*

ふがいない僕は空を見た

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


窪美澄(くぼ・みすみ)『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を読む。
最初の「ミクマリ」という短篇で「女による女のためのR-18文学賞」という新人賞を受賞し、
そのあと続きを連作の形で書いたらしいが、
驚嘆のおもしろさだった。
これが新人なのだろうか。
今年読んだ小説の中ではベスト1だ。
世の中にはまだまだすごいやつがいる…。
     ☆      ☆     ☆
いつものようにドトールで仕事をしていると、向かいの席に座ったおじさんに
若者がつかつかと近寄った。
若者はおじさんにびったり顔をつけるようにして、何か言っている。
はじめ、私はおじさんがどこかの大学の先生で、若者が教え子の学生なのかと思った。
だが、どうやらちがうらしい。
おじさんは困惑している。赤の他人のようだ。
この時点で私には彼らの話し声はよく聞こえなかった。
すると若者は突然、ポケットからトランプを取り出して大きな声で言った。
「マジック、いいですか? マジック」
ドトールでトランプ手品を強要している若者。
あまりのシュールさに目が点になった。
だが、よく聞くと、日本語に訛りがある。
私は彼にこっちへ来いと声をかけ、「どこの人?」ときいたら「台湾」
「学生ですが今は夏休みでマジックの練習をしています」
なんでも昨日は原宿の道端でやっていたらしい。
「店の中で他のお客さんをマジックに誘うのはダメだよ」と言ったら、
「え、日本ではダメなんですか」と驚いていた。
台湾ではいいらしい。
ていうか、どうしてマジックなのかさっぱりわからないまま、若者は去っていった。

関連記事

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

「ムー」9月号ミラクル対談

不本意ながら「レジャー」を楽しんだと昨日書いたが、 もっと不本意なことに体のあちこちが筋肉痛になっ

記事を読む

no image

ノンフィクションの世界はここから始まる

 自分も寄稿した本が届いた。石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)。

記事を読む

no image

驚嘆のユーゴ・サッカー三部作

山田先輩は四万十に帰ってしまいサッカーファン強化合宿は終了してしまったが、 その後も自主練はつづい

記事を読む

no image

世界陰謀の真実はビニール傘にあるのか

某出版社で編集をしている探検部の後輩・杉山の紹介で、丸山ゴンザレスという異端作家と新宿の客家

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

「イエティは現実だ」

長らく待っていたブータン行きがやっと決定した。 来週の14日(水)に出発となった。 期間は約一ヵ月半

記事を読む

no image

インドの怪魚ウモッカを探せ!

自分のなかではずっと前から決定していすぎてブログに書くのを忘れていた。 今年の12月中旬から来年の

記事を読む

no image

重版ラッシュ

二日前、「幻獣ムベンベを追え」と「巨流アマゾンを遡れ」がそれぞれ三千部ずつ重版になった。 両方とも単

記事を読む

no image

高野秀行の新刊、続々?!

「高野秀行」の本が続々と出ている。 今度は五段ではなくたしかに私の本なのだが、 韓国語版だ。 すで

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.125 Safari/533.4
    エントリーに全然関係ありませんが、その後のワ国の状況を、現地に行った中国人が書き込んだ掲示板の内容を、日本語に訳した物が、安田峰俊さんのブログに載ってますよ。
    http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/e/7d61ab5168ff4134706cd7d24c940c83

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    エントリーに関係ありますが、自分も手品や知恵の輪を見せたがって、
    よく周りの人に敬遠さえれています。
     さすがに全く知らない人にはしませんけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑