*

イスラム二日酔い紀行

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日は扶桑社に用事があって浜松町へ。
数年ぶりにブックストア談に行って、「イスラム飲酒紀行」を探す。
ノンフィクションの棚にも当たり前のようにない。
私の本はどこに置かれているのか全然予想がつかないため、
ぐるぐるまわるがどこにもない。
頭に来ていたら、「話題の新刊」(だっけ?)というところに
6冊面だしで並べられていた。
さすが中野さん!
そう、ここには高野本の愛読者である中野さんという書店員がいて、
前から頑張っていてくれたのだ。
お礼に…というわけではないが、鯨統一郎と加藤陽子の本を買った。
扶桑社では『イスラム飲酒紀行』が好調な滑り出しだと聞かされる。
まだ午後4時なのに、担当の織田君はビールを出してくれるので、早くも飲み開始。
西荻窪に移動して、時間が早いので、居酒屋に入って飲む。
やっと7時半になり、「旅の本屋 のまど」へ。
「野宿野郎」のかとうちあきさんと、中東トリビアの男・末澤の彼女さんに酒をいただく。
もちろんトーク中も飲んでいたが、終わると、今度は幻冬舎『メモリークエスト』の編集者二人と、ミャンマー辺境界のドン・金澤さんらを交え、
打ち上げ。
結局うちに帰ったのは午前2時。
なんと10時間飲んでいた。
当然今もまだ酒が残っているが、これから群馬の館林で泊まりがけでモスク取材。
イスラム二日酔い紀行である。
ああ。

関連記事

no image

朝鮮名探偵

amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。 特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。 私が人に配る

記事を読む

no image

『腰痛探検家』&『空白の5マイル』発売

早大探検部の後輩で、今年開高健ノンフィクション賞を受賞した 角幡唯介『空白の五マイル』(集英社)が

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定

今月からサッカーファンになるべく日夜精進している。 読書もサッカー本。 今読んでいるのはイアン・ホ

記事を読む

no image

ダイエットとヒナゴン

数日前、妻・片野ゆかが出版した新刊『ダイエットがやめられない 日本人のカラダを追及する』(新潮社)を

記事を読む

no image

ユーフラテスの旅の落とし穴

昨日やっとこワンに飛んだ。 延々とつづく茶色の香料として山岳地帯を見下ろし、 「こんなところで河下り

記事を読む

no image

月刊ソマリランド

お伝えしそびれていたが、バンコク発の月刊風俗情報誌Gダイアリーで 三ヶ月連続で「ソマリランド」のこ

記事を読む

no image

ヴォイニッチ写本の謎

エンタメノンフフェアで買い込んだ本を読んでいて仕事にならない。 佐藤あつ子『もう一度会いたい 思い

記事を読む

no image

八王子の人間だから

火曜日に集英社の会議室で角幡唯介と対談したが、 三日後の金曜日、まったく同じところで今度は中島京子

記事を読む

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極めて独特な倫理観や世界観をお話

記事を読む

no image

凄すぎる、長すぎる、印流小説

 ヴィカース・スワループの『6人の容疑者』(武田ランダムハウスジャパン)をやっと読み終えた。ミステ

記事を読む

Comment

  1. るきじ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    昨日はお疲れ様です。トークショー、最高に面白かったです。
    実は私が高野さんの本を手に取るきっかけになったのが、浜松町のブックストア談。おととしの夏ごろ、旅行紀行本のコーナーが設けられて、その一角を高野本が占めておりました(中野さんの導きに感謝です)。
    またトークショーの際にはお邪魔させていただきます。
    メモリークエストの文庫、楽しみにしています。

  2. さわよう より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    このブログのアクセスは大体1日1500件くらいなのにトークショーとなるとのまどさんを2回満杯にできてしまうのは不思議です。
    やはり高野さんの読者層は薄くて厚い(熱い?)のですね(笑)
    トークショー、非常に楽しかったです。また参加させていただきます。
    あ、メモリークエスト文庫版も買います。

  3. s より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    遅ればせながら感想を。
    のまどのトークショーでみんなが「おおっ!」と思ったのは、「寝る前に3時間かけて取材ノートをきっちりとる」高野先生の真面目で綿密な取材ぶりではないでしょうか。
    私も酒飲みの端くれですが、飲んだ後に仕事はできません。毎日大体飲みつぶれて寝てしまいます。
    破天荒な面ばかりが注目されてしまう高野先生ですが、旅先ではきちんと節制されているのですね。(イスラム地域だから結果としてこうなっているのかも知れませんが。雲南では酔いつぶれて身包みはがれたりもされていますが)
    こういった地道で真面目な部分があってこそ、プロとして成功されるのだなあ・・と感じ入りました。

さわよう へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑