*

「未来国家ブータン」本日発売

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


都内の一部ではすでに発売しているらしいが、正式には本日が「未来国家ブータン」(集英社)の発売日である。
昨日、あらためて数えてみてわかったのだが、長篇の辺境モノは2007年の「怪獣記」以来、
なんと5年ぶりだ。
文体も、最近の「腰痛探検家」「世にも奇妙なマラソン大会」「イスラム飲酒紀行」とは
少し変えている。
だが、なにより異例なのは、流行に乗ってしまったということじゃないだろうか。
2月に入ってからだけでも3,4冊はブータン本が出ているようだし、
「ブータンの本を書いた」と言うと、多くの人が「最近ブータンって話題ですよね」とか
「ああ、この前来たあの王様はかっこよかったね」とか、とにかく反応が早い。
いつもなら、「今度、イスラム飲酒紀行って本を書いたんですけど」
「え、それ、なに?」
とか
「西サハラでマラソンをした話なんだけど」
「は?」
とか
「ソマリアに謎の独立国でソマリランドっていうのがあって…」
「はあ…」
という感じで、お互い気まずい空気が漂い、あー、さっさと次の話題に移りたいと思うから
えらいちがいだ。
この前なんか、アブディンの付き添いで病院に行き、医師に「彼はスーダン人なんです」と言ったら、
「あ、あのイケメンの王様とすっごい美人のお后の!」という返事がかえってきたほどだ。
「顔、全然ちがうでしょ!!」と絶叫しそうになったが、ともかく、そのくらいブータンは
人口に膾炙しているということだろう。
というわけで、「誰も行かないところに行く」というモットーに見事に反してしまったが、
内容を読めば、他のブータン本とは似ても似つかないこと、保証済みだ。
「誰もやらないことをし、それをおもしろおかしく書く」という部分はちゃんと生きているので、ご安心下さい。
あ、そうそう、集英社のウェブサイトRENZABUROでこの本の紹介ページを作ってくれました
写真も多数載っているので、ご覧下さい。

関連記事

no image

10年遊んで暮らした人の話

私が解説を書かせていただいた川上健一『ビトウィン』(集英社文庫)が 発売された(たぶん)。 本来い

記事を読む

no image

写楽 閉じた国の幻

今日は仕事場(ドトールコーヒー)に行ったにもかかわらず、 まったく仕事ができなかった。 島田荘司『

記事を読む

no image

元首相になりたい

福田首相が一昨日、突然辞任した。 次は麻生太郎が首相になるらしい。 それ以来、「みんな、どうして首相

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

no image

琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。

私の沖縄の友人が統括プロデューサーをしている映画が今日からついに 東京でも公開が始まる。 「琉球カ

記事を読む

no image

友だちは反政府ゲリラだけ…

チェンマイにいる。 4年ぶりだが、驚くほど街が変わった。 見知っている建物がない。 だから自分がどこ

記事を読む

no image

すべての酒飲みに読んでほしい

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)の影でひっそりとだが、 私の『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の見

記事を読む

no image

タマキングのおそるべき深化

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたく

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    今日の新聞集英社の広告に「未来国家ブータン」も載ってました。
    高野さんの写真つきでしたよ。
    本の売り上げのために写真があるほうがイイか,、
    無いほうがいいかは、私の口からは言えません。(笑)

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.79 Safari/535.11
    私のルックスが「これでいいのだ、ブータン」(新潮社)の著者、御手洗瑞子さんくらいだったらよかったのに(涙)

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.79 Safari/535.11
    ああ、また間違えてしまった。
    「ブータン、これでいいのだ」でしたね。
    いつもどっちかわからなくなる。

  4. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)
    今日アマゾンから届きます。わくわく。

  5. らび より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Sleipnir/2.9.6)
    話の流れと関係ないですが、昨日のBS−TBSの「地球バス紀行」という番組でジャナワールの事が少し出てましたよ。東アナトリア地方を巡る旅だったのですが地元民も笑いながら「絶対いるよ!」なんて答えてますた。
    ジャナワールの像が映像にでてきて時は感激しました(笑)

  6. BUZZ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    夕べ、バンコクの伊勢丹にある紀伊国屋で「未来国家ブータン」、購入しました。ベストセラーの棚に置いてありましたよ。明日から読み始めます。とっても楽しみです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑