*

新しい探検部の部室とゴリラ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。
数年前に建てられたわりと新しい建物だ。
この新しい学生会館建設と同時に、探検部の部室もこちらに移ったと聞いていたが、
行ったことはなかった。
せっかくなので、帰りに寄ってみる。
部屋はもちろん新しいし、ドアの開閉がカード式になっていたりしていたが、
全体的には部屋の大きさや形がそっくりだし、装備や古い資料があふれて臭いし、
ちらかっているし、雰囲気は不思議なほど昔の部室に似ていた。
看板も昔のままだ(写真・下)。
感動したのは、私が第4回目のコンゴ行きのとき、もって帰ってきたゴリラの頭蓋骨でできた呪術道具がそのまま置いてあったこと(写真・上)。
いや〜、懐かしい。
そのまますっとここに戻れそうな自分がちょっとコワイ…。

関連記事

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

ニュースゼロ&イベント&アスクル

まずはお知らせから。 明日、日本テレビのニュースゼロで、私の知り合いのフリージャーナリスト、 大津司

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』、出版間近?!

『ワセダ三畳青春記』の韓国語版カバーなるものが集英社から送られ、驚く。 マジで出版する気らしい。

記事を読む

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

ニムラの時代到来&ツバルは沈まない

本日(9月21日)朝日新聞の朝刊11面にて、「明日来る」のトップバッターにして 私をブータンに送り込

記事を読む

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

なぜか東金経由アフリカ行き

言い忘れていたが、出発は二日遅れて、今日になっていた。 ところが突然、千葉の東金に現地の事情をよく知

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ゴリラの頭蓋骨!
    そんなもの持ってきたんだ。
    いいなあ、オレも欲しいなあ。
    つーか、ここで公表しちゃうと、マズくねえ?
    どうやって通関したんだろう。
    ま、隠してだろうけど。
    もう時効?
    だけど、ワシントン条約なんて、各国の軍艦保有量規制だけで沢山だ。
    また、ゴリラやチンパンジー喰いてえなあ。
    生きるために「喰う」ことに、ゴリラもクジラも、ブタもウシも、
    なんの違いがあるのだろうか?
    そのうち「屋久ザル」を持っていきますから、鍋しましょう。
    ところで最近、20代の駒大探検部後輩がウチを尋ねてきた。
    懐かしいと同時に、今だにオレたち(含、高野氏)バカなんだなあ、
    と実感しました。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    野々山さんたちと一緒に行った(つまり「ムベンベを追え」で書いた)遠征のとき、ボア村のヴィクトールに「記念だ」と言って、ヤリの穂先をもらったんですが、成田で「銃刀法違反だ」と没収されたということがありました。
    錆びだらけだし、刃もないし、貴重な民族学的財産なのに。
    あれが銃刀法違反なら、金物屋で売ってる出刃包丁はどうなるんだ?!
    バカなんじゃないか、税関。
    えらくムカついて、「絶対リベンジしてやる!」と思い、その次に一人で行ったとき、コンゴ第二の都市ポワント・ノワールの道端でゴロゴロ売っていたゴリラの頭蓋骨を買って、ザックの奥底に隠して旅をつづけ、最後に無事成田の税関を通過。
    リベンジ、成功!
    でも部室で取り出したら、「よくこんな不気味なものとずっと一緒に寝泊りしてたなー」と呆れられたけど。
    屋久ザル、食いたいですね。
    脳みそをひさしぶりにほじくりたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑