*

念願かなってモガディショ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今から十数年前だから、1990年代半ばか後半くらいだろうか。
ヨーロッパか中東かアフリカか忘れたが、飛行機でたまたま隣に座った人がモガディショに住むソマリ人のビジネスマンだった。
ソマリ人に会ったのもそれがはじめてだったし、モガディショに住んでいるということが
驚きだった。
当時すでに無政府状態というか「リアル北斗の拳」状態で知られていたからだ。
でもその人は「武装の護衛をつければ安全だよ」とこともなげに言った。
「どこが安全なんだよ、どうかしてんじゃないか」と思っていたのだが、今まさにそういう状態で私はモガディショに来てしまった。
別に危険をおかしに来たわけではぜんぜんない。
いくらソマリランドが旧ソマリアと絶縁したといっても、やっぱりモガディショはソマリ諸国最大の都市にちがいなく、内戦も諸国独立もすべてはモガディショに端を発しているのだから、やっぱり一度見てみたい。
ソマリ人の誰もが「昔はアフリカのローマと呼ばれたすばらしい大都会だった」ともいうし。
かくして、念願かなって感無量なわけだが、町は人とモノと動物(牛、ロバ、ヤギ、ラクダ)にあふれ、活気に満ちていて、
外からの悲惨なイメージの落差に驚かされる。
その意味ではアフガニスタンのカブールとそっくりだ。
だが、明らかにカブールより緊張の度合いは断然こちらが上で、町は兵隊だらけだし、泊まっているホテルのすぐそばでもときおり激しい銃声が聞こえる。
でも、誰もそれに気を止める様子もなく、ふつうに暮らしていて、二日たった今でもまだ何がどうなっているのかよくわからない。
念願がかなったのはいいが、セキュリティ対策の費用があまりに莫大で参っている。
なんだか、拉致されたときの身代金を前もって分割で払っているような錯覚すら感じる。
もう所持金がいくらも残っていない。
そういう意味でも取材を済ませてなるべく早く脱出したいところだ。

関連記事

no image

パレスチナの悲劇は世界の元気か

 今日こそアラファトとパレスチナについて辺境的な感想を一言書きたい。 十年ほど前、中国の大連にしばら

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

タイの懐メロを熱唱してしまう

こちらに来て初めて飲み会に行った。 「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポー

記事を読む

no image

日本浄土

 最近手元に置いて、仕事が手につかないとき、 つまりしょっちゅう、ページをめくるのは 藤原新也『日

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

タマキングの原点はここにあった!

週末、書店でのトーイベントのため大阪に行ってきたのだが、実に楽しかった。 なにしろ、朝は杉

記事を読む

no image

「メモリークエスト」第2部開始!

前代未聞の珍企画「メモリークエスト」がいよいよ第2部に突入した。 一年間で集まった26の依頼のうち、

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

最近であった美味いもの・その1と2

最近、出会った美味いものを思いつきで並べてみたい。 その1、福井県の銘酒「花垣」、しかも純

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「リアル北斗の拳」って…もはや地球のハナシと思えない。「金の切れ目が命の切れ目」とかギャグを言える状況ではないようですね><。ご無事を祈っています。

  2. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; YTB730)
    リアル北斗の拳ってことは高野さんがケンシロウ?ラオウかな?
    それとも護衛に守られているからユリヤ?

  3. 高野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; InfoPath.2)
    今は「リアル北斗の拳」状態ではありません。
    普通のソマリ人の住民はごく普通に暮らしています。
    戦闘もないし。
    ただ、外国人は常に拉致の対象になるので、注意が払われているだけで。
    あと、地区によっては、見知らぬ車が入ってくると地元の氏族の民兵がとりあえず銃撃してくるので、うかつに入れないということはあります。

  4. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「とりあえず銃撃」!今までで最もイヤな「とりあえず」だ!地元の人達が普通に暮らしているのは何よりですね。

  5. 旅哲 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
    最近貴殿の本を5冊ほど拝読。イスラム飲酒紀行も読みました。1984年から1985年にかけてソマリアを3回訪問合計4+ヶ月モガデシュオに滞在しました。まだ政府が存在していた頃です。国営のジュバ・ホテルと云うところに滞在していました。もう存在してないとは思いますが。ホテルの一階にドルショップがあり外貨で酒が買えました。ホテルの部屋の天井の四隅に穴が開いておりネズミに出入りしていたのをよく覚えています。旧イタリア領のせいか食事は美味しかったと記憶してます。浜辺にあったイタリア料理レストランにもよく行きました。1回目の渡航ルートはアブダビからソマリア航空で、ベルべラ?経由で入国。2回目は香港から南ア航空でセイシェルに泊まり、ケニヤ航空でナイロビ経由で入国。3回目はソマリア航空でフランクフルトからローマ経由で入国。大昔の話ですね。モガデシュオは日本でいえば村のような規模の所でした。海岸に屠殺場から血が流れいるので鮫がいるとのことで遊泳は出来なかった記憶しています。長々と私的なことを書き込んでしまいましたがご容赦下さい。無事の帰国を祈ってます。

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_3_3 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8J2 Safari/6533.18.5
    えー、内戦前のソマリアにそんなに行かれてるんですか⁉
    めちゃめちゃ貴重な体験ですよ!
    当時は「アフリカのローマって言われてたんだ」と
    年配の人が得意げに言ってます。
    私も見てみたかったですね、ほんとに。

  7. 旅哲 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
    “アフリカのローマ”とは大法螺ですね。去年シシリーに行く途中、初めてローマ市内に1泊しましたが。
    イスラム飲酒関連で小生の経験を一つ。1985年2回目のソマリア訪問の帰途、スーダンに立ち寄ることになり、テレックスでスーダン出張中の同僚と連絡を取り合っていたのですが、ある日突然通信不能となり、その後BBCでスーダンでクーデターが起こったことがわかりました。2週間後ナイロビ経由でスーダンに入ったのですが、最初に着陸したのが最近独立した南スーダンのJubaと云う町でした。ここからハルツームまでは乗っていた飛行機が国内便になり、ハルツームの国内便の空港に到着となりました。出迎えの同僚が国際便ロビー待っていたので、出会うまで1時間以上要しました。その後ハルツームから南に200キロほど下ったWad Madaniというところに一週間ほど滞在したのですが、ここでヤシ酒を飲みました(当時スーダンは禁酒国でした。)。少しどろっとしていて、臭味があり、お湯割りで飲んでいました。夜、現地の人がこっそりと売りにくるのですが、あまり安くはなかったと記憶してます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑