*

イランは中東の京都

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

3ヶ月前に予約していた柳家三三の独演会があることに気づいた。
本来はこれに行くはずだったが、ソマリランド取材に行くことにしたため、
諦めていたはずが、地震のおかげで延期し、やっぱり行けることになった。
落語なんてものは、「最近聴いてないな、たまには聴きに行きたいな」と思ってふらっと行くものだと思うが、近頃は人気落語家のチケットはほんとにとれない。
なんだかなーと思いつつ、出かけたが、三三はやっぱりうまかった。
前座の早大卒の落語家・柳家市楽という人の「七段目」という芝居ネタが面白くて、
得した気分。
      ☆          ☆         ☆

書くのをすっかり忘れていたが、「おとなの週末」5月号が発売された。
私の「移民の宴」は連載2回目。
今月はイラン人ベリーダンサーのミーナちゃん。
「イランは中東の京都」という新説をイラン(ペルシア)料理から強引に展開しております。

関連記事

no image

アスクル予約開始

いつの間にか、『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社、通称「アスクル」)が アマゾンで予約がはじ

記事を読む

マスクマンになりたい

旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。 ブログで写真をお見せしようと思っていたのだ

記事を読む

no image

これも旅?

長い一日だった。 6:30起床、荷物など準備。 朝10時頃、ザックをかついで家を出た。 横殴りの雨で

記事を読む

no image

趣味は「辺境料理」に決定

先日「公募」もした私の「趣味」がやっと決まった。 「辺境料理」である。 私はチェンマ

記事を読む

no image

世界一の辺境・日本で活動します

ほんとうは4月初めからソマリランド&ソマリアに行く予定だったが、 今回の大震災でキャンセルすることに

記事を読む

no image

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。 その名も「君は高野秀行を知っているか」。 私

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

末っ子はわるくない

金曜日、警官の職質とバーティカルでの取材&営業のあと、 ジュンク堂新宿店で宮田珠己、内澤旬子の両氏と

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

Comment

  1. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.5; rv:2.0) Gecko/20100101 Firefox/4.0
    忘れているといえば「青春と読書」の新連載「ヒーロー誕生」も忘れているのでは。
    http://seidoku.shueisha.co.jp/seishun.html

  2. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    杉江さんは本の雑誌社の社員さんのはずですが
    高野さんのマネージャーもやってるんですか?(笑)

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    高野さん、以前「エチオピアはアフリカの京都」説を唱えていませんでしたか!?なして京都が引き合いに出るのか?単なる俺の記憶バグ?

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    新連載、始めてましたね。忘れてた。
    今日のブログに書きました。
    エチオピアはアフリカの京都で、イランは中東の京都です。
    どうして、京都が何度も引き合いに出されるのか?
    世界各地に京都的な場所があるからですが、
    私が京都に偏見をもっているせいかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あ、ほんとだ!1988年でした。今までずっと1989年だと思ってた。今年は31周年か。ご指摘ありがとうございます! https://t.co/XA5LqpJZgK ReplyRetweetFavorite
    • いえ、当時から私は事務が全くできず、優秀な後輩たちにやってもらってました。今、彼らが秘書兼マネージャーをやってくれたら、言うことなしなんですが。 https://t.co/JqLR159NYS ReplyRetweetFavorite
    • 実は1989年12月に最初の本『幻の怪獣ムベンベを追え』(後に文庫化されて『幻獣ムベンベを追え』)を刊行した。そしてちょうど30周年記念に「幻のバオバブ納豆を追え」を発表するわけで、この変化のなさには我ながら驚く。 ReplyRetweetFavorite
    • 「幻のバオバブ納豆を追え!」という講演をやります。他の参加者はみな研究者だというのに、私だけこんなタイトル。 https://t.co/x4X419MboR ReplyRetweetFavorite
    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑