』
    などと考える俺と違って、とにかく実際に動くというその気持ち。
    俺はだめだなぁと、つくづく思ったのを思い出しました。
    高野さんの行動力は本当に素晴らしい。
    気をつけて被災地入りしてください。

  9. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.151 Safari/534.16
    みなさん、コメントをありがとうございます!
    それぞれができることをやればいいと思いますよ。
    お〜つかさんが働いてなかったら、そのアメリカ人姉妹も
    東京にいるときに水泳に行けないわけですし。
    私も別にたいしたことはしてません。
    ふつうの人より自由が利くだけで。
    ともあれいつものように細々と行動して、ちゃんと報告します!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑