*

なぜか妻が…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

なぜか妻がブータンへ行ってしまった。
今までブータンなど話題にもしたことがなかったのに、五月のある日突然、「あたし、ブータンに行く」と言い出したのだ。
「どうしてブータン? 取材?」と訊いても
「面白そうだから行く。それだけ」と答えるのみ。
理解不能だが、いつも逆の立場で同じ会話を交わしているから、何も言えなかった。
椎名誠の奥さん、渡辺一枝も椎名さんが外国ばっかり行っているうちに、
突然「チベットに行く」と言い出し、それからチベットをテーマにした写真や文章で有名な作家になってしまったと聞く。
うちの妻も同じ道をたどるのだろうか……。

関連記事

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

no image

バオバブの記憶

ポレポレ東中野にて、本橋成一監督のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」を見る。 西アフリカ・セネ

記事を読む

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

今度はジュンク堂新宿店で

丸善ラゾーナ川崎店で驚いていたら、 今度はジュンク堂新宿店で「高野秀行が偏愛する本たち」というフェ

記事を読む

no image

くどくどかぱらぱらか

比較的調子よく来ていたブータン原稿がうまくいかなくなってきた。 逃避の意味合いもあって、ある作家の

記事を読む

no image

トルコより帰る

 トルコより帰国した。  私の滞在中、トルコ国内でも二度テロがあり、外国人旅行者も犠牲になったよう

記事を読む

no image

世の中は私の知らない番組であふれている

三日間、伊豆に行ってきた。 昼間は外であれこれやっていたのだが、 夜は何もやることがなくすごくヒマ。

記事を読む

no image

スカの時代

とある人からCDをもらった。 What's love?というスカ・バンドの「バイナラ」というアルバム

記事を読む

no image

ポップ&メジャー

イランに行っている最中、 4月8日発売予定の『メモリークエスト』(幻冬舎)のカバーデザインが 出来上

記事を読む

no image

世界でいちばん暑い町と初恋女性との興奮譚

 ブログに書きたいことは多々あれど、相変わらず雑務に追われて時間がない。  自分のウェブについても、

記事を読む

Comment

  1. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727)
    ありゃ、もういっちゃったの?
    高野さん あとで奥さんの日程教えてもらえますか?
    向こうの人が食事に招待したいと言っていたので。

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1)
     面白そうだから行く、なんてまさにNO REASON コカコーラ、って
    感じで一番素敵な理由ですね。
     椎名さんの奥様は学生の山岳部の時に「私はいつかチベットに
    行くんだ」と周りに触れ回り、そしてチベットというあだ名になった、
    と本に出ていましたよ。

  3. dareka より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    ご夫婦で行こうとは思われなかったんですか。
    幸福の国だし。
    同じ旅行をふたりでそれぞれ書いてほしい。
    そんで、そのふたつの違いを読んでみたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑