*

困ってるいぬ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今週は月曜から金曜日までかけて原稿が一枚もかけないという絶賛大スランプ中だったのだが、
そういうときにかぎって錦糸町で保護され、牛込警察署に3週間収容されていた大型ネパール犬が助けを求めてきて、面倒をみるはめになった。
野宿中に携帯もカネも全てなくしたとのことで、
一緒に吉祥寺に出かけ、携帯を契約し、着替えの衣類も買い与えた。
午後から夜にかけては、やつの寝る場所と仕事を探すため、
善後策を考えたり、やつの分を含めて飯を作ったり、
烏山のネパール人レストランのオーナーに相談に行ったり。
大型犬はすごくよく寝る。
彼のための作業が一段落すると、彼はがーっと眠りに落ちる。
成犬の睡眠時間は一日20時間とも言われるらしいが、やつもそれに近い。
まあ、向精神薬が効いているのと、安心しているのもあるのだろう。
やつが寝るとやっとこっちは仕事ができる。
それにしても、ビザなし、カネなし、職なし、精神病持ち、酒を飲むと人に噛みつく、ネパール人コミュニティからはじき出され、
大野更紗並みの「エクストリーム困ってるひと」、いや「困ってる犬」である。
昨日の晩から私と妻が説得し、さきほどやっと国に帰ることを決めたようだ。
決めたらまた健やかに寝入ってしまった。
うらやましいが、その間に仕事をしなければならない。
あーあ、アフリカのことなんか考える暇もないよ。

関連記事

no image

Bangladesh

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru. 20nenmae no

記事を読む

no image

平凡妄想

『放っておいても明日は来る』(通称アスクル)を出版することが決まったとき、 まず思ったのは「ゲストの

記事を読む

no image

混沌とするタイのお化けワールド

ついに『謎の独立国家ソマリランド』の見本があがってきた! パネルも本の装丁もむちゃくちゃか

記事を読む

no image

「ムー民」は無敵?

毎月のお楽しみ、「ムー」10月号が届いた。 今月号も「謎のUFO生物クリッター」(UFOは円盤ではな

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

あなたの本職は何ですかと訊かれた

3月に、大野更紗さんが「わたくし、つまりnobady賞」という謎の文芸賞を受賞し、 私もその授賞式

記事を読む

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

no image

オススメ土着的流行歌

今日は珍しく音楽の紹介をさせていただきたい。 シングルCD エコツミ「さくらの日」 二年前になる

記事を読む

no image

4月12日は土曜日

数日前、「緊急告知」として書いたTSUTAYA盛岡店のイベント。 4月12日(日)と書いてあった。

記事を読む

Comment

  1. おっとっと より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.112 Safari/534.30
    中国で野人が目撃された、というニュースが出たみたいですよ
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52717
    ↑これが日本語の記事
    http://www.voc.com.cn/article/201107/201107111636301622.html
    ↑こちらが中国語の記事で足跡の写真が載ってます

  2. go より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N03B(c500;TB;W24H16)
    お疲れさまです。
    その大型のネパール犬さんは、被災地に行ったときの愉快な例の二人組(正確には一人と一匹)の一人(一匹)でしょうか。よく寝て、やんちゃ盛りで可愛い頃でしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑