*

落語界の奇才、小説もいけるのか!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

春風亭昇太がリーダー役を務める創作話芸アソーシエーション、略してSWA。
私は昇太さんの独演会も好きだが、このSWAも大好きで、3回行ったことがあるし、
DVDも2枚とも持っていて、何度も見直している。
昇太さんはもちろん、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、柳家彦いち…の4人全員が、
みんな、それぞれ全くちがった個性を持ちつつ、誰が誰より上とも言えないハイレベルを保っている。
ところが最近ではチケットが全然入手できない。
この前など、10時の販売開始と同時にネットにつなごうとしたが、まったくダメで、
しかたなく5分後に電話をかけたら、こっちは一発でつながった!と喜んだ直後、「売り切れました」と言われてしまった。
諦めていたところ、たまたまNHK-BSの「エル・ムンド」という番組に出たとき、
一緒に出演していた彦いちさんにSWAに行きたくても行けないとこぼしたら、
「そんなの、私に言って下さいよ!」と、なんと11月のチケットをとってくれた!
久しぶりに観た(聴いた)SWAはよかった。
「古典アフター」というDVDで観たのと同じネタだが、生で聴くと声のとおりが全然ちがい、
はあ…と嬉しいため息が出た。
中でも、喬太郎さんの「本当は恐い松竹梅」は出色である。
粗忽ものの落語を単なるパロディではない本格ミステリに落とし込んでしまう手管には
あらためて脱帽した。
これを聴くと、ミステリにも会話と人物造形、話の流れなど全てにわたり古典落語とそっくりの「型」があり、
ミステリファンというのは、半分くらいは謎ではなくその型を楽しんでいることがよくわかる。
これはぜひ「SWAのDVD2 古典アフター」でご覧いただきたい。
終演後に彦いちさんにご挨拶に行ったところ、
楽屋で後片付けをしている白鳥さんと喬太郎さんにも紹介していただいた。
びっくりしたことに白鳥さんは私を見て、「え、あの、怪獣の人?!」と言うではないか。
ムベンベとか読んでくれていたらしい。
まあ、考えてみれば、異常な動物ネタを得意としている人だから、未知動物にも目が行って不思議でない。
あとで昇太さんも、「白鳥クン、やっぱり高野クンのを読んでいたか」と笑っていた。
で、前置きは長くなったが、本題はこれから。
この会ではホールで白鳥さんの「小説」が販売されていた。
『ギンギラ☆落語ボーイ』(論創社)。
小説に期待するというより、あの奇才が小説という別の器でどう話を作るのか
というところに興味があった。
主人公はパッとしない二つ目の若手落語家で、話し言葉は「俺」で、
自信家でぶっきらぼう…
と、なんだか佐藤多佳子の「しゃべれどもしゃべれども」みたいだ。
小説自体はすごくうまい。文章にしても描写にしても、
それこそ佐藤多佳子や山本幸久を彷彿させるほどで
プロの小説家の基準を軽くクリヤーしている。
ていうか、私よりは少なくともうまい。
うまいんだけど、物足りない。
白鳥さんの落語と正反対だ。
白鳥さんの落語はうまくないわけじゃないけど、うまいかどうかを考えさせないほど
ぶっ飛んでいる。そして面白い。
…て思っていたのだが、立川流をモデルとしているとおぼしき、尖った落語家が現れてから、急にテンションがあがってきて、主人公が中国人マフィアに拉致されるところで
完全に落語並みの「白鳥ワールド」。
中国人マフィア? 拉致?
序盤に手堅くやっていたのは何のためだったのかさっぱりわからないのだが、
これがすごい。
荒唐無稽になればなるほど主人公の心情にリアリティが出てくる。
正直粗くなるし、うまいとは言えないが、もはやうまいとかうまくないとか
そんなのはどうでもいい世界。
でも面白い。これぞ小説の醍醐味!という感じだ。
しかもしかも、ラストに主人公が「時そば」をやるところでそれが三重にリンクするという荒技というか離れ業。
うまいかどうかじゃないんだということをこれ以上うまく訴える方法があるのか。
いや、もう感服しました。
白鳥師匠、さすが大学時代に空手部と童話研究会にいただけある。
あ、いや、そんなこと関係ないか。
ともかく、今年読んだ小説の中ではベスト3に入る気すらして、
白鳥さんには次回、ぜひ怪獣モノの落語と小説の両方をやっていただきたいです。
あ、それから「SWAのDVD」(1のほう)では、彦いちさんの「掛け声指南」が最高。
タイ人のボクシングトレーナー、ムアンチャイの「ガンバレー!」が今、私の中でずっとブームである。

関連記事

no image

エンタメノンフ三銃士!!

びっくりした。 杉江さんの「炎の営業日誌」を見たら、 2月20日、ジュンク堂で「内澤旬子、高野秀行、

記事を読む

no image

偉いのは荻原井泉水

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。 吉村昭のドラマチック性を

記事を読む

no image

無許可チムスルウォンとは何か

『腰痛探検家』の韓国語版(パク・スンヒ訳、Bookie出版)が刊行されたらしい。 韓国で本を読

記事を読む

no image

新刊『アジア未知動物紀行』が発売

新刊『アジア未知動物紀行』(講談社)があさって、つまり2日に発売となる。 ある意味で私の未知動物探索

記事を読む

no image

韓流「三畳記」?!

1週間ほど、ロシアに行って来た。 帰りはちょうどエリツィンの葬儀とかち合ってしまい、空港とアエロフロ

記事を読む

no image

歴史は水で割るべからず

ゲストハウスのそばのソイ(路地)で、カバーにムエタイのポスターをびっしり貼った屋台を見かけた。

記事を読む

no image

サハラから八王子へ

やっとサハラマラソンの原稿が終わった。 どういう形になるかわからないが、本の雑誌の杉江さんに渡してお

記事を読む

no image

アスクル予約開始

いつの間にか、『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社、通称「アスクル」)が アマゾンで予約がはじ

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

no image

新年あけましておめでとうございます

昨年の出版界は、一般社会に輪をかけた未曾有の大不況だったようである。 その影響は直接間接に私のところ

記事を読む

Comment

  1. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.1 (KHTML, like Gecko) Chrome/14.0.835.202 Safari/535.1
    大事なことを言い忘れた。
    なんとも残念なことに、SWAは今年でもう解散です。
    さよなら公演はまだチケットがあると数日前に聴きました。
    あ、私も早く予約しないと!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑