*

元「たま」石川浩司氏とのイベント

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。
あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬をもらったのだが、
目のかゆみはおさまったら今度は鼻水と鼻づまりがひどくなってしまった。

水曜日(昨日)は『謎の独立国家ソマリランド』で、「中央公論」と「日刊サイゾー」で著者インタビューを受けたが、
あまりに鼻づまりがひどく喋るのも息苦しい。
本来は「ソマリランドやソマリアはこんなに面白いんですよ!」と前のめりに話したいところなのに、
口から漏れるのは「ふがふがふが…」という情けない音ばかりで、意気上がらないこと著しい。
にっくきは花粉症である。

夜はまたしてもシャン料理店「ノングインレイ」にて、飲み会。
チェンマイではその形から「ロッドゥワン(急行)」と呼ばれているイモムシ(竹の中に生息するもの)を炒めたもの(写真・上)やトーフ・ジョー(シャン豆腐の揚げ物)などを
久しぶりに食べる。ここの料理は何を食べても美味い。

ウェイトレスの女の子が頬に白い粉「タナッカー」を普通につけていた。
ミャンマーでは一般的だが、日本でつけている人は初めて見た。
だが、ミャンマー人率90%以上のこの店では違和感がない。
まったくいい店だ。

☆            ☆             ☆

ところで、チェンマイで遭遇した元「たま」のランニングこと石川浩司氏と「旅のトークイベント」を行うことになった。
もとは「ノングインレイでオフ会をやりましょう」という話だったのが
「せっかくだからイベントをやってそのうち上げでノングインレイに行こう」と展開。
ツイッター上で誰か主催してくれる人はいないかと訊いてみたら、
かつてmixiの「高野秀行コミュ」を主催し、いくつものイベントを開催してくれた「よっしーさん」が
真っ先にメールをくれた。

その後、違う人お二人からもオファーをいただいたが、
順番的にも実績的にもよっしーさんにお任せすることになった。
日時と場所は只今検討中です。

関連記事

no image

夢を喰らい続けて50年って…

早稲田大学探検部創立50周年記念ビデオが届いた。 タイトルは「夢を喰らい続けて50年」という大時代

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

新連載に驚く

昨日発売の季刊誌「考える人」(新潮社)にて、ようやく私の新連載「謎のアジア納豆」が始まった。

記事を読む

no image

芳醇そば焼酎 みんがらーば

高田馬場のミャンマー料理屋「ミンガラバー」で、 ノンフィクション作家の西牟田靖君とまだ新婚の奥さん

記事を読む

no image

テレビ川柳師・ナンシー関の秀逸な評伝

読書運というものがあって、読んでも読んでも面白い本に当たらないときもあれば、手にする本がことごとく面

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

no image

フーテンのマハさん

「小説すばる」の「海辺で読みたいブックガイド」という企画で、先日『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

no image

大野更紗ができるまで

火曜日、『困ってるひと』が発売されて初めて大野更紗さん宅を訪れた。 思えば、彼女から「何か書きたい

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』見本とどく

 『メモリークエスト』に気を奪われていてすっかり忘れていたが、 本日、『アジア新聞屋台村』(集英社

記事を読む

Comment

  1. よっしぃ より:

    早速、ありがとうございます。
    日時が決まり次第、ブログをお借りして告知いたします。
    何も決まっていませんが、
    場所は早稲田界隈
    日時は土日祝
    だと思います。

    なお、だいたいの人数などを想定したいので
    ぜひぜひMIXIかFACEBOOKでの登録をおねがいします。
    FACEBOOK 高野秀行ファンコミュニティ
    http://www.facebook.com/groups/594961793865231/

    MIXI
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=119854

    どちらもないよ、という方は
    直接、メール
    lovespreads@hotmail.com
    まで。
    高野秀行さんイベントの件、と書いてください。
    また、もし前回(2010年 VS森清さん)、
    前々回(2008年 VSタマキング)
    の写真をデータで持っている方、送ってくださーい

  2. ajiketo より:

    営業的に重要な時期に花粉症とは!(笑)
    S江さんの落胆ぶりが目に浮かぶようですが、
    まあ、高野さんらしいですね。
    どうぞお大事に。

  3. CHIBASHIYAHAGICHO より:

    あの時、花粉症さえ無かったならなぁ、ってやつですね。

  4. 匿名希望 より:

    本編とは何の関係もないコメントですが、

    アフリカ中部に位置するコンゴ共和国。人跡未踏の秘境の存在は常に話題となり、冒険家たちのイマジネーションを駆り立ててきた。その秘境に存在すると考えられている伝説の未確認生物(UMA)“モケーレ・ムベンベ”。

    がテーマの映画が昨日から公開されています。
    「ダイナソー・プロジェクト」
    フィクションですけど。

  5. ajiketo より:

    『ダイナソープロジェクト』推薦コメントのコメンテーターの
    肩書を見ているだけで、虚実入り混じったプロレス的ファンタジーを感じますね。

    リアリティを売りにしたいのか、ファンタジー感を前面に
    出したいのか、見えにくい人選ですが。

  6. NONO より:

    ヤングチャンピオンの副編集長がコメントしてるのが、笑える。そんならあれ、単行本で出してくれよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行辺境チャンネル」は、こんな感じで肩の力を抜きつつ、しかし高野さんと高野さんの作品の魅力と真実に迫ってます。チャットやQ&Aを利用して皆様の質問にもどんどん答えて参ります。 次回は8月1日(土)14時から、テーマは『謎のアジア納… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌8月号発売となりました!大人気連載、高野秀行さんの「SF音痴が行くSF古典宇宙の旅」は、ついにSF初心者の前に高く険しくそびえ立つイーガンに挑みます。様々なサポートに助けられ、高野さんはイーガンを踏破することができるのか?!大注目で… ReplyRetweetFavorite
    • RT : [今日の新着記事] 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行|本の山|KIKI https://t.co/KNNShRiZMX ReplyRetweetFavorite
    • 11日間の東北旅行を終えて帰宅するなり、留守中に届いていた「本の雑誌」と「UP」(東京大学出版会)をむさぼるように読んでしまう。前者は落語本の特集が、後者は川添愛さんの「言語学バーリ・トゥード」が嬉しかった。川添さんがプロレスだけでなくプロゴルファー猿も好きなことも!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 次回の高野秀行オンラインイベント『辺境チャンネル』は、3週間後の土曜日、8月1日午後2時スタート!チケット発売中です! https://t.co/vsjZb8UY5K ReplyRetweetFavorite
    • RT : 日本以外にも納豆は存在するんですね! 「納豆のような柔らかい粘っこさで周囲を巻き込んでいく展開」に興味津々。早く読んでみたい。(竹) 心温まる納豆の謎への答えー『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行 本の山|KIKI - 幻冬… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑