*

Bangladesh

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru.
20nenmae no Culcatta wo motto ookiku shitayouna
sugoi machi da.
jitensha ga hipparu Saikuru-rikisha ga kazoekirenai hodo hasitteirutokoro wa
hoka ni nai darou.
basu wa boroboro.
heiki de hoka no basu to butsukatte,kosuriatteiru.
hokkaidou no 1,5bai no tochi ni 1oku3sennman no hito ga sunndeiru no dakara
tomokaku hito ga oosugiru noda.
kyou wa watashi mo Mori mo rikisha ni karuku hikareta.
Nazono Happy Street wo sagashitaga,
“sorewa 20nen mae ni nakunatta”to iwareta.
jouhou ga chito hurukatta youde…
Shouhugai datta rashii.
imawa betsu no tokoro ga aru.
shouhugai de naku,sake ga arutokoro.
asu kara hokubu no indo kokkyou no machi ni iku yotei.

関連記事

no image

オモシロイ人

この前対談をした内澤旬子さんのブログに、 そのときのことが書かれている。 あと、半分ケモノ化した私の

記事を読む

no image

上智大学で比較未知動物学?

 なぜか来年度の後期(10月〜2月)、上智大学外国語学部の非常勤講師を務めることになった。  大学で

記事を読む

no image

白水社のウェブ

つい2週間ほど前、本の雑誌の杉江さんとマラソン本の打ち上げをしたとき、 「全然執筆の依頼が来ないんで

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

東京うんこナイト

探検部の後輩が2月5日、東京うんこナイト 〜ウンコロジー入門。「のぐそ」は地球を救えるか?〜」とい

記事を読む

no image

間違えてしまった…

「ミャンマーの柳生一族」が予想以上に好評だ。 あんなトンチキな本、誰が読むんだろうと他人事のように思

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

no image

写真家・後藤修身の撮ったパキスタン北部辺境

先日、パキスタン北部のフンザ周辺の話を書いたら、反響が大きくてちょっと驚いた。 コメントの他にもメ

記事を読む

no image

寒波と猛暑

フランスに亡命したルワンダ人の友人のところに母国から家族が到着した。 奥さんと娘が移住を認められたの

記事を読む

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

Comment

  1. ローマ字変換職人 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.3) Gecko/20090824 Firefox/3.5.3 (.NET CLR 3.5.30729)
    — バングラデシュ —
    バングラデシュの首都、ダッカにいる。
    20年前のカルカッタをもっと大きくしたようなすごい街だ。
    自転車がひっぱるサイクルリキシャが数え切れないほど
    走っているところは
    他にないだろう。
    バスはボロボロ。
    平気で他のバスとぶつかって、こすりあっている。
    北海道の1.5倍の土地に1億3千万の人が住んでいるのだから
    ともかく人が多すぎるのだ。
    今日は私も森もリキシャに軽く轢かれた。
    謎のハッピーストリートを探したが、
    「それは20年前になくなった」といわれた。
    情報がちと古かったようだ...
    娼婦街だったらしい。
    今は別のところがある。
    娼婦街でなく、酒があるところ。
    明日から北部のインド国境の町に行く予定。

  2. 昼寝カワウソ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.14) Gecko/2009082707 Firefox/3.0.14 (.NET CLR 3.5.30729)
    どこのどなたか,存じませんが,
    ローマ字変換人さん,助かっております。
    特に,今回のようなまとまった量のときには。

  3. 会長 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Google Wireless Transcoder;)
    職人さん、本当に助かります!ありがとうございます!

  4. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/india/coochbehar.html
    印孟国境といえば国境が複雑に入り組んでいて飛び地だらけなので有名ですよね。
    インドの中のバングラの中のインドや、バングラの中のインドの中のバングラのようなところもあり、かつての藩王国の領地を律儀に国境にした結果だとか。
    フェンスに囲まれた住民にとっては不便極まりないし、宗教も絡んで住民同士の紛争の火薬地帯でもあるので、何とかなるといいんですけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
腱鞘炎
NEXT :
mission complete
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年3月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑