*

小説の強烈な引き

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。
引きが強いときには、てきとうに手にとる本がことごとく面白く、
弱いときには自分で選んでも人に勧められても面白い本に行き当たらない。
最近はノンフィクションは今ひとつだが、小説はどうかしてるんじゃないかというほど引きが強い。
次から次へと(自分にとっての)年間ベストテン入り間違いなしという作品を引き当ててしまう。
好村兼一『行くのか武蔵』(角川学芸出版)もまた、目が覚めるような時代・歴史小説だった。
決して巧い小説ではないのだが、
視点が決定的に新しい。
なにしろれっきとした宮本武蔵ものなのに、主人公が武蔵ではなく、
父親の宮本無二(無二斎)なのだ。
人物造型もまた「巧み」というのとちがい、
「絶対こうだったにちがいない」という著者の確信が伝わってくるので
作り物めいた臭みがない。
時代・歴史小説は文庫が当たり前になりつつあるが、
本書は1800円を出して単行本を買う価値が十二分にある。
しかし、こう、いい小説に当たり続けると自分でも何か書きたくなってくる。
ていうか、ごちゃごちゃ言ってないで早く書けよって話である。

関連記事

no image

ソマリ人の好きな意外な食べ物

みなさん、新年明けましておめでとうございます。 とはいうものの、私自身は正月を迎えた気がしない

記事を読む

no image

ブックストア談は凄い!

「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼

記事を読む

no image

メールが届かない

最近、こちらから出したメールが届いていないというケースが増えている。 プロバイダのせいなのだろうか。

記事を読む

no image

大作家を斬る!

ある雑誌の増刊号で頼まれていた書評をやっと書く。 私が長らく愛読している、もう亡くなった大作家の作品

記事を読む

no image

エイリアンの日々

このところすっかりオカルトづいているので 最近は地球上で生活している異星人に興味をもち、 そういう人

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

続・能力の限界

これが幻のポスター。 やっと、ブログにアップすることはできた。 しかし、これを元にポスターにするに

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

『均ちゃんの失踪』文庫解説

最近、ここで読書紹介が激減しているのは、あれやこれやと雑多に手を広げすぎているせいもあるが、一つに

記事を読む

no image

謎の音楽家or神秘思想の徒バウル

ソマリランド本の仕事から解放されてからは、本が思うように読めてとても嬉しい。 先週も面白い本を

記事を読む

Comment

  1. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.8) Gecko/20100202 Firefox/3.5.8
    好村兼一さん面白いですよね。
    ほかの作品もしっかりしています。
    未読でしたらぜひ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑