*

無料出張上映会&琉球映画

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今月から始めた無料出張上映会の第一回が
台東区の施設で行われた。
主催者は旅好きな会社員の人。
その直接の友人知人が半分、それに知り合いの知り合いとか
ブログを通して参加した人など三十数名に
映像を見てもらった。
あんまり笑いが起きないので不安になったが、
みなさん、かなり真剣に見入っていたようだ。
面白いことを仕事でやっている人たちにも出会えて、
予想以上に充実した上映会だった。
      ☆       ☆      ☆
二次会でほろ酔いになってから、今度は他人の映像を観に新宿へ。
テアトル新宿で初公開の
「琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。」
 私はこれを観るのがもう三度目である。
 前にも書いたが、これまではあくまで「沖縄を深く知るための資料」としておもしろい
と思っていた。
 具体的にいえば、役者の魅力◎、映像○、構成・ストーリー△で、
映画としての総合評価は○と△の中間くらいだった。
 つまり純粋に映画としてはイマイチかな…というのが正直なところだった。
 ところがなぜか今回観たら、ダメなはずのストーリーも妙にするっと入ってきて、
映画のもつ濃密な空気にどっぷり浸ってしまった。
 特に「マサーおじいの傘」は素晴らしい。
マサーおじい役のカッチャンと
主人公の小学生にやさしく話しかける女子高生のおねえさん(ねね)は必見である。
 まあ、ハマってしまうと何もかもがよく見えるから説得力もないのだが、
最初はさんざん否定的に見ていたのにだんだんハマってくるのだから
もしかしたら本当に素晴らしい映画なのかもしれない。
 私の感覚が普通なのかおかしいのか、みなさん、直接観て確かめてください。

関連記事

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

no image

飲酒天国ブータン

妻がブータンより帰国した。 話によればブータン人はとにかく酒が好きらしい。 人口たった60万人(一説

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

私も外出作家へ

珍しく朝から快晴。 空気が澄み渡り、なにやらトルコのワン湖周辺にでもいるようだ。 部屋にこもっている

記事を読む

no image

生まれて初めてのロックライブ

恵比寿に、今年再結成した筋肉少女帯のライブを見に行った。 オーケンさんのご招待である。 なんと、私に

記事を読む

no image

今日のアブちゃん

今週の講義のゲストでもあるアブディンのブログを発見した。 ていうか、どうして今まで気づかなかったんだ

記事を読む

no image

印度放浪

私の本を韓国の出版社に売り込んでいるエージェントのカンさんに会う。 「最近はどうですか?」と訊いたら

記事を読む

no image

エンタメノンフ@ジュンク新宿

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。 最初なかなか見つか

記事を読む

カーンとハーン

「すごくおもしろそう」と妻が買ってきたインド映画「マイネーム・イズ・ハーン」。  DVDの表紙を見

記事を読む

no image

biiru no aji

Sakenomi ni totte,atsui kuni de naniyorimo nom

記事を読む

Comment

  1. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    言い忘れたが、「マサーおじいの傘」は最初から最後まで全部字幕入り。
    1970年代の糸満という漁師町を舞台にしているので、
    子どもの会話すら字幕がないとよくわからないのだ。
    日本の映画で全登場人物が日本語で話しているにもかかわらず字幕付きというのも他にないんじゃないだろうか。
    それだけでも観る価値アリマス。

  2. ファンカニ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    先日はありがとうございました。
    上映会に参加した者です。
    映像を観た感想は、嬉しかったです。
    ちょっと変かもしれませんが、楽しかったとか、面白かったというよりも、本で読んでイメージしていたものを映像として見れて、そして何より高野さんご本人から体験した事を聴けて嬉しかったです。
    ただ、今頃になって高野さんに質問したい事がたくさんあって非常に悔やまれます。なんであの質問出来る機会に何も思い浮かばなかったのか・・・。
    最後にこの場を勝手に拝借して主催者の方に御礼申し上げます。

  3. khoshi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser web; 1.0.4; V705SH)
    今回主催させていただいたkhoshiです。
    高野さん本当にありがとうございました。またご参加頂いた方々にも感謝しております。
    当日の様子を撮影した写真がありますので参加者の方で写真欲しいという方は私宛てにご連絡下さい。

  4. sawako より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1)
    私も上映会に参加した者です。
    高野さんにお会いできて、お話を聞けて大感激でした。
    最近少しウツっぽく、何にもやる気の出ない状態が続いていたのですが、高野さんが尽きせぬバイタリティーお持ちとを知り、「私もがんばろう」という気力が出てきた気がします。
    本当にありがとうございました。主催者の方にもとても感謝しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑