*

ソマリランドで今、話題になってること

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今、やっと日本でもソマリアの飢饉がニュースになってきたようだ。
では、こっちではどうかというと、ほとんど話題に出ない。
まず、一つには「よその国」の話だということ。
南部ソマリアはソマリランド人にとっては
20年前に別れた妻でしかなく、共感度は非常に低い。
ここソマリランド国内も旱魃で困ってる人は多いようだが、
国際団体が援助に入っているし、食料品の値段も特に上がっていない。
共感度の低さは、ケニアの難民キャンプでもそうだった。
前からの難民は「ニューカマー」(と呼ぶ)に対して、
「この人たちも大変だねえ」くらいの反応だった。
一般日本人とさして変わらない。
ちなみに、ここソマリランドで話題になっているのは、
大統領が異常なほど不人気で、おととい、ある町の大学の卒業式に大統領が出席しようとしたら、一部の学生が自分の靴を脱いで、それを大統領に向けて掲げたこと。
無論、ひどい侮辱だ。
(でもここは民主国家だから、それで逮捕されたりせず、
翌日の新聞の一面写真が載った)
ソマリランドでは一年前の選挙で、
国民待望の政権交代が行われ、
新大統領が歓喜の声で迎えられたそうだが、
期待が過大すぎて、たった一年で国民の9割が失望してしまったそうだ。
一方、野党に転落した元与党もだらしなく、
現在の与党を追求するより、内部の権力闘争や駆け引きに
忙しいとか。
実に先進的な民主国家ソマリランドなのである。

関連記事

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

西原理恵子『できるかな クアトロ』

私が「解説」を書いた西原理恵子の『できるかな クアトロ』(角川文庫)が届く。 漫画部分は例によって

記事を読む

no image

くどくどかぱらぱらか

比較的調子よく来ていたブータン原稿がうまくいかなくなってきた。 逃避の意味合いもあって、ある作家の

記事を読む

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

夢はソマリを

取材や長旅の終わりになると、緊張が緩んで体調を壊すとよくいう。 イシカワはアジスアベバをこれから発ち

記事を読む

no image

ナイロビのカリフォルニアにて

結局、ナイロビ市内は昼前なら歩いても、気をつけさえすれば、 問題ないとわかった。 酒もちゃんと飲んで

記事を読む

Comment

  1. s より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    「20年前に別れた妻」という言葉に、東アジアの分断国家の場合と重ね合わせて色々考えさせられました。
    もちろん、自らの意思で(列強の分割支配が理由としてあるにせよ)分離独立したのと、他人の都合で分断されてしまったのとでは全く事情が異なるのでしょうが、ソマリランドは韓国よりも台湾に近い感じがします。ほとんどの国から国家承認されていない点でも一緒ですよね。
    でも、3つに別れたソマリアと、エチオピアのオガデン地方に別れて住み、ナイロビでは移民として大きな経済力を持つソマリ人の現状は、東アジア各国にまたがって住む朝鮮民族にも似ていますね。
    そういえば日本生まれの在日コリアンも、60年代以降に日本に来た韓国人のことをニューカマーと呼び、心理的に一線引いていることが多いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年8月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑