*

計算ができないのか?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

野々山さんのご指摘で気づいたが、
前回の日記で換算した部数計算がまるっきりまちがっていた。
日本に換算するなら全て3倍だから、
「初版9千部、重版各3千部のトータル1万5千部」
でなければおかしい。
野々山さん、山の中で暮らしているわりには数字に強いんですね。
    ☆        ☆         ☆

ところで、私が行動をともにしていたブラインドサッカーの選手(今回は出場していない人たち)と応援団が一緒に書店を訪れ、みんなして『1.5坪』を購入、その場で勝手にサイン会を行った。
目の見えない人たちがぞろぞろ本を買うんだから
店員の人たちはさぞ驚いたことだろう。
     ☆         ☆         ☆
「YES24」という韓国のネット書店最大手(韓国はネット書店がリアル書店を圧倒しているから、つまり全書店で最大手らしい)がポータルサイトのニュースで私にインタビューした。
出ているのは『1.5坪』なのに、勝手に「エンタメノンフ」について熱く語った。
エンタメノンフ、韓国の読書界に一気に進出だ。
それがもうアップされてる!…と教えてもらったのだが、
なにしろ韓国語がまったく読めないもので…。
http://www.yes24.com/chyes/chyesview.aspx?title=003001&cont=2264
勉強しようかなあ。

関連記事

no image

Bangladesh

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru. 20nenmae no

記事を読む

no image

そんなときはワッツラヴ

昨日は愚痴めいたことを書いてしまった。 すこし反省している。 ま、気分が落ち込んだときはワッツラヴ

記事を読む

no image

2006年に読んだ本ベストテン(小説部門)

今年、私が読んだ本の中からベストテンを選んでみた。断っておくが、あくまで客観的にして公正無私な選出で

記事を読む

no image

ゴール目前で足がつったマラソンランナー

2月刊行の『謎の独立国家ソマリランド』が佳境だ。 すでに地図、相関図、ソマリ群雄割拠之図、口絵のカ

記事を読む

no image

お詫びとやり直し

先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。 あまりに刺激

記事を読む

no image

オモシロイ人

この前対談をした内澤旬子さんのブログに、 そのときのことが書かれている。 あと、半分ケモノ化した私の

記事を読む

no image

夢のようなアジアの列車旅

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもら

記事を読む

no image

U-50枠に入る

早大探検部OB会に久しぶりに出席。 うちのOB会は隔月で開催されており、 この日も出席者は30人以上

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

「日本人作家、怪獣を目撃」トルコ紙

私の謎の物体目撃について、「アナトリア通信」という通信社を介し、トルコの全国紙のうち「ザマン」「イ

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    重箱つっつきますが、
    初版3千部、重版各2千部であれば、計7千部。
    重版が各でなく計ならば5千部でいいのだが。
    ど〜っち〜?
    数字に強いというより、揚げ足取るのが好きなのだ。
    山ん中暮らしはかんけーないわい。
    高野がやめたmixiにやっと入り、高野のことを書きました。

  2. たぬきち より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    初めてコメントです。
    早稲田売れててよかったです。うれしいなあ。
    私も早稲田をドラマ化したい一人です。
    だんなとキャストについて話したりもします。
    勝手に脚本書こう!とかね。
    誰かドラマ化してくれんかのう・・・。
    教室の一角に「高野文庫」を設置し、生徒に布教活動を行っている大分のいとこが、ウモッカ格闘記が手に入らン!とブツクサ言ってました。

  3. 宋庸載 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    はじめまして。
    高野さんの本は読みました。
    笑いが出て面白くちょっとホロリとする感じが好きです。
    さて、件のページですが、僭越ながらさわりの部分だけ訳してみました。
    私は在日韓国人ですが、最近韓国語を全く使っておらず、違訳もあると思います。
    平にご容赦を。
    高野秀行の奇妙なノンフィクション。
    著者の主張通りならば、8つのノンフィクションと2つのフィクションが合わさった「ワセダ1.5坪青春記」は、전철と同じ人達が沢山の場所から出入りする様子が見る事が出来る。(ちょっと怪しい訳部分です)
    「ククッ キキッ いひひ」というおかしな笑い声のせいで、周りから「え?変な人がいるよ!」という目で見られる確率が、少なくとも99%だ。
    だが、「ワセダ1.5坪青春記」が愉快なだけの青春スケッチではない。
    宮部みゆきはこの作品を読んで・・・(ここは宮部みゆきさんの書評部分が大体なので割愛させていただきます。)
    이야기 에이전시(何かの固有名詞と思います)の活動で韓国を訪問した高野秀行を、파주 출판단지(地名)でお会いした。
    初め 高野秀行のプロフィールを見て彼の作品を読んだ時、こんな変わり者がいるんだろうか?と感じた。
    名門 早稲田大学に入学したのに、学業より探検部の活動に邁進する。
    この探検部もまた面白い。
    いない可能性の高い-一般的な常識を持った人ならいるいないの関心ももたない-怪物やUFO等を探し求める事が彼らの主要目的。
    怪獣を探しアフリカやトルコを遠征したりもするし、麻薬を求めてミャンマーや南米を旅する。
    面白い色に彩られた人生でないはずがない。
    インタビュー部分は高野さん本人が受けられた事なので割愛させていただきました。
    追記
    インタビューも最後まで読みましたがエンタメノフに関しては載ってなかったような・・・

  4. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    宋さん、翻訳どうもありがとうございます。
    だいたいどういう感じかわかりました。
    エンタメノンフは割愛されてしまいましたか…。

  5. 早稲田に住む人は幸せだ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; IEMB3; IEMB3)
    http://www.excite.co.jp/world/korean/web/
    ここで機械翻訳するとなんとなくわかります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑