*

事実上は本日発売だった!

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)がいよいよ昨日発売になった。

本の雑誌社に行くついでに、さっそく神保町の書店を一つ一つ覗いて回るが、
なんとどこにも私の本は置いてない。

「なぜだ!?」

考えてみれば、今度のは凄い凄いと騒いでいるのは私と担当編集の杉江さんとその周辺だけであり、
世間的にはソマリランドなんてなんだかわからないし、わかったところでどうだっていいもんなあ。

とがっくり落ち込んだ。
その足で本の雑誌社に行き、杉江さんにそう話すと、

「あ、今日は搬入日だから、早いところで今日の夜あたりに店頭に並ぶんじゃないですかね」

え、そうだったの?

私はこの世界で24年も飯を食ってきて、本も24冊か25冊か書いてきて、
いまだに本がいかにして作られ、いかにして売られているのか
よく理解していない。

そうか、搬入日か。
要するに、印刷所(たぶん)から書店に本が発送されるのが昨日なのだ。
早いところでは昨日のうちに梱包がとかれ(たぶん)、店頭に並べられるが、
多くの書店では翌日、つまり今日から棚に並べられ、販売されるのだろう。
(Amazonも発売日が19日つまり今日となっている)
東京から遠い地方では、それがさらに1日か2日ずれるのだろう。

ああ、よかった。
というわけで、昨日私の「本日発売!」というツイートやFacebookを見て昼のうちに書店に行ったみなさん、
すみません。たぶん見当たらなかったでしょう。
事実上は今日から発売の模様です。

        ☆         ☆          ☆

夜は出版/マスコミ関係者をお招きしての出版記念パーティ。
五十人以上も来てくれ、しかも義理で来たという感じの人がおらず、
ひじょうに楽しい宴会だった。

私は会が始まる4時半頃から挨拶の内容を考えながら飲み始め、
終わったのは午前2時。
まだ体がぐらぐら揺れているが、
これから大久保まで行って、ソマリ料理の食材(骨付き羊肉や各種ハーブ)を仕入れねばならない。

関連記事

no image

もう一人の「高野秀行」と飲む

ついに夢の同姓同名対談(といってもただの飲み会だが)が実現した。 相手は将棋の棋士・高野秀行五段。

記事を読む

no image

イスタンブール無事到着

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。 東京の自宅を出て、36時間後のことだ。 なんでも一

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

no image

西南シルクロード文庫あとがき

いよいよ、あの『西南シルクロードは密林に消える』が講談社から文庫化される。 校正ゲラを読み返したが、

記事を読む

no image

間違えてしまった…

「ミャンマーの柳生一族」が予想以上に好評だ。 あんなトンチキな本、誰が読むんだろうと他人事のように思

記事を読む

no image

タマキングの原点はここにあった!

週末、書店でのトーイベントのため大阪に行ってきたのだが、実に楽しかった。 なにしろ、朝は杉

記事を読む

no image

休みをとって職場へ?

金曜日はジュンク堂書店新宿店にて、宮田珠己部長とトークイベント。 (司会は杉江さん) 例によって宮

記事を読む

no image

高島先生の新刊

連合出版より高島俊男先生の新著『お言葉ですが… 別巻2』が届いた。 最近出版社や編集者からいろんな

記事を読む

no image

小説にいちばん近いルポ

 日本に移り住んだ外国人の食生活を追った『移民の宴』。「おとなの週末」で連載したものを大幅に加筆修正

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

Comment

  1. タツ より:

    アマゾンで予約注文して最低でも今日手元に届くかと思ってたのに、まだ来ないです。今日はもう無理かな。佐川飛脚便で発送したっていうし、ったく。あ~早く読みたい。まだ読んでもいないのに今回の作品はぜったい何かしらの賞をとると勝手に思ってます(笑)

  2. タツ より:

    とおもったらキターー!さっそく読むぞー!

  3. GO より:

    広島はジュンク堂で買いました!ソマリランド本、
    今日の時点で
    いわゆる街の本屋さんはどこにもそれを確認することができませんでした。
    仕方なくじゃないですけど、最後に行ったジュンク堂も新刊コーナーにはなくて、何だまだか、と思いきや
    社会コーナーの「時事アフリカ」の専門書っぽい中に紛れてましたよ。
    高橋秀実さんの本はどこの本屋でも新刊コーナーに平積みされているというのに……この差はなんでしょう。
    本棚に横置きになっていたのが、唯一の救いか。
    しかしあれじゃあ、衝動買いの人を捕まえるのは難しいかもおです。
    我がことのように悲しいので、よっぽど新刊コーナーにこっそり持って行ってやろうかと思いました。実行できなくてすいません。これからぼちぼち読みます

  4. あきーら より:

    届きましたよサイン本!いやー嬉しい。
    昨日発送済のメールが来ていたので、今日は朝から仕事をしていても「帰ったら読めるかも」と思い、なんだか元気が出ましたよ。
    無事、夜に届きました。
    今回の本こそ、まさに高野本の真骨頂!これからじっくり読みます。
    家宝にします。

  5. 百草の薬 より:

    高野様

    先日は急な依頼にご回答いただきありがとうございました。
    移民の宴に続きこちらも当然購入し晩酌のお供になっています!

  6. CHIBASHIYAHAGICHO より:

    今晩は。19日に、ネット購入のサイン本、到着しました。
    ちょっと 気合い入りすぎて、ぶ厚過ぎじゃネ?
    いつもは、面前でサイン頂戴してるんだけど、今回は諸般の事情から、サイン会トークショーには、いずれも参加できませぬ。そう言えば、「 またやぶけ 」や 「 移民たちの宴 」も まだサインもらってなかったのでありました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑