*

帰国しました

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨夜遅くに帰国した。
東京は寒いが、きりっと晴れて気持ちがいい。
ユーフラテス河は、ここで書いたかどうかも憶えてないが、
カヌーで川下りをしようと思い立ち、下見に行ったのだった。
結果からいえば、シリアは公安の監視が厳しく、かぎりなく不可能に近い。
他人とちょっとでもちがうことをすると密告、拘束される国だとわかった。
いっぽう、トルコ東部はこれと言った問題はなさそうだ。
唯一の問題は私がカヌーの漕ぎ方をほとんど知らないということくらいだ。
ちなみに、今回、時間があったので死海に行った。
塩分濃度が高いため、誰でもぷかぷか浮くという、超観光地だが、
これが思いがけず楽しかった。
ぷかぷか浮くどころか、ワインをボトルからグラスに注ぐこともできる。
浅いところに座っているように見えるが、ちゃんと浮いている。
あと、身体が浮くからすごくうまく泳げると思ったら、とんでもなかった。
体がまるで発泡スチロールのよう軽いので、クロールでもバタフライでも
頭がどうしても上に浮いてしまうのだ。
そして水はめっぽう重い。
水面から弾き返されるような異常な感触に、パニクってしまった。
逆に顔を出してクロールや平泳ぎをやると、かえって前につんのめって顔が水に潜ってしまうという珍現象が起きる。
いろいろ試したが、とりあえずは水をあまりかき回さなくて済む「台湾バック」が
唯一まともに進むことができた。
もしオリンピックの水泳が死海で行われるようになったら、
水泳というものが全く別のものになるだろう。
ところで、宮田珠己部長は名著『旅の理不尽』(ちくま文庫)で
「死海では肛門が痛くなる」と書いていたように思うが、まったくそんなことはなかった。
あれは一体何だったのだろう。
(写真:トルコのユーフラテス河のそばで羊の群れを撮影する森清)

関連記事

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

気仙沼産かじき

土曜日、スーパーに買いだしに行ったら、気仙沼産のかじきの切り身が売っていた。 しかも半額。 買ってき

記事を読む

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

可哀想なレビュアーの話

角田光代の『紙の月』(角川春樹事務所)を読んでから、アマゾンのレビューを見た。 「駄作です」という

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

だめだめスウェーデン刑事小説

ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)を読む。 「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリー

記事を読む

no image

パキスタン航空おそるべし

6月23日売りの雑誌「TVBros」は、なぜか人気エアライン・ランキングが特集。 私も頼まれて、「機

記事を読む

カーンとハーン

「すごくおもしろそう」と妻が買ってきたインド映画「マイネーム・イズ・ハーン」。  DVDの表紙を見

記事を読む

Comment

  1. 井原美紀 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    お帰りなさいませ\(^o^)/
    死海で痛くなるのは、そこに炎症がある場合です。
    でも、死海に浸かっていれば治るという噂も。
    死海で泳いだあとうっかり目をこすったりすると激痛ですよねえ・・。
    来年、3度、行きます!

  2. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.15) Gecko/20101026 Firefox/3.5.15
    ということは宮田さんの肛門に炎症があったということですね(笑)。
    くふふふ。

  3. すえざわ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    なるほど。相変わらず痔を引きずっている私の肛門が通りで痛くなったわけです。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    そういうことだったのか!!
    スエッチ、まだ炎症があったのか。
    現場では「痛い」なんて一言も言ってなかったが(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑