*

ブックストア談は凄い!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼の挨拶をしてきた。
当初、失礼にも「物好きな小さい地元の本屋なんだろう」と思っていた。
 行ってみてびっくり。
 でかいのだ。
 聞けば、「浜松町・新橋付近で最大規模」というではないか。
 この界隈は私の生活圏から最も遠いので、全然知らなかった。
「異国トーキョー」のコーナーは、入り口の真横にあった。
 なるほど、ここにこれだけ積んで、しかも書店員の強力な推薦看板があれば気をひくだろう。
 実際、やって来る人が次から次へと本を手にとり、立読みをしている。
 若い女性は、手にとると、すぐにレジに直行した。
 本を書きはじめて早16年。その間、出した本は文庫化・翻訳も含めると、延べ16冊になるが、目のまえで自分の本が買われていくのを見たのは初めてのことだ。
 しかし、もっと驚いたのは、このように大々的に売り出されているのは、私の本だけではないってことだ。他にも、大売出しの棚は十も二十もある。しかも、それらは有名作家の本やベストセラーが多い。
 そういう強敵を押しのけて、「異国トーキョー」は快進撃を続け、なんと五月の月間総合売上げベスト1になってしまったという。
 文芸も文庫もビジネス書もハウツーものもぜーんぶ含めて1位だ。
 私の本を取り上げてくれたのは中野さんという生まじめそうな若い書店員さん。
「まあまあ売れていたし、自分で読んでも面白かったので、コーナーを作ってみましたが、こんなに売れるとは正直、思いませんでした」と実に素直なご感想。
 この書店は、小さくはなかったが、ユニークだという想像はあたっていた。
 品揃えが豊富なだけでなく、独特の棚作りをしている。
 「結婚関連本コーナー」にはバージンロードとウェディングドレスがあつらえていたりして、すごくおもしろい。色とりどりの折り紙を切り張りして、絵や文字で宣伝しているコーナーもある。
 学園祭のような楽しいノリが店内に横溢しているのだ。
 考えてみれば、二十代の若い店員が別に売れ筋でもない本を「自分が気に入ったから」という理由でコーナーを作れてしまうのだ。
 上の人たちも若い情熱を野放しにしているという証拠であり、なぜこんなアンチ管理社会的な書店が、日本の会社員のメッカみたいな浜松町・新橋エリアにあるのか不思議なくらいだ。
 「ムベンベ」や「アマゾン」「ワセダ三畳」など、私の他の文庫もすべて平積みになってるし、さすがアンチ管理社会の本屋だ。
 「ムベンベ」にはこれまた中野さんの手書きのポップが立っていた。かわいいナマズの絵まで描かれていた。
 「このナマズ、誰が描いてくれたんですか?」と訊いたら、中野さんが表情も変えずに、「私です」と答えた。
 ありがとう、中野さん。
 今度は他の本もまとめて「高野秀行フェア」をやってください!
【訂正とお詫び】
本文中、「五月の月間総合売上げベスト1」とありますが、正しくは「文庫部門ベスト1」でした。この場をお借りしましてお詫びと訂正にかえさせていただきます。(管理者 記)

関連記事

no image

サッカーファンになる予定

今月からサッカーファンになるべく日夜精進している。 読書もサッカー本。 今読んでいるのはイアン・ホ

記事を読む

no image

大槻ケンヂと一緒にオカルト番組?

 今度の1月から3月まで、オーケンこと大槻ケンヂ氏と私が二人で 深夜番組をやることになった。  もう

記事を読む

no image

イランは中東の京都

3ヶ月前に予約していた柳家三三の独演会があることに気づいた。 本来はこれに行くはずだったが、ソマリラ

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

ネットでキム・ジョンイルになる方法

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』(光文社新書)は傑作だった。 著者

記事を読む

no image

就職するならNACK5

昨日(木曜日)、さいたま市を本拠地とするFM局NACK5の番組「セイタロウとケイザブロウのおとこラジ

記事を読む

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

no image

朝青龍ミステリー

木村理子『朝青龍 よく似た顔の異邦人』(朝日新聞出版)を読む。 スポーツ選手に密着したルポものでは

記事を読む

no image

もう一つのキンシャサの奇跡

映画「ベンダ・ビリリ もう一つのキンシャサの奇跡」を渋谷のイメージフォーラムで見た。 もう一つのキ

記事を読む

Comment

  1. やまねこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; .NET CLR 1.1.4322)
    NHKビルマどうろの放送日はいつなのでしょうか?
    取材の詳しいことは後日と言う事で今か今かと待ってるのですが・・・

  2. macocci より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    今日もブックストア談に行ってきましたよ。
    仕事関係の書籍を漁りに行った筈なのですが、
    足が向いたのは高野さんの書籍が置いてあるコーナーでした。(^^;>
    仕事でストレス溜めてる私にとっては気分転換にもってこいの本ばかりなんですよね。
    お次は極楽タイ暮らしでも。
    ちなみに、「世界が生まれた朝に」は、小学館に問い合わせたところ、
    どこも在庫切れで重版予定も無い状態だそうです。
    Amazonなどのネット書店でも手に入りません。
    残念・・・古本屋か図書館探すしかないようですね。
    中野さん「高野秀行フェア」をやってください!
    って言ったら出てくるのかな〜?

  3. エダ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    すごい!
    写真の様子に感動しました。
    大ベストセラー作家並の扱いではないですか。
    高野ファンである私が感動したくらいだから
    本人はもっと感動したことでしょう。
    中野さんエライ!惚れたぜ!
    (女性なんですかね?)

  4. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ををっ! すばらしい!
    こんな書店が増殖しますように!
    TVとかで取り上げてくれれば、高野ブーム到来! なんですがね。

  5. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     高野君、当たり前です!
    むしろ遅いくらい。ボクは太鼓判を押します。文章としての完成度も高く、ユーモアのセンスもよく、なにより不可解な芸術を素直に受け止めている。
     ボクがこれまで読んだ本に中でもトップクラスのいい本でした。おめでとう!

  6. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     あっそうそう! 担当者が中野さんというのが、オイラの野中の逆でこれまたGOOD!

macocci にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑