*

帰国しました。

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

やっとモガディシオを脱出し、帰国した。
と言っても、ソマリランドだけど。
でも、プントランドとモガディシオの旅からハルゲイサに戻ると、本当に「帰ってきた!」という気がする。
何より感動的なのは、護衛の兵士をつけずに町を歩けること。
てうか、一人でどこにでも行けて、誰とでも話せるのだ。
一人で好きなときに葉っぱを買いにも行ける。
人に頼むと、「毎日やるのはよくない」と説教されたり、「私は葉っぱをやらないからよくわからなくて」と質のよくないものを買ってきたりするから、
できれば自分で買いに行きたいのだ。
すんばらしい!
あまりにハッピーで安心しすぎて、残りの全財産が入った財布とか携帯とか、いろんなものをなくし、大騒ぎしては
周りの人を困らせているくらいだ。
幸い、みんな見つかっているからいいけど、気を抜きすぎである。
今、実はもう所持金が尽きている。通訳への支払い(けっこうな額)を待ってもらっていて、なんとか生活している。
やむをえず、欧米圏に住む親戚に送金をたのんだ。(日本からはできない)
カネもないのに葉っぱに明け暮れ、そのカネは外国の親戚に頼む。
これはソマリランド人の生活そのままで、このままここに暮らすのも悪くないな、なんて思っている。
(シドニーのお姉さん、あくまで冗談ですよ。葉っぱは控えるので、送金よろしくお願いします‼)

関連記事

『恋するソマリア』装丁公開

ついに1月26日刊行の『恋するソマリア』(集英社)がAmazonでもカバーと詳細情報がアップされ

記事を読む

no image

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。 「スローに生きよ」 そういう声が聞こ

記事を読む

no image

きっと名人

金曜日の晩に飲みすぎ、土曜日は夕方まで倒れていた。 気持ちわるいまま、なかのゼロホールに行き、柳家三

記事を読む

『アヘン王国潜入記』ほか4点が電子書籍化

今ツイッターを見たら、私の本が4冊、電子書籍として紀伊國屋電子書籍ストアで販売開始されたというツ

記事を読む

no image

ハサミ男、驚愕のラスト

前々から気にはなっていたが、読んでいなかった殊能将之『ハサミ男』(講談社文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

読書がすすむ

最近ずっと、あまり実にならない取材が続いている。 西へ東へうろうろしているが成果はこれといって、な

記事を読む

no image

どっちなんだ、奥泉光?

奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)。 前回とはうって代わり、

記事を読む

no image

ついに文庫1位、総合3位!

「異国トーキョー漂流記」フェアで突っ走るブックストア談 浜松町店。 今日、5月1日〜7日までの売上げ

記事を読む

no image

ナカキョー、直木賞を受賞

私が前々から熱烈に推薦するナカキョーこと中島京子さんが 『小さいおうち』(文藝春秋)で直木賞を受賞

記事を読む

no image

一時帰国

イスタンブールから飛行機内と空港で二泊三日し、 やっと東京に着いた。 いろんな意味で長く感じられた旅

記事を読む

Comment

  1. 旅哲 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
    高野さん、無事帰還おめでとうございます。通訳って、英語とソマリア語ですか?モガデシュオ以外は滞在したことないのですが、某インフラ関連の計画の仕事をしたので、ハルゲイサ、ベルべラ、キスマイヨ等々ソマリアの地方都市(多分村の規模)の名前が懐かしく思えます。私もあの頃は知らない土地に行くことにワクワクしてました。

  2. takita より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さん、ソマリアは現状1人で旅行に行ってもへいきな感じですか?
    ビルマとどっちにしようか迷っているんですが

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_3_3 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8J2 Safari/6533.18.5
    ソマリアに1人で行くなんてとんでもないです。
    空港を出て五分で拉致されるかもしれない。
    まあ、モガディシオの場合、現地の案内人と護衛の兵士数名が用意されてなければ、入国を拒否されますけどね。
    ぜひ平和で楽しいビルマへ行って下さい。
    あ、もし「ソマリランド」のことをおっしゃっているのなら、
    大丈夫です。
    でも、なんせ未確認国家だし、相手はソマリ人だし、
    普通の国に行くより苦労するのは覚悟して下さいね。

  4. takita より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_3_5 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8L1 Safari/6533.18.5
    ありがとうございます。拉致だと目的と違うので諦めます。
    ランドは更に目的から離れるので。
    ビルマにします。
    ありがとうございました…

  5. Tak より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_5 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8L1 Safari/6533.18.5
    あ、ビルマは平和で楽しいんですね…
    危険で死と背中合わせの国はありませんか?
    躁鬱病なのでそういうところで野垂れ死したいのです。

  6. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; GTB7.1; YTB730; .NET CLR 1.1.4322)
    高野氏へのメールのおへんじなし

  7. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:5.0) Gecko/20100101 Firefox/5.0
    いたいだいたメールには基本的にお返事しています。
    もしかしたら、見過ごしているのか、私か機械かが間違って
    削除してしまっているのかもしれません。
    あるいは単純に届いていないとか(たまにあります)。
    もう一度、メールをいただければ幸いです。

  8. 榊秀親 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; BTRS26718; GTB7.1; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; OfficeLiveConnector.1.5; OfficeLivePatch.1.3; .NET4.0C; InfoPath.2)
     「あまりにハッピーで安心しすぎて、残りの全財産が入った財布とか携帯とか、いろんなものをなくし(中略)幸い、みんな見つかっている」って、結構凄い事ですね。現地人が届けてくれたのか、高野さんが見つけたのかはわかりませんが、落し物を見つけるまでに誰もネコババしないというのは、世界的に見ても珍しいのではないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑