*

もう一人の「高野秀行」との出会い

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。
ネットで「高野秀行」を検索すると何万件もヒットするが、ほとんどが私か高野五段のどちらかなので、よく間違える人がいる。
「高野君、将棋もできるんだ。すごいねえ」と感心されたことも一度や二度じゃないし、実際に雑誌やインタビューのプロフィールで「将棋の腕前のプロ級」だとか、「主な著書に『これにて良し?—四間飛車VS急戦定跡再点検』など」とか書かれたこともある。
そんなわけあるはずないのにねえ。
高野五段はまだ三十二、三歳ながら著書もあり、マスコミにもちょくちょく登場するから、相当腕が立ち、しかも人気棋士のようだ。
ますます気になっていたが、最近、人に教えられ、すごいことを発見した。
高野五段は読書家でもあり、最近「タカノゴダンの書評ブログ」なるものをはじめている。
http://escala.mycom.co.jp/Entertainment/book/2006/01/post_1.html
で、真っ先にとりあげたのが、なんと私の「異国トーキョー漂流記」。
どうやら、私の本をよく読んでくださっているようだ。
文章もうまい。
いたく感激して、さっそくコメントを書き込んだ。
高野五段からもひじょうに好意的なお返事がかえってきて、
お互い、酒が好きだということも判明した。
いつか、お会いできたらいいなあと思う。
でも、そのとき互いに相手をなんと呼びあえばいいのだろう?

関連記事

no image

やむを得ず朝型にシフトしたが…

2週間くらい前から、ワケあって朝は7時に起きなければならなくなった。 日本では海外に出かけるときか取

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

「怪魚ウモッカ格闘記」も進行中

『怪獣記』(講談社)の発売が迫っているが、 ウモッカのほうも負けてはいない。 9月下旬発売の予定で着

記事を読む

no image

かっこいい公務員たちの物語

片野ゆかの『ゼロ!こぎゃんかわいか動物がなぜ死なねばならんと?』(集英社)が本日発売である。

記事を読む

no image

あの湖が…!!!

Google Mapというのをご存知だろうか。 私は意外にも知っていたが、ミャンマーをちょこっと検索

記事を読む

no image

アラビアン・オアシス

土曜日、アブディンと一緒に八王子へタンデムで出かける。 伴走はいつものようにワタル社長。最近はもうこ

記事を読む

no image

読売新聞の書評欄で紹介される

4月9日 読売新聞書評欄「本よみうり堂」にある”記者が選ぶ”というコラムで『ミャンマーの柳生一族』が

記事を読む

no image

この夏は「人間仮免中」

忙しい。仕事と雑務から逃げるように奄美に行き、まる五日、さんざん楽しんで帰ってきたら、しつこく彼らは

記事を読む

no image

ムベンベは捕獲されていた!!

『怪獣記』刊行に先駆けて、「サンデー毎日」と、 取次ぎ会社・日販のPR誌「新刊展望」のインタビューを

記事を読む

no image

攘夷気分

中国漁船事件が勃発、ほんとに中国っていうのはとんでもないし、日本政府の弱腰には怒り心頭だ! 私を含

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    そういえばそうですね……
    「冒険さん」「将棋さん」でも変だしなあ。

  2. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    おお、これいい話ですねー。

  3. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    エスカーラ編集部の小宮と申します。
    『タカノゴダンの書評ブログ』の
    編集担当をしております。
    もしもご都合がよろしければ、
    棋士高野氏と一席設けられればと
    思っておりますが、いかがでしょうか?
    ご興味がおありでしたら、ぜひ
    escala@mycom.co.jp
    もしくは03-6267-4453まで
    ご一報頂ければ幸いです。
    突然のご連絡失礼致します。
    よろしくお願いいたします。

  4. NONO より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/R692i/c10
    はあー、タカノゴダンは32、3才くらいなんだ。オレはてっきり60くらいのご老人で
    「ワシの名をカタるとはけしからん!」
    と怒ってると想像していた。
    ぜひ対談してください。
    でもタカノゴダン、やっぱりインドには入国出来ないのだろうか?

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    タカノゴダンは生年月日と本籍がちがうので、何も問題ありません。
    でも、もしそれすら同じ人がいたならどうなんでしょうね…。
    もしかして、「それは同姓同名の別人」と強弁すれば通ってしまったのかな…?

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.3); .NET CLR 1.0.3705)
    初めまして。
    棋士の高野秀行です。
    この度は書き込みありがとうございました。
    ご挨拶もなく、取り上げさせていただいたので
    失礼かなと思っていたので、大変嬉しくまた
    感激しました。
    これを機会にこれからよろしくお願い致します。

  7. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    僕の場合の「小林 純同名伝説」もすごいですよ。
    やたら多いし、面白いはなしも結構あります。
    今度、書いてみようかな。
    ちなみに、ワタル社長の妹君は、小林純子さんです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑