*

東電に勇気と可能性をもらった

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、友人のワタル社長に驚くべき話を聞いた。
東電は今、人手が足りないのか、会社自体が混沌としているのか、電気の検針ができない。
すると、「検針ができないので、先月分と同額をお支払いいただき、あとで差額を返します」と言っているという。
どうやらそういう契約になっているらしい。
取材・編集・執筆をやっている一人編集プロダクションのワタル社長は東電のやり方に瞠目したという。
「すごいですよ。電気が供給できなくて、節電させて、検針もできなくて、そう言えるんだから。例えば僕なら、出版社に『今月は原稿が書けなかったので、先月と同じ原稿料でいいです』って言ってるようなものでしょう」
それは確かにすごい。というか、素晴らしい。
目から鱗が落ちたような気持ちだ。
今までは原稿を書けなかったほうが悪いとばかり思っていたが、
そうじゃないのだ。
しかも先月と同じ額がもらえるという。
業者にもそれだけ権利があったというわけだ。
私もぜひこれからは東電式で行きたい。
いや、書けなかった原稿の代金をもらうわけじゃない。
あとで差額を返すんだから問題ないじゃないか。
週が明けたら早速、集英社や本の雑誌社に提案してみたい。
他にも原稿が書けなくて雑誌に穴を開けたときに、出版社に向かって「大丈夫です」と言ってみるとか、東電式はいろいろと人生に可能性と勇気を与えてくれる。
オール電化はもうダメだが、これからはオール東電化で行きたい。

関連記事

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

『犬部!』

明日7日、妻・片野ゆかの新刊『犬部!』(ポプラ社)が発売される。 犬部とは、北里大学獣医学部に実在

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

時間がない…

金曜日は長野で、前々から頼まれていたコンゴ&トルコ上映会を行い、 一泊して東京に戻ったのは土曜の夕方

記事を読む

no image

なぜ小説を書かないのか?

早大探検部OB会<特別ホラー篇>みたいな催しがあり、 「もっと若手がほしい」とのことで40歳の私も召

記事を読む

no image

オモロイ坊主

土曜日、「オモロイ坊主」こと藤川和尚を囲む会の新年会に参加させていただく。 藤川和尚はかつてタイで

記事を読む

no image

高島先生の新刊

高島俊男先生が新刊を送ってくださった。 早速読んでみたが、これもまた名著です。

記事を読む

no image

これが例の葉っぱ

ソマリランドに「帰国」してもう10日近く経つ。 「帰国」なんて言葉を使ったのが行けなかったのか、今

記事を読む

Comment

  1. ワタル より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_1 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Mobile/8G4
    タカノさん、昨日はどうもでした。
    原稿がイマイチでも
    「すぐに売上に影響を及ぼすワケではありません」
    とか、
    原稿催促されても
    「今日の執筆量は4万マイクロゲンコーヨーシです(400文字1枚)」
    と煙に巻いたり
    いろいろいけそうです。
    不謹慎ですが。。。(笑)

  2. しばいぬ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ウチの実家は、地震の被害が出て色々困っている時に、連日の計画停電で片付けも進まない時にも、しっかり電気の検針が来てビックリしましたよ。
    目撃した私は「こんな時にも検針ってくるんだ〜」と、何とも言いようの無い感心をしました。、

  3. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    うちは東電ではありませんが犬を飼い始めた時
    検針場所の近くを犬小屋にして留守にしたら
    「犬がいるので検針できません
    先月と同じワット数にしておきます」
    のお知らせが入っていました。
    非常事態も平常時も同じ対応なんですね。
    ある意味見習うべき?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑