*

Somaliland ni iru hutari no watashi

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Twitter dewa mou kaiteirukedo,yatto Somaliland ni tsuita.
Nairobi to chigatte,hito no kaotsuki ga odayaka de chotto hotto suru.
Kenya ni ita toki kara sounanodaga,watashi wa masumasu nijuu-jinkaku de aru.
Sunawachi fudan wa Somali jin mo Somali-go mo mou mitakumo naishi ,kikitakumo nai kanji nano daga,happa wo kuu to,sugoku kono hitotachi ga omoshiroi shi,nazeka
muyamini somali-go wo oboetaku naru.
ima wa happa ga kiiteiru kara,somali no sekai ga omoshirokute shikatanai.
karera no dentoutekina monndai kaiketsuhou ya igainnahodo nihon no mono ni nita
onngaku ni kannshin shiteshimau.ongaku wa nihon ya tai no enka ni niteiru ga,
nakaniwa nihon no,shikamo okinawa no minyou sokkuri na mono mo aru.
gitaa no hikikatari daga,sanshin ni kikoeru kurai.
kono makafushigi na kimochi to somari no shakai wo hayaku hon ni kaitemitai.
asu no asa ni nareba,mata koko ni iru no ga iya ni naru no darou kedo…

関連記事

no image

やっぱりミャンマーの辺境は怖い

先日、ヤンゴンで世話になった友人Kさんから こんなメールがさっき届いた。 「昨日、ヤンゴン・プタオ

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

タカノゴダン来宅

先週は客人がぞこぞこうちにやってきて、中には泊っていく人もおり、 「民宿&居酒屋タカノ」状態だった。

記事を読む

no image

レベル7の衝撃をふたたび

高野秀行プロデュースの大野更紗「困ってるひと」がついに最終回を迎えた。 このウェブ連載の反響は驚くば

記事を読む

no image

誘拐は困る

アフリカ・中東の紛争地取材の超ベテラン、大津司郎さんに8年ぶりくらいで会う。 もう60歳くらいのはず

記事を読む

no image

帰国、暑い、その他

タイより帰国した。 みなさんから聞いていたとおり、暑い。 チェンマイはもちろん、バンコクも比較になら

記事を読む

no image

泣けるような話

今週、出演するJ=WAVEの番組の打合せで、 構成作家の人に「何か外国でちょっと泣けるようないい話は

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

不思議で贅沢な春の晩

以前、コンゴ(旧ザイール)の障害者バンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を日本に呼び、 そのライブに私

記事を読む

Comment

  1. PRA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; Sleipnir/2.8.5)
    Twitterではもう書いているけど、やっとソマリランドに着いた。
    ナイロビと違って人の顔つきが穏やかでちょっとホッとする。
    ケニヤにいたときからそうなのだが私はますます二重人格である。
    すなわち普段はソマリ人もソマリ語ももう見たくもないし聞きたくもない感じなのだが、葉っぱを食うとすごくこの人たちが面白いし、なぜかむやみにソマリ語を覚えたくなる。
    今は葉っぱが効いているからソマリの世界が面白くて仕方ない。
    彼らの伝統的な問題解決法や意外なほど日本のものに似た音楽に感心してしまう。
    音楽は日本やタイの演歌に似ているが、中には日本のしかも沖縄の民謡そっくりなものもある。
    ギターの弾き語りだが三線に聞こえるくらい。
    この摩訶不思議な気持ちとソマリの社会を早く本に書いてみたい。
    明日も朝になればまたここにいるのがいやになるのだろうけど・・・

  2. s より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ソマリは知らなかったけど、エチオピアの民謡や歌謡曲ってやたらペンタトニックでもっさりしてて、こぶしのきいた演歌っていうか朝鮮半島の歌謡曲っぽい旋律なんですよね。あれは不思議。
    坂本龍一理論だと、音楽は海伝いに広がるらしいんだけど、アラブやインドの音楽とは全く違う。ケニアにはこういう歌もあるかも知れない。
    「さくら剛」さんの旅行記に、エチオピア演歌とチャットの記事があります。
    http://www.sakusha.net/dhira2.html

  3. ふーじ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:5.0) Gecko/20100101 Firefox/5.0
    ソマリアが大干ばつで餓死者や難民が出てるってニュースを読んだんですが、ソマリランドはどうなんでしょう?

s にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑