*

帰国しました

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨夜遅くに帰国した。
東京は寒いが、きりっと晴れて気持ちがいい。
ユーフラテス河は、ここで書いたかどうかも憶えてないが、
カヌーで川下りをしようと思い立ち、下見に行ったのだった。
結果からいえば、シリアは公安の監視が厳しく、かぎりなく不可能に近い。
他人とちょっとでもちがうことをすると密告、拘束される国だとわかった。
いっぽう、トルコ東部はこれと言った問題はなさそうだ。
唯一の問題は私がカヌーの漕ぎ方をほとんど知らないということくらいだ。
ちなみに、今回、時間があったので死海に行った。
塩分濃度が高いため、誰でもぷかぷか浮くという、超観光地だが、
これが思いがけず楽しかった。
ぷかぷか浮くどころか、ワインをボトルからグラスに注ぐこともできる。
浅いところに座っているように見えるが、ちゃんと浮いている。
あと、身体が浮くからすごくうまく泳げると思ったら、とんでもなかった。
体がまるで発泡スチロールのよう軽いので、クロールでもバタフライでも
頭がどうしても上に浮いてしまうのだ。
そして水はめっぽう重い。
水面から弾き返されるような異常な感触に、パニクってしまった。
逆に顔を出してクロールや平泳ぎをやると、かえって前につんのめって顔が水に潜ってしまうという珍現象が起きる。
いろいろ試したが、とりあえずは水をあまりかき回さなくて済む「台湾バック」が
唯一まともに進むことができた。
もしオリンピックの水泳が死海で行われるようになったら、
水泳というものが全く別のものになるだろう。
ところで、宮田珠己部長は名著『旅の理不尽』(ちくま文庫)で
「死海では肛門が痛くなる」と書いていたように思うが、まったくそんなことはなかった。
あれは一体何だったのだろう。
(写真:トルコのユーフラテス河のそばで羊の群れを撮影する森清)

関連記事

no image

『西南シルクロード』がなぜか増刷

驚いたことに、『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)が重版(増刷)になった。 刊行当初からさっ

記事を読む

帰国しました&怪談本

ミャンマー納豆取材旅行を終え、金曜日に帰国した。いつもは誰も知らないものを探す私だが、今回は「誰もが

記事を読む

no image

ペ・ヨンジュンが好きな理由=2位.肉体?

 早大探検部の後輩で、かつてワセダの同じアパートに住んでいた男と久しぶりに飲んだ。 彼はいまテレビの

記事を読む

no image

歯ブラシ40本

上海に住んでいる後輩のイシカワ(仮名)が一時帰国しており、 ワセダのアパートでビールを飲む。 彼は2

記事を読む

no image

朝鮮名探偵

amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。 特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。 私が人に配る

記事を読む

no image

なぜか東金経由アフリカ行き

言い忘れていたが、出発は二日遅れて、今日になっていた。 ところが突然、千葉の東金に現地の事情をよく知

記事を読む

no image

絶滅動物の生き残り?

さて、マリンダはいったいなにものなのか。 既知の現生哺乳類にはこんな動物はいない。 ところが、過去に

記事を読む

仕事の邪魔になる本を是非!

帰国するなり、仕事と雑務が山積。 って、最近いつも同じことを書いている気がする。 ちょっと前

記事を読む

no image

片野ゆか「愛犬王」発売

妻・片野ゆかによる本年度小学館ノンフィクション大賞受賞作『愛犬王 平岩米吉伝』(小学館)がようやく上

記事を読む

no image

大分→東京→ソウル

以下、ほぼ業務連絡。 昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、 昼は暑さに驚き、夜は

記事を読む

Comment

  1. 井原美紀 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    お帰りなさいませ\(^o^)/
    死海で痛くなるのは、そこに炎症がある場合です。
    でも、死海に浸かっていれば治るという噂も。
    死海で泳いだあとうっかり目をこすったりすると激痛ですよねえ・・。
    来年、3度、行きます!

  2. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.15) Gecko/20101026 Firefox/3.5.15
    ということは宮田さんの肛門に炎症があったということですね(笑)。
    くふふふ。

  3. すえざわ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    なるほど。相変わらず痔を引きずっている私の肛門が通りで痛くなったわけです。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/7.0.517.44 Safari/534.7
    そういうことだったのか!!
    スエッチ、まだ炎症があったのか。
    現場では「痛い」なんて一言も言ってなかったが(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 一日中、外で取材やら何やら。移動と待ちが長かったため、長編小説が読めた。奥田英朗著『罪の轍』(新潮社)。いやあ、奥田さんのデビュー作にして名作『最悪』を思い出してしまった。こんなに興奮して小説のページをめくったのは久しぶり。仕事で読書を中断するのにちょっとむかついたほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 誘ったら喜んで来るんじゃないかな。でも奴はしゃべりすぎてうるさいよ(笑) ReplyRetweetFavorite
    • 私の使う端末やネットアプリなど、次々と不可解な理由で誤作動、不具合、故障などを連発することから、私は「逆ITミダス王」と呼ばれている。ミダス王とは触るものがみなゴールドになった王様のこと。で、今回はLINEが機能しなくなり、全面的… https://t.co/Xj5nju8BCb ReplyRetweetFavorite
    • 世界でも稀な動物用の義肢装具士の記事。現代の探検とはこういうことを言うのかもしれない。 https://t.co/TcrVKIohuG ReplyRetweetFavorite
    • 実に面白い記事。私も視覚障害者の友人(アブだけど)と一緒にいると、ときどきこういうことが起きる。 https://t.co/w0Allu5S1q ReplyRetweetFavorite
    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑