*

もう一人の「高野秀行」との出会い

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。
ネットで「高野秀行」を検索すると何万件もヒットするが、ほとんどが私か高野五段のどちらかなので、よく間違える人がいる。
「高野君、将棋もできるんだ。すごいねえ」と感心されたことも一度や二度じゃないし、実際に雑誌やインタビューのプロフィールで「将棋の腕前のプロ級」だとか、「主な著書に『これにて良し?—四間飛車VS急戦定跡再点検』など」とか書かれたこともある。
そんなわけあるはずないのにねえ。
高野五段はまだ三十二、三歳ながら著書もあり、マスコミにもちょくちょく登場するから、相当腕が立ち、しかも人気棋士のようだ。
ますます気になっていたが、最近、人に教えられ、すごいことを発見した。
高野五段は読書家でもあり、最近「タカノゴダンの書評ブログ」なるものをはじめている。
http://escala.mycom.co.jp/Entertainment/book/2006/01/post_1.html
で、真っ先にとりあげたのが、なんと私の「異国トーキョー漂流記」。
どうやら、私の本をよく読んでくださっているようだ。
文章もうまい。
いたく感激して、さっそくコメントを書き込んだ。
高野五段からもひじょうに好意的なお返事がかえってきて、
お互い、酒が好きだということも判明した。
いつか、お会いできたらいいなあと思う。
でも、そのとき互いに相手をなんと呼びあえばいいのだろう?

関連記事

no image

熊いじめと阿片チンキ

前々から英語圏に興味がなかったのだが、最近ははっきりと拒否反応を示すようになってきた。 おかげで客

記事を読む

no image

今度はジュンク堂新宿店で

丸善ラゾーナ川崎店で驚いていたら、 今度はジュンク堂新宿店で「高野秀行が偏愛する本たち」というフェ

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

no image

前世マラソン

朝から深夜までかかって、横浜、東京都西多摩郡檜原村、新宿区の三ヶ所で 前世を見てもらう。 「未確認思

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

『困ってるひと』ついに発売

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)がついに発売となった。 今アマゾンで見たら、180位である。

記事を読む

no image

イスタンブール無事到着

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。 東京の自宅を出て、36時間後のことだ。 なんでも一

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

no image

いや、おどろいた

『三畳記』が”酒飲み書店員大賞を受賞して、何ヶ月か経った。 もともとは”酒飲み書店員が強烈にプッシュ

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    そういえばそうですね……
    「冒険さん」「将棋さん」でも変だしなあ。

  2. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    おお、これいい話ですねー。

  3. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    エスカーラ編集部の小宮と申します。
    『タカノゴダンの書評ブログ』の
    編集担当をしております。
    もしもご都合がよろしければ、
    棋士高野氏と一席設けられればと
    思っておりますが、いかがでしょうか?
    ご興味がおありでしたら、ぜひ
    escala@mycom.co.jp
    もしくは03-6267-4453まで
    ご一報頂ければ幸いです。
    突然のご連絡失礼致します。
    よろしくお願いいたします。

  4. NONO より:

    AGENT: DoCoMo/1.0/R692i/c10
    はあー、タカノゴダンは32、3才くらいなんだ。オレはてっきり60くらいのご老人で
    「ワシの名をカタるとはけしからん!」
    と怒ってると想像していた。
    ぜひ対談してください。
    でもタカノゴダン、やっぱりインドには入国出来ないのだろうか?

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    タカノゴダンは生年月日と本籍がちがうので、何も問題ありません。
    でも、もしそれすら同じ人がいたならどうなんでしょうね…。
    もしかして、「それは同姓同名の別人」と強弁すれば通ってしまったのかな…?

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.3); .NET CLR 1.0.3705)
    初めまして。
    棋士の高野秀行です。
    この度は書き込みありがとうございました。
    ご挨拶もなく、取り上げさせていただいたので
    失礼かなと思っていたので、大変嬉しくまた
    感激しました。
    これを機会にこれからよろしくお願い致します。

  7. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    僕の場合の「小林 純同名伝説」もすごいですよ。
    やたら多いし、面白いはなしも結構あります。
    今度、書いてみようかな。
    ちなみに、ワタル社長の妹君は、小林純子さんです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今のワ州はどうなってるんだろうか。一度見てみたい気はする。村はどうなってるのか、村の人たちの暮らしはどうなっているのか。 ReplyRetweetFavorite
    • あれから時代は移り変わり、ワ州からアヘンはなくなったようだが、ワ州連合軍は相変わらずミャンマー最強の反(非)政府武装勢力で、ボスのパオユーシャン(タ・パン)も健在だというのが凄い。 ReplyRetweetFavorite
    • 約25年前、ミャンマー国内の独立エリア「ワ州」で知り合った中国人女性からメールが来た。当時、村に住んでいた私には色白の町娘といった彼女の容姿がまぶしかったのを懐かしく思い出した。 ReplyRetweetFavorite
    • この漫画の時代ならアイヌ語ネイティブがたくさんいるから、習ったらさぞ面白かっただろう。ちと、生まれるのが遅かった。 ReplyRetweetFavorite
    • 「ゴールデンカムイ」の2巻を読んでいる。アイヌ語がカタカナ表記で出てきたが、語順が日本語そっくり。全然違うのかと思ってたから意外だ。 ReplyRetweetFavorite
    • とある事情でU-NEXTにお試し加入してラインナップを眺めていたら、なんと「古畑任三郎」を発見! 20年ぶり?に見たのだけど、最高だった。三谷幸喜によるキレキレの脚本、嬉しそうな田村正和の怪演。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : \話題です/ ・元会計士が作る究極のピーナッツバター ・毎年完売する100グラム1万円の茶葉の秘密 先端技術とマネジメントで高品質商品を生み出す変革者たち。#川内イオ さんの『#農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』ビジネスのヒントが満載! 電… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑