*

アジワンが売れていた

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


高野秀行フェアをやっている丸善ラゾーナ川崎店を見に行った。
おしゃれな店のレジのすぐ脇でちゃんと展開されている。
スクリーンではゴリラやニシキヘビの死体が登場しインパクトはあるが、
うーん、どうなんだろう。
人目を引くといえば引くけど、あれで足を遠ざける人もいるんじゃないか。
担当のSさんに売れ行きを訊くと、どうも好調らしい。
特に嬉しかったのは、片野ゆかの『アジワン』(ジュリアン出版)が売れていることだ。
これは私がすごく気に入っている本なのだ。
あらためて手にとってパラパラとめくるとやっぱりいい。
犬がのんびりしているだけでも幸せな気分になるが、
犬を通して見えるアジアの人々の暮らしぶりがいいのだ。
身内(妻)の本でなければ、書評にとりあげて大々的に応援したいところである。
     ☆          ☆         ☆
夕方から新宿の池林房で、プロレス本座談会。
参加者は、日本プロレスの頃からプロレスを見ている坪内祐三氏、
出版業界紙「新文化」の編集長で、熱狂的な猪木信者である石橋毅史氏、
世界で初めて書店の店内でプロレスを行うという「本屋プロレス」を実現した
伊野尾宏之・伊野尾書店店長。
この三名に、私が「レフリー・ジョー高野」というリングネームでオブザーバー参加したのだが、
他の人たちがものすごいので、話についていけず、
あっという間にラリアット誤爆で失神してしまった。
強烈だったのは、伊野尾さんの「今やプロレス本は日本史の本と同じだ」という発言だ。
例えば「新日本クーデタ未遂の真実」というのは「本能寺の変の真実」と、
「ジャンボ鶴田を再評価する」というのも「石田光成を再評価する」というのと
全く同じレベルなのだということである。
伊野尾さんの説を敷衍すると、将来的にはNHK大河ドラマで「長州力」とか「坂の上のリング」とかやっても不思議ではないことになり、
頭がおかしくなりそうなので、早めに帰った。

関連記事

no image

独裁者列伝

いわき市にいるとき、コンビニで『東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

no image

カレセン

 “カレセン”という言葉を聞いてことがあるだろうか。 「枯れたおじさん好き」という意味で、“デブ専

記事を読む

no image

超能力は誰にでもあるもの?

4年前、関西ローカルの深夜番組にレギュラー出演していたことがある。 関西テレビ「未確認思考物隊」が

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

no image

野宿イベント

昔、上海の安宿で若い日本人旅行者に会ったことがある。 「前にどこかで会いましたよね?」と彼は言うが、

記事を読む

no image

「同志」タマキンさんに会う!

宮田珠己ことタマキング(逆か)と会う。 タマキンさんの『52%調子のいい旅』が幻冬舎文庫から出ること

記事を読む

no image

計算ができないのか?

野々山さんのご指摘で気づいたが、 前回の日記で換算した部数計算がまるっきりまちがっていた。 日本に換

記事を読む

no image

タマキングのおそるべき深化

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたく

記事を読む

no image

トラックバック?

トラックバックというのがどうもイマイチよくわからないのだが、チャレンジしてみたくなった。 というの

記事を読む

Comment

  1. 義理の弟 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; (R1 1.3))
    その線で行くと、前田日明や佐山聡は明治維新の人達になってしまいますが、、、

  2. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; Alexa Toolbar)
    見ましたよーーーっ!
    今日の朝日新聞の書評に、高野さんの「アジア未知動物紀行」を
    重松清さんが評されており、ロマンの余白残す伸びやかな旅と書かれていました。
    思わず購入してみたくなるそんな書評でしたよー♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑