*

Bangladesh

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru.
20nenmae no Culcatta wo motto ookiku shitayouna
sugoi machi da.
jitensha ga hipparu Saikuru-rikisha ga kazoekirenai hodo hasitteirutokoro wa
hoka ni nai darou.
basu wa boroboro.
heiki de hoka no basu to butsukatte,kosuriatteiru.
hokkaidou no 1,5bai no tochi ni 1oku3sennman no hito ga sunndeiru no dakara
tomokaku hito ga oosugiru noda.
kyou wa watashi mo Mori mo rikisha ni karuku hikareta.
Nazono Happy Street wo sagashitaga,
“sorewa 20nen mae ni nakunatta”to iwareta.
jouhou ga chito hurukatta youde…
Shouhugai datta rashii.
imawa betsu no tokoro ga aru.
shouhugai de naku,sake ga arutokoro.
asu kara hokubu no indo kokkyou no machi ni iku yotei.

関連記事

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

no image

バトルロイヤルに負ける

7月に紀伊国屋新宿本店で行われていた書店員オススメ本バトルロイヤルだが、 「ゴッドファーザー」の続編

記事を読む

no image

王様のブランチ

妻は早起きして一昨日から通っている浦安市の災害ボランティアに出かけていたので、 9:30にひとりで「

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

犬連れ旅はつづく

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。 いわき市と南

記事を読む

no image

カメの肛門問題

水泳仲間(というか先輩)で獣医師のKさんが ときどき私の本を読んで、専門家の立場から意見を言ってくれ

記事を読む

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

Comment

  1. ローマ字変換職人 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.3) Gecko/20090824 Firefox/3.5.3 (.NET CLR 3.5.30729)
    — バングラデシュ —
    バングラデシュの首都、ダッカにいる。
    20年前のカルカッタをもっと大きくしたようなすごい街だ。
    自転車がひっぱるサイクルリキシャが数え切れないほど
    走っているところは
    他にないだろう。
    バスはボロボロ。
    平気で他のバスとぶつかって、こすりあっている。
    北海道の1.5倍の土地に1億3千万の人が住んでいるのだから
    ともかく人が多すぎるのだ。
    今日は私も森もリキシャに軽く轢かれた。
    謎のハッピーストリートを探したが、
    「それは20年前になくなった」といわれた。
    情報がちと古かったようだ...
    娼婦街だったらしい。
    今は別のところがある。
    娼婦街でなく、酒があるところ。
    明日から北部のインド国境の町に行く予定。

  2. 昼寝カワウソ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.14) Gecko/2009082707 Firefox/3.0.14 (.NET CLR 3.5.30729)
    どこのどなたか,存じませんが,
    ローマ字変換人さん,助かっております。
    特に,今回のようなまとまった量のときには。

  3. 会長 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; Google Wireless Transcoder;)
    職人さん、本当に助かります!ありがとうございます!

  4. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/india/coochbehar.html
    印孟国境といえば国境が複雑に入り組んでいて飛び地だらけなので有名ですよね。
    インドの中のバングラの中のインドや、バングラの中のインドの中のバングラのようなところもあり、かつての藩王国の領地を律儀に国境にした結果だとか。
    フェンスに囲まれた住民にとっては不便極まりないし、宗教も絡んで住民同士の紛争の火薬地帯でもあるので、何とかなるといいんですけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PREV :
腱鞘炎
NEXT :
mission complete
no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年11月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑