*

おもしろくないことがおもしろい

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。
10年以上前、大連に短期留学をしたときさんざん世話になった恩師・獏先生(仮名)と二人旅だ。
先生とは一緒に野人探しにまで行ってしまった仲で、それについては「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)にも書いている。
また、先生の息子が日本に来て会社勤めをしている話は「異国トーキョー漂流記」(同文庫)に書いている。
先生は息子夫婦に呼ばれて、一ヵ月日本に滞在するというので、私は二、三日に一回のペースで一緒に遊んでいるが(これもウモッカ探しが破綻したために可能になったわけで、何がどう幸いするかわからない)、せっかくだから沖縄へ行こうということになったのだ。
お互い相手のことはよく知っていると思っていたが、前回一緒に旅行(野人探し)をしてから十年経っている。考え方、体力、趣向も大幅に変化していた。
しかも、前回は中国だが今回は日本の、しかも私にとってはほぼ外国に近い沖縄だ。
意図したことはことごとくはずれ、誤算と誤解が噴出し、おもしろくないことだらけだった。
特に先生が全く予想しないところで怒ったり、不機嫌になったりするので、へとへとになった。
いちいち挙げたらキリがないが、先生が居酒屋で沖縄名物の「豆腐よう」に激怒し、私がア然としたのがそのいい例である。
実におもしろくない旅だと思っていたが、家に帰って思い出すと、そういうおもしろくなかったことがことごとくおもしろい。
日本・中国・沖縄という三国(と言ってしまうが)の文化が激突した結果でもあり、
公民館の市民イベントも楽しくていいが、やっぱり「異文化交流」というのは、本気でケンカしてうんざりして愕然として落ち込んで…というのが、いちばんおもしろい。
そういうことを再確認した旅だった。
いずれ、どこかで書きたい。

関連記事

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

『恋するソマリア』装丁公開

ついに1月26日刊行の『恋するソマリア』(集英社)がAmazonでもカバーと詳細情報がアップされ

記事を読む

no image

アジワンが売れていた

高野秀行フェアをやっている丸善ラゾーナ川崎店を見に行った。 おしゃれな店のレジのすぐ脇でちゃんと展

記事を読む

no image

バトルロイヤル、参戦!

先日「酒飲み書店員(中略)大賞」なるものに選ばれ、千葉と都内東部を席巻している(?)「ワセダ三畳青春

記事を読む

no image

藤岡弘はキリヤマ隊長か

子供のころ夢中になっていたウルトラセブンを見たくなり、DVDを購入、第5話から第8話まで見たが、あ

記事を読む

no image

日本のゲバラ、ここにあり。

新宿K's Cinemaで長谷川三郎監督のドキュメンタリー映画『ニッポンの嘘』を観た。 なんと今年

記事を読む

no image

酒よりカツカレー

モガディショからソマリランドのハルゲイサに戻り、さらに今日、飛行機で隣のジブチに出た。 世間のイメー

記事を読む

no image

高校講演会@宇和島

集英社の財団主催の高校講演会のため、四国に来ている。 今日は愛媛県宇和島周辺の二校で講演。 宇和島

記事を読む

no image

仏教の週末

以前、『トルコのもう一つの顔』(中公新書)とその著者である言語学者の小島剛一氏を紹介し、 たしか「

記事を読む

no image

バングラの名店

私はインド・レストランに入ることができない。 「インド」を感じながらではとても平常心で食事ができない

記事を読む

Comment

  1. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    高野さんの本の中で、獏先生との師弟関係が描いてある
    あたりも結構好きなので、どこかでくわしくまた書いてください。
    楽しみです。

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    あ〜あの方ですね、獏先生!私も先生と同じく豚足がこの世で一番おいしいと思う変り種ですが、豆腐ようも大好きです。しかし先生が沖縄名物「足てびち」をお気に召したか、大変気になりますねぇ。

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    豚足好きな中国人の中でも異常なくらい豚足好きな獏先生。
    その先生がテビチー(豚足)をお気に召したかどうか?
    どこかで書きます。
    お楽しみに。

  4. nanasi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    沖縄まで行ってわずか4日とは・・・
    もったいないですね

  5. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    異文化のぶつかりあいって、脳が疲れますよね。
    僕は時々酸欠になります(笑)。
    家庭も職場も異文化ですし。
    でも、きっと僕の家族や同僚も疲れているんだろうなー、
    わからずやの日本人のせいで(苦笑)。

  6. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ここまでヒリヒリした関係というのが
    最近、あまり自分は
    ちょっとうらやましい……かも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑