*

ふがいない僕は空を見た

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


窪美澄(くぼ・みすみ)『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を読む。
最初の「ミクマリ」という短篇で「女による女のためのR-18文学賞」という新人賞を受賞し、
そのあと続きを連作の形で書いたらしいが、
驚嘆のおもしろさだった。
これが新人なのだろうか。
今年読んだ小説の中ではベスト1だ。
世の中にはまだまだすごいやつがいる…。
     ☆      ☆     ☆
いつものようにドトールで仕事をしていると、向かいの席に座ったおじさんに
若者がつかつかと近寄った。
若者はおじさんにびったり顔をつけるようにして、何か言っている。
はじめ、私はおじさんがどこかの大学の先生で、若者が教え子の学生なのかと思った。
だが、どうやらちがうらしい。
おじさんは困惑している。赤の他人のようだ。
この時点で私には彼らの話し声はよく聞こえなかった。
すると若者は突然、ポケットからトランプを取り出して大きな声で言った。
「マジック、いいですか? マジック」
ドトールでトランプ手品を強要している若者。
あまりのシュールさに目が点になった。
だが、よく聞くと、日本語に訛りがある。
私は彼にこっちへ来いと声をかけ、「どこの人?」ときいたら「台湾」
「学生ですが今は夏休みでマジックの練習をしています」
なんでも昨日は原宿の道端でやっていたらしい。
「店の中で他のお客さんをマジックに誘うのはダメだよ」と言ったら、
「え、日本ではダメなんですか」と驚いていた。
台湾ではいいらしい。
ていうか、どうしてマジックなのかさっぱりわからないまま、若者は去っていった。

関連記事

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

紀伊國屋書店新宿南口店にてもう一つのトークイベント

渋谷の丸善&ジュンク堂書店でのトークイベントはもう定員に達したようです。 それに行けない方にお知ら

記事を読む

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

このくだらない本がすごい!

正月早々、高橋秀実『はい、泳げません』(新潮社、現在は文庫も出ている)を再読。 超カナヅチの秀実さ

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」終了

関西テレビ「未確認思考物隊」の収録が終了した。 深夜枠で裏番組に強力なライバル番組があるわりには ま

記事を読む

no image

モガディショで宮田珠己

ソマリランド&ソマリアでは、いろいろな理由で暇な時間がひじょうに長かった。 とくにソマリアの首都モガ

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.125 Safari/533.4
    エントリーに全然関係ありませんが、その後のワ国の状況を、現地に行った中国人が書き込んだ掲示板の内容を、日本語に訳した物が、安田峰俊さんのブログに載ってますよ。
    http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/e/7d61ab5168ff4134706cd7d24c940c83

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    エントリーに関係ありますが、自分も手品や知恵の輪を見せたがって、
    よく周りの人に敬遠さえれています。
     さすがに全く知らない人にはしませんけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑