*

高橋留美子に漫画化してもらいたい

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


相変わらず在日外国人取材の日が続いている。
忙しいのだが、移動や待ち時間も多いので、本は読める。
ブラックジャックの時代劇版と前に紹介した犬飼六岐『吉岡清三郎貸腕帳』の続編、『桜下の決闘』(講談社)を読んだ。
こっちもいい。
残虐にもかかわらず、ブラックジャックというよりは、むしろ高橋留美子の漫画に似た滑稽味が出てきている。
高橋留美子に漫画化してもらいたいなあ。
ミステリ風味もあるし、ピタッとはまるだろう。
そしてラストでは泣けるだろう。
☆         ☆         ☆
このブログを一体いつから始めたのか、それすら憶えていないのだが、
気づけば、トピックというか「過去ログ」というのだろうか、
それが1000件近くになっている。
一銭のたしにもならず、誰に頼まれたわけでもないのに、ずいぶん書いたもんだ。
(それどころか編集者に「そんなの書く暇があったら原稿を書きなさい」と言われたこともある)
日記代わりに書いていたということもある。
どこで何をしたかとか、こんなアイデアを考えていたのかなどが思い出せるし、
単なる読書記録としても貴重じゃないかと思うのだが、日記とちがって、いかんせん読み返すのがとても難しい。
現在からどんどんさかのぼらなければならないし、全貌がさっぱりつかめないからだ。
ブログを始めた数年前から今まで、時間順にバラバラと一気に読めたらいいのだが、
そういうふうに並べ替えることは不可能なんだろうか。
それからどこにどういうトピックがあるのか
目次のように一覧で見られないのか。
読者のためでなく、自分のために、このブログを編集し直して、
単行本にしたい。
あるいは最低でも時系列にプリントアウトしたい。
よい方法をご存じの方はお知らせ下さい。

関連記事

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

ブルガリアの秀吉

部屋を整理していたら、変なものを発見した。 先日ブルガリアの首都ソフィアの路上で買った古本。 吉川英

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

時差ボケが治らない

珍しく時差ぼけになり、それがちっとも治らない。 朝頑張って起きても昼過ぎに眠くなり午後爆睡。 で、

記事を読む

no image

酒飲み書店員大賞、韓国進出!

韓国のエージェントの人から聞いて初めて知ったのだが、 『ワセダ1.5坪青春記』の帯に(韓国の本にも帯

記事を読む

no image

mission complete

ima,yatto shuto Dhaka ni modotte kita. shinjir

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

ときに意味もなく文庫解説一覧

別に意味はないが、書いていた原稿が一段落したので、こんなものを作ってみた。 まず拙著の文庫解説

記事を読む

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

no image

とても美味しく、驚きもある

 先週の土曜日、グレッグとミワさんという日仏カップルの友人と神楽坂のクレープ専門レストランで食事をし

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    過去ログをテキストファイルに「書き出し」して、それを印刷すればよいのではないでしょうか。写真は印刷されませんけど。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.91 Safari/534.30
    コピーペーストで、ワードに一つずつ写していくということでしょうか。
    時系列を入れ替えて、1000件…。
    うーん、気が遠くなるなあ。

  3. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    ブログはやっていないのであまりお役に立てないと思いますが...
    高野さんのブログはBlogn(ぶろぐん)というブログシステムを使用しているみたいです。(今はバージョンアップしてぶろぐん+ってなってますけど)
    http://www.blogn.org/
    上記のサイトのマニュアル見る限りだと「データの入出力」って項目でログのエクスポートは出来るみたいです。天野さんがコメントで書かれてるようにこれでテキストデータとして出力できるのでは。
    >時間順にバラバラと一気に読めたら
    サイドメニューにあるカレンダーで一応時間順に読めると思います。
    あとはURLを直接いじるってやり方もあります。
    例えば、2006年5月の記事をみたければ
    「http://www.aisa.ne.jp/mbembe/index.php?month=」の後ろに「200605」を
    くっつけてEnterキーを押せば2006年5月の記事が新しい記事順に見れます。1ページに10件の記事までしか表示しないので月の記事が10件以上の場合は「<<過去の記事へ 」をクリックすると見れます。
    ちなみにブログ開始したのは2004年11月2日(木)です。
    「高野秀行オフィシャルサイト始動」
    http://www.aisa.ne.jp/mbembe/index.php?day=20041102

  4. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1
    すみません、書き方がちょっと足らなかったです。
    しんさんが書かれたとおり、ブログの管理画面から、ブログのデータを全部テキストファイルにエクスポート(もしくは「書き出し」もしくは「掃き出し」などとも言う)します。
    私が使っているココログでは、時系列的に古いものが上になって,テキストファイル出力されます。HTMLのタグなどは、タグのまま出力されます。
    見た目、以下のような感じになります。(サンプルとして2件分だけ貼り付けました)
    高野さんのぶろぐん+の場合、どのような形式でテキストファイル出力されるのかはわからないのですが、概ね大差ないと思います。
    これで肝心なのは、1件の記事は始まりの行(AUTHOR)と、中間の情報を記入する行(TITLEやDATAなど)と、最後の行(——–)が決まっていることです。
    これを利用して、余分な情報を一発で削除できるマクロを組めば(情報工学系の大学生に1万円くらいのバイト代を払ってマクロを組んでもらうのもアリ)、あっという間に完成する。ような気がします。
    完成したファイルを、WORDでHTML形式で開けば、リンク先の写真などもきちんと表示されるかも知れません(ダメかも知れませんが)
    コピペを繰り返して1000件分、という作業ではありません。もっと楽です。

    AUTHOR: XXXX
    TITLE: 1995年の読書総括。73冊。
    STATUS: Publish
    ALLOW COMMENTS: 1
    CONVERT BREAKS: __default__
    ALLOW PINGS: 1
    CATEGORY: ☆私の読書累計

    DATE: 01/01/1996 01:41:00 AM
    —–
    BODY:
    読書数は冊数です。「上・下」に分かれている本は読書数2冊とカウントしています。

    XXXX 1995年の読書総括
      ジャンル 合計数

    —–
    EXTENDED BODY:

    —–
    EXCERPT:

    —–
    KEYWORDS:

    —–

    ——–
    AUTHOR: XXXX
    TITLE: 白川義員「南極大陸・上」感想。
    写真集。1997年01月頃拝見。
    STATUS: Publish
    ALLOW COMMENTS: 1
    CONVERT BREAKS: __default__
    ALLOW PINGS: 1
    CATEGORY: ◎写真集

    DATE: 01/02/1997 03:03:00 PM
    —–
    BODY:
    南極大陸・上巻
    白川義員・しらかわよしかず
    小学館 1994/07出版 171p 43cm ISBN:4096991058 ¥39,757(税込)

    今から約25年前、私が中学生の頃、北海道新聞日曜版のカラーページに白川義員の撮ったエベレスト(たぶん)の写真が掲載されていた。その圧倒的な迫力は、当時アルバイトで貯めた金で買ったキャノンのA-1で、写真を撮りまくっていたカメラ小僧の私に「写真というのはここまで写せるのか」と、強く心に残った。その後体育会系の部活に明け暮れ、社会人になった私は、仕事に追われ写真を撮るということを忘れてしまった。

    30歳を超えたころ、ふと白川義員の名を思い出した。そ
    CONVERT BREAKS: __default__

  5. 高野秀行 より:

    天野さん、しんさん、どうもありがとうございます!

    でも、IT作家の私にはなぜか上記の説明がさっぱり理解できないので
    誰かもう少し理解力のある友人に訊いてみますね。

  6. フカヤ より:

    高橋先生が描いたら
    そりゃあ面白そうですけれども、

    ぼーくーがー描ーきーたーいーのー(笑)

  7. 高野秀行 より:

    あ、そうか‼
    フカヤさんが描けばいいのか。
    絵柄や雰囲気もぴったりだ。
    モーニングあたりでできないのかな…?

  8. 天野 より:

    えーっと要するにですね、
    高野さんのやりたいことは、ブログに詳しい誰かに頼めば何とかなる、
    (業者に頼めば金はかかるけど確実に何とかなる)
    ということです。わかりづらくてすみません。

天野 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑