*

『メモリークエスト』本日発売

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


まずはお知らせ。
『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。
アマゾンや地方では明日7日になるそうだけど。
ちなみに、まだ注目されてないが、「メモリークエスト2」の依頼も募集中です。
すでにユニークな依頼が8件、来ています。
私はとくに「木刀を探してほしい」という依頼にぐっと来ました。
さらなる常識外れな依頼をお待ちしています。
(この書影はスキャンしたものだが、私のプリンタがいかれているため、
色の出方がおかしい。実物は白地にサーモンピンクです)
    ☆       ☆         ☆

もっと早くお伝えすればよかったのだが、早田英志・釣崎清隆『エメラルド王』(新潮社)という凄い本が出ている。
裸一貫で南米コロンビアに渡り、度胸と智慧と闘争力で同国最大のエメラルド輸出業者になりあがった男、早田英志の破天荒すぎる一代記。
人生そのものが劇画だが、それを描く作家・釣崎清隆の筆がまた傑出している。
あたかも全盛期のアントニオ猪木の闘いぶりを、古館伊知郎が実況していたときのような
過激で過剰なロマンチスムにあふれている。
詳しくは新潮の「波」に書評を書いたのでそちらをご覧頂きたいが、
まさに「魂のエンターテイメント!」である。
       ☆        ☆        ☆
『困ってるひと』4刷決定。累計2万部突破。
どこまで行くんだろうか。

関連記事

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

「怪魚ウモッカ格闘記」も進行中

『怪獣記』(講談社)の発売が迫っているが、 ウモッカのほうも負けてはいない。 9月下旬発売の予定で着

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

no image

ヤノマミ読書VSサバイバル登山家

忙しくてなかなかブログの更新ができなかった。 そうそう、本の雑誌3月号の「冒険本・探検本特集」でと

記事を読む

no image

趣味は「辺境料理」に決定

先日「公募」もした私の「趣味」がやっと決まった。 「辺境料理」である。 私はチェンマ

記事を読む

no image

2012年に読んだ本ベスト10

毎年恒例の「私が今年読んだ本ベスト10」。私が読んだ本だから、今年出版のものとはかぎらない。 とは

記事を読む

英国人の見たSMAP

内澤旬子さんと「日本の食」について話してほしいという依頼があり、 「そんなもん、俺に語れるのか

記事を読む

no image

「ムー」9月号ミラクル対談

不本意ながら「レジャー」を楽しんだと昨日書いたが、 もっと不本意なことに体のあちこちが筋肉痛になっ

記事を読む

no image

日本の冬

会社員を辞めて山岳ガイドになった後輩と一緒に箱根の山を歩いた。 ただ普通に山歩きをするだけのつもり

記事を読む

no image

陳会長の誕生パーティで動転する

日本冒険作家協会の内藤陳会長の誕生日パーティがあるから来ないかと友人に誘われ、行ってみた。 陳会長は

記事を読む

Comment

  1. 藤江 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    「メモリークエスト」素敵な表紙です!
    ドリトル先生ですね。
    単行本は持っていますが、こちらも欲しくなってしまいます!
    (中京先生の解説も期待大です)

  2. akira より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.112 Safari/534.30
    ご存知かもしれませんが、早田氏は、『エメラルドカウボーイ』という自伝映画も作成しておられます。
    若かりし頃の氏を演じるのが、なぜかコロンビア人だったりと、とにかくぶっとんだ映画です。
    もし機会がありましたら、ぜひご覧ください。生きる力が湧いてきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑