*

うなドン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。
リケットさんは南三陸のフィリピン女性のことが知りたかったようで、
私のほうは欧米系の在日外国人情報がほしかった。
互いに情報交換していたのだが、興味の対象やアプローチの方法がとても似ていることに気づき、楽しいひとときだった。
6月末に和光大学で講演を行うことを引き受けた。
        ☆         ☆        ☆

相変わらず読書が進まない日が続いているが、青山潤さんにいただいた『うなドン』(講談社)はすぐに読んでしまった。
講談社エッセイ賞を受賞した『アフリカにょろり旅』の姉妹編で、今度はインドネシア、
タヒチ、マラッカ海峡が舞台。
「うなドン」とは飯のことではなく、「うなぎのドン・キホーテ」のこと。
その名のとおり、恥も外聞もかなぐり捨てて、ひたすらうなぎに突進していく。
あまりの「蛮勇」ぶりに「ちょっとこれは…?」と思うところもあるが
(特に毒を川に流すのはどうか)、
それでも、単なる学部卒で、海外青年協力隊くずれの若者が、学歴もなく、英語も得意でなく、とても才能だけでは太刀打ちできないと知り、誰もやらないうなぎ18種全部のサンプル採集という力業で事態を打開しようと決心、
ほとんどハチャメチャ、でたらめに動き回ってうなぎ取りに人生をかける姿は
ぐっとくる。
そして今や青山さんは東大准教授。
私もやってることは似ているが、「うなぎ」みたいな一つの線がないから
いつまでたってもあらゆる面で素人のままだ。
刺激を受けると同時に「いいよなー」と羨ましくもなった。

関連記事

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

正月には柳昇師匠がよく似合う

ここ数日、なんだか正月のような気がしてならない。 そう言うと妻に「は?」と呆れられたが、寒くて晴れて

記事を読む

no image

攘夷気分

中国漁船事件が勃発、ほんとに中国っていうのはとんでもないし、日本政府の弱腰には怒り心頭だ! 私を含

記事を読む

no image

大使館から始まる

今日、エチオピア大使館に指定された時間にビザを取りに行ったら、 担当者である日本人女性がいない。 車

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

『バウルを探して』が新田次郎文学賞を受賞!!

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)が 第33回新田次郎文学賞を受

記事を読む

no image

驚嘆のユーゴ・サッカー三部作

山田先輩は四万十に帰ってしまいサッカーファン強化合宿は終了してしまったが、 その後も自主練はつづい

記事を読む

no image

だめだめスウェーデン刑事小説

ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)を読む。 「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリー

記事を読む

no image

パレスチナの悲劇は世界の元気か

 今日こそアラファトとパレスチナについて辺境的な感想を一言書きたい。 十年ほど前、中国の大連にしばら

記事を読む

Comment

  1. りゅう より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.60 Safari/534.24
    初めまして、りゅうと申します。タイへ行ってからタイにさらに興味を持ち、そこで手にしたのが「極楽タイ暮らし」でした。それからはタイというより高野さんの本(タイにもさらに魅力を感じました)に興味がいき、色々と読ませて頂いてます。どれも本当に面白くて心が温まります。また、アジア新聞屋台村で終盤に高野さんがエイジアン的に生きようと決心された時の話を読んだ時は自分も決して他人事ではなく、今の生き方について考え直すことが出来ました。  これからも応援しています!本もたくさん読ませて頂きます!今は異国トーキョー漂流記を注文中です!早く読みたい!
    ではお身体に気をつけて頑張って下さい!日記と関係なくてごめんなさい。。

  2. go より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03B(c500;TB;W24H16)
    こんにちは。
    高野さんの講演会、行ってみたいです。関西では講演なさらないのでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑