*

高野秀行プロデュース第2弾! エンタメノンフ最終兵器登場。

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

もう高野本やこのブログの読者のみなさんにはお馴染みだと思うが、私の古い友人でスーダンから来た盲目の留学生アブディンが、本日ようやくポプラビーチでエッセイの連載をスタートした。

題して「わが盲想」。アブ本人の強い希望による。

思えば長い道のりだった…とつい遠い目をしてしまう。
彼の文章を読み、「こいつは作家になるしかない!」と思ったのはもう5年か6年前のことだった。

その後、「何でもいいから何か書けよ」と言うと、スーダンでの家族の思い出とか日本に来た当初のこととかを
三つか四つ、書いて送ってきた。それは素晴らしい出来だった。

私はそれを当時、集英社文庫で私の担当をしてくれていた故・堀内倫子さんに見せた。
彼女は嫌がる私を説得して「ワセダ三畳青春記」や「異国トーキョー漂流記」などを書かせ、
また物語の作り方や描写の仕方まで本当に多くのことを教えてくれた腕利きだった。

アブの文章を見ると、案の定、堀内さんは「まさに金の卵ね!」と目を輝かせた。
堀内さんをアブに紹介し、その後は二人で構成を考えたり、ネタだしをしたりした。

アブがもたもたしているうちに、堀内さんは急逝してしまい、この話も流れてしまったが、
諦めきれない私は今度は自分がプロデュースして彼にノンフィクション大賞に応募させようと画策した。
とくに小学館ノンフィクション大賞をとらせて、賞金1000万円を山分けしようというひじょうにエキサイティングかつアグレッシブな挑戦である。

ワタル社長に協力を頼み、三人で企画構成を考えようと、アブのうちの近くのファミレスに集まることになったが、
アブはなんと1時間半も遅刻してきた。遅刻したうえに、「腹が減った」と言い、ゆっくりと昼飯を食べ出した。

「こいつはもう……!」と思ったことは忘れない。もっともそんなことは一度や二度ではなかったが。

ワタル社長と三人の打ち合わせは2回か3回行われたが、どうしてもある程度以上行かなかった。
「今、自分が別に何をやってるわけでもないし、ただの学生だし…」とアブが言う。
モチベーションが上がらないらしい。
よく考えてみれば、アブの物語はこの時点ではたしかに何もオチがない。
これで「やっと一人前の研究者として大学で職を得た」とか、「国連の親善大使に選ばれた」とか、「お笑い芸人としてデビューした」とかなら
話のもっていきようもあるが、そのときは何もなかった。
私はひじょうに現実的な人間なので、「これじゃ一千万円は無理だ。やめよう」と判断した。

で、一年半くらい前、ポプラ社のSさんが「アブディンさんに何か書いてもらえないでしょうか」と声をかけてきた。
ちょうど「困ってるひと」がウェブで連載中で、早くも大反響を呼んでいたころじゃなかったろうか。
これがまさにドンピシャのタイミングだった。
アブにはその頃、ついに人生の一つの「オチ」が着いていたからだ。

アブも作家になりたいという強い思いがあったら、いよいよ三度目の挑戦とあいなった。
そして本日、ついに陽の目を見ることになった。
感無量である。
そう電話でアブに告げたら、「いやあ、まだ芽が出ただけだからね。これから台風に襲われたり、鳥に食べられたりとかいろいろあるよ」と平気な口調で言う。

「おまえが言うな!」という感じである。

今回の連載第0回は前口上だが、それでもアブの文章センスは十分に伝わるはずだ。
まさに「エンタメノンフ最終兵器」。
「困ってるひと」と同等のインパクトを保証します。

関連記事

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

ネアンデルタール人の冬眠性って…

 ケリー・テイラー=ルイス著『シャクルトンに消された男たち』(文藝春秋)の書評を書く。  前に書いた

記事を読む

no image

ダウン症ドラマーのドキュメンタリー映画「タケオ」

飯田基晴『犬と猫と人間と』『あしがらさん』、土屋トカチ『フツーの仕事がしたい』と、 観た映画がすべて

記事を読む

no image

やさしい日本語

以前一緒にミャンマー新聞をつくっていて、今は難民認定を受けているミョウさんと 8年ぶりくらいに会う。

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

アブ&すぎえの寿司コント出演受付中

集英社文庫の担当編集者だった故・堀内倫子さんのお墓参りに行った。 講談社ノンフィクション賞受賞

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

本当の日本の辺境紀行

 角田光代『八日目の蝉』(中公文庫)はひじょうに面白い小説だったが、正直言って不倫だとか愛人の子をさ

記事を読む

no image

本当のオンリーワン

都内在住のソマリ人と会った。 名前は「優(すぐれ)」と書くので てっきり日本人向けに漢字を当てて書い

記事を読む

no image

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』(文藝春秋)を読む。 まあ、書き出しから文章がすばらしい。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    http://www.cdb.riken.jp/jp/04_news/articles/11/110210_pigmentosa.html
    を見て下さい。そう遠くない将来、アブディンの目が見えるようになるかもしれない。もっとも、そうなると、面白くない文章しか書けなくなるかも知れないですね。。でも、見られるようになった世界を書けば、もっと、おもろくなるかもしれません。

  2. nil より:

    オト中心のことば使いが奇しくもダジャレの達人(「それは日本のみなさんが子ども時代にお世話になった」・・・・って!)になるところがものすごくツボにはまります。
    鈴木孝夫さん・田中克彦さんと鼎談したらえらく面白いんじゃないでしょうか?

  3. SJ次郎 より:

    アブディンさんの文章を読ませて頂きました!なんか、素朴な中にユーモアと誠実さを感じました!
    早く次が読みたいです!
    FSでも大反響ですね!
    高野さんも、ピンチかな?なんてね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑