*

帰国しました。

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

やっとモガディシオを脱出し、帰国した。
と言っても、ソマリランドだけど。
でも、プントランドとモガディシオの旅からハルゲイサに戻ると、本当に「帰ってきた!」という気がする。
何より感動的なのは、護衛の兵士をつけずに町を歩けること。
てうか、一人でどこにでも行けて、誰とでも話せるのだ。
一人で好きなときに葉っぱを買いにも行ける。
人に頼むと、「毎日やるのはよくない」と説教されたり、「私は葉っぱをやらないからよくわからなくて」と質のよくないものを買ってきたりするから、
できれば自分で買いに行きたいのだ。
すんばらしい!
あまりにハッピーで安心しすぎて、残りの全財産が入った財布とか携帯とか、いろんなものをなくし、大騒ぎしては
周りの人を困らせているくらいだ。
幸い、みんな見つかっているからいいけど、気を抜きすぎである。
今、実はもう所持金が尽きている。通訳への支払い(けっこうな額)を待ってもらっていて、なんとか生活している。
やむをえず、欧米圏に住む親戚に送金をたのんだ。(日本からはできない)
カネもないのに葉っぱに明け暮れ、そのカネは外国の親戚に頼む。
これはソマリランド人の生活そのままで、このままここに暮らすのも悪くないな、なんて思っている。
(シドニーのお姉さん、あくまで冗談ですよ。葉っぱは控えるので、送金よろしくお願いします‼)

関連記事

no image

出発

昨日、関係のない映像を観ていたおかげで 結局、かぎりなく徹夜に近くなってしまった。 死ぬほど眠い。

記事を読む

no image

また見つかったらしい

友人に教えてもらって知ったのだが、インドネシアでまたシーラカンスが見つかったようだ。 漁師の手に抱

記事を読む

no image

「イスラム飲酒紀行」気持ちは早くも第2弾

今月25日に発売予定の新刊『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の予約受付がアマゾンで始まった。 なぜかわ

記事を読む

no image

グレート関野6歳説

 探検部の大先輩であるグレートジャーニーの関野吉晴略して「グレート関野」に会い、都内某所にある秘密ス

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

飲み放題トークイベント

一昨日、神保町に行ったら、いつの間にか東京堂書店が2軒とも様変わりしていた。 一件は女性のファッシ

記事を読む

no image

『均ちゃんの失踪』文庫解説

最近、ここで読書紹介が激減しているのは、あれやこれやと雑多に手を広げすぎているせいもあるが、一つに

記事を読む

no image

月刊日本語

日本語教師やそれを目指す人向けの雑誌「月刊日本語」(アルク)のインタビューを受ける。 担当の編集者

記事を読む

no image

ディズニーランド・デビュー

宮田珠己との「タカタマ対談」第3弾はなぜか東京ディズニーランドで。 以前「世界で行きたくない場所は

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

Comment

  1. 旅哲 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
    高野さん、無事帰還おめでとうございます。通訳って、英語とソマリア語ですか?モガデシュオ以外は滞在したことないのですが、某インフラ関連の計画の仕事をしたので、ハルゲイサ、ベルべラ、キスマイヨ等々ソマリアの地方都市(多分村の規模)の名前が懐かしく思えます。私もあの頃は知らない土地に行くことにワクワクしてました。

  2. takita より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さん、ソマリアは現状1人で旅行に行ってもへいきな感じですか?
    ビルマとどっちにしようか迷っているんですが

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_3_3 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8J2 Safari/6533.18.5
    ソマリアに1人で行くなんてとんでもないです。
    空港を出て五分で拉致されるかもしれない。
    まあ、モガディシオの場合、現地の案内人と護衛の兵士数名が用意されてなければ、入国を拒否されますけどね。
    ぜひ平和で楽しいビルマへ行って下さい。
    あ、もし「ソマリランド」のことをおっしゃっているのなら、
    大丈夫です。
    でも、なんせ未確認国家だし、相手はソマリ人だし、
    普通の国に行くより苦労するのは覚悟して下さいね。

  4. takita より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_3_5 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8L1 Safari/6533.18.5
    ありがとうございます。拉致だと目的と違うので諦めます。
    ランドは更に目的から離れるので。
    ビルマにします。
    ありがとうございました…

  5. Tak より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_5 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8L1 Safari/6533.18.5
    あ、ビルマは平和で楽しいんですね…
    危険で死と背中合わせの国はありませんか?
    躁鬱病なのでそういうところで野垂れ死したいのです。

  6. より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; GTB7.1; YTB730; .NET CLR 1.1.4322)
    高野氏へのメールのおへんじなし

  7. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:5.0) Gecko/20100101 Firefox/5.0
    いたいだいたメールには基本的にお返事しています。
    もしかしたら、見過ごしているのか、私か機械かが間違って
    削除してしまっているのかもしれません。
    あるいは単純に届いていないとか(たまにあります)。
    もう一度、メールをいただければ幸いです。

  8. 榊秀親 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; BTRS26718; GTB7.1; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; OfficeLiveConnector.1.5; OfficeLivePatch.1.3; .NET4.0C; InfoPath.2)
     「あまりにハッピーで安心しすぎて、残りの全財産が入った財布とか携帯とか、いろんなものをなくし(中略)幸い、みんな見つかっている」って、結構凄い事ですね。現地人が届けてくれたのか、高野さんが見つけたのかはわかりませんが、落し物を見つけるまでに誰もネコババしないというのは、世界的に見ても珍しいのではないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑