*

角幡唯介はノンフィクション界の村上龍

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日は東北から帰った直後だったせいか、いつになく「正論」を述べてしまった。
現地に一週間ほど行って「つまみ食い」した程度のくせに。
読み返すと面白くない。
事実関係はそのとおりかもしれないが、こうやってマジメに書くと、
なにか肝心なことがこぼれおちてしまうような気がしてならない。
例えばタイガースTシャツなんかも、現地では「被災者を応援しなくて阪神を応援してどうする!」「やっぱり阪神ファンは頭おかしいな」などと突っ込み、みんなで笑ったりして、それなりに現場の空気を和らげることに貢献していたのだ。
で、そういう笑いは現場でも大切なものなのである。
つい、「震災報道モード」に引っ張られて、いつもの自分を見失ってしまった。
反省して、この過ちを二度と繰り返さないようにしたい。
      ☆        ☆        ☆
さて、まったく震災と関係ないが、後輩の角幡唯介が『空白の五マイル』(集英社)
なんと大宅壮一ノンフィクション賞を受賞してしまった。
開高健賞とダブル受賞だ。
ノンフィクションにあまり詳しくない人のために説明すると、ノンフィクション賞には大きなものは今のところ4つある。
大宅壮一ノンフィクション賞
講談社ノンフィクション賞
小学館ノンフィクション大賞
開高健ノンフィクション賞
このうち下の2つは、応募制である。募集に応募した作品の中から選ばれる。
文芸でいえば、小説すばる新人賞や群像新人文学賞やこのミス大賞などと同じ。
いっぽう、上の2つは、出版されたあらゆる本が対象となる。
文芸の直木賞、芥川賞、三島由紀夫賞などに近い。
当然こっちのほうがステイタスはずっと高い。
中でも大宅賞は芥川賞と直木賞に匹敵する。
角幡は開高健賞に応募して本を出し、さらにそれが大宅賞をとったのだから、
群像新人文学賞に応募して賞をとり、それが芥川賞にもなった村上龍の『限りなく透明に近いブルー』
匹敵するということだ。
ノンフィクション界の村上龍。
凄すぎるじゃないか。
ちなみに大宅賞のもう一作は、国分拓『ヤノマミ』(NHK出版)
どちらも作品としては文句なしの傑作だ。
しかし受賞作が二つとも探検モノだ。しかも前回、「本の雑誌」3月号で二人とも登場している。
うーん、とまた考えてしまう。
同じ探検モノを書いていても、私は大宅賞の候補にすらなったことがない。
ていうか、そういうメジャーな賞から無縁だし、ノンフィクションでも文芸でもどっちからもほとんど無視されている。
いつまで経ってもキワモノとしか扱われないんだなとしみじみ思う。
と、暗くなっていたら、『ワセダ三畳青春記』が10刷になったという知らせが来た。
累計部数も9万部を超えた。
結局このまま独自路線を歩むしかないか。

関連記事

no image

空飛ぶ人

「Free&Easy」というアメリカン・カジュアル専門誌のインタビューを受ける。 インタビュアーの編

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

私の目は節穴

前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。 なぜなら茂木大輔『

記事を読む

no image

ツチノコ発見!?

ツチノコにそっくりのヘビを発見した!と知人から画像が送られてきた。 発見したままの姿で、もちろんフ

記事を読む

no image

人間失格+坊ちゃん=三畳記

「SPA!」のインタビュー記事「エッジな人々」が掲載される。 「見ましたよ、エッチな人々!」と何人か

記事を読む

no image

カゴの中の鳥のつぶやき

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。 今は首都のガロウェという町にいる。 滞在し

記事を読む

no image

ナカキョー、直木賞を受賞

私が前々から熱烈に推薦するナカキョーこと中島京子さんが 『小さいおうち』(文藝春秋)で直木賞を受賞

記事を読む

no image

大人の遠足

 ブータンが4月に延期になり時間がぽっかり空いたので、 発作的に小旅行に出かけることにした。  つ

記事を読む

no image

そんなときはワッツラヴ

昨日は愚痴めいたことを書いてしまった。 すこし反省している。 ま、気分が落ち込んだときはワッツラヴ

記事を読む

no image

寒波と猛暑

フランスに亡命したルワンダ人の友人のところに母国から家族が到着した。 奥さんと娘が移住を認められたの

記事を読む

Comment

  1. ナカニシ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/533.19.4 (KHTML, like Gecko) Version/4.1.3 Safari/533.19.4
    高野さんのよりファンになりました。
    多いに反省して下さ〜い。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    たまには正論、いいじゃないすか。言いたい時に言いたいことを言わないと!そういえば、「空白」と「ヤノマミ」は高野さんも絶賛でしたねぇ…「他人の才能を見抜く才能byホル・ホース」があるのかも?!なんてね(笑)

  3. アズマ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_3_1 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Mobile/8G4
    そんな高野さんのファンです。

  4. Ichiro より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さんの「西南シルクロード」はノンフィクションの大傑作ですよ。あれはすごい本です。なんで賞取れないのかさっぱりわかんない。ユーモアセンスを交えて書くと権威ある賞は遠ざかるということか?? でもそれが無いと高野本の一番の良さが減ってしまうし…。
    もうこのまま行ってしまうしかないですよ、高野本の面白さはここ数年ですっかり(やっと)世間が認知してきたのですから。「早稲田三畳青春期」10刷おめでとうございます。つい数年前まで「重版童貞」とおっしゃってたのがウソのようです。これからも応援してます。

  5. bomingo より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    高野さんのファンです!
    引越しが多いため持ち物は最小限な私ですが、買った高野本はほとんど持ち歩いて来ました。
    去年のロンプラマガジンにナガランドが載ってて、おっ、と思って読んだのですが文章は面白くなかったです…
    高野さんには特別な才能があるんだなぁとしみじみ感じましたよ。
    愛読者としては、賞なんかいいじゃないですか!って思うのですが・・・賞取った方が本が売れて高野さんは潤うのかな(^^;
    何はともあれ、応援してる人間がここにもおります!と言いたくてコメント残しました。
    がんばってくださいね〜。

  6. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.19.4 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.3 Safari/533.19.4
    いいじゃないですか。賞なんて。
    あれは、それぞれの枠組みの中でのコンペな訳で。
    独自の路線を持ってる方がはるかに偉大です。
    少なくとも、高野本は、生きる意味を見失っていた僕を助けてくれました。
    祝「三畳記」10刷!!

  7. izumi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; eSobiSubscriber 2.0.4.16; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    海外に住んでいると、何していいかわからないし、被災地の情報もあるようでないし(体験談、頑張って立ち直る等の話が多い)、高野さんの記事を読むと、ほっとします。

  8. ahmad より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.1; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    いまの高野さんにぴったりの肩書を送ります。
    「エンタメノンフ界の無冠の帝王」!
    私が好きな作家の山本周五郎も生涯文学賞とは無縁で、打診があっても断っていたと聞きます。賞うんぬんよりも読者を第一に考えていたからです。
    高野さんには是非「エンタメノンフ界の山本周五郎」を目指してほしいと思います。

  9. nil より:

    角幡さんとの対談本、題名悩ましい限りですね。
    角幡さんがしきりに強調する旅の主導権の握り方にヒントがありそうですが・・・
    「ソリを引く人ゾウにのる人」・・・早坂茂三のようです。
    「郵便的冒険/航海的探検」・・・東浩紀でしょうか?
    「妄験者、探検家と大いに語る」・・・アブディンさんのパクリの上、高野さんが永遠の三枚目になってしまそうですね。
    ご多幸をお祈りします。

  10. ajiketo より:

    この2011年のエントリーを読むと隔世の感ありですね。
    賞を取れないことを愚痴る高野さんに
    慰めるファン。

    「まさか角幡ばりに一冊で二つも賞を取るとは。この時秀行は予想だにしていなかった…」

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑