*

舟を編む

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


何とは言わないが、ひどい小説を読んでしまい、
「とにかく上質な作品で口直ししたい!」と本屋の棚を彷徨っていたところ
三浦しをん『舟を編む』(光文社)を発見。
辞書編纂編集部で辞書を作る話——という設定にいたく感銘を受けた。
辞書の作られ方や内情もわかったし、文章は期待どおり上質で、とてもよい口直しになった。
でもせっかくこんな素晴らしい設定で、登場人物もキャラがそろっているのだから
もっと長い話にしてほしかったなあ。
全三巻でもいいくらい。
いや「大渡海」(この小説で作られる辞書)と同じ分量でもよかったのに。
      ☆        ☆        ☆
先週も忙しかった。
月曜は西葛西のインド人コミュニティの原稿をひとまず終える。
火曜日は甲府の在日タイ人とブラジル人と日本人を描いた映画「サウダーヂ」を見てから、
錦糸町のロシア料理を食べに行った。
次回の「移民の宴」はロシアなので、下見。
グルジア産ワインとボルシチがうまかった。
木曜日は朝から晩まで、まる一日アブディンがスポーツ外科で
診断・検査・リハビリを行うのにつき合う。
終わった後は疲労困憊したが、さすがにアブディンは中東・アフリカ情勢に詳しい。
なんといっても地元人だし、その地域の「国際紛争学」を研究者なのだから当然だけど。
おかげで、イスラム諸問題、一連の「アラブの春」の舞台裏、ソマリとスーダンの似たところなど、「えっ、そういうことだったの?!」という話の連発で、
恐ろしくタメになった。
これまでアブとはバカ話しかしてなかったけど、もっと早くからこういうふうに使えばよかったのだ。
土曜は午前中はソマリの友人に会う。
モガディショ出身の彼にソマリランドの政治システムを説明したら、
「それは合理的だ。素晴らしい!」と驚いていた。
 夕方は青学大教育学部の後援会。
「野宿野郎」の人たちが何人も紛れていて異彩を放っていた。
こう書いてみると、忙しいと言っても純粋に自分のやりたいことしかやっていない。
幸せなことだ。

関連記事

no image

今日のアブちゃん

今週の講義のゲストでもあるアブディンのブログを発見した。 ていうか、どうして今まで気づかなかったんだ

記事を読む

no image

ソマリ兄妹来宅の巻

アブディラフマンとサミラのソマリ姉妹がうちに来て、遅まきながらラマダン明けのパーティ。 サミラ

記事を読む

no image

サッカーファン強化合宿

高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。 文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカ

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

今更アニー・プルーの衝撃

この前、マイクと話していたとき、「アニー・プルーがいい」と言っていた。 私も十年以上も前、まだ早稲

記事を読む

no image

フーテンのマハさん

「小説すばる」の「海辺で読みたいブックガイド」という企画で、先日『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本

記事を読む

no image

困ってる人

仕事場である「辺境ドトール」の店長となぜか横浜本牧に海釣りに行った。 というか店長に連れて行ってもら

記事を読む

no image

『怪獣記』本日発売

本日、『怪獣記』(講談社文庫)発売。 見所は森清の単行本未収録(もしくは単行本時にはモノクロだった)

記事を読む

no image

リンガラ語を社内公用語に

楽天につづいてユニクロも社内公用語を英語に決めたそうである。 「日本だけの会社じゃない」という思いか

記事を読む

no image

TBS「クレイジージャーニー」とすしざんまい

さきほど私が出演したTBS「クレイジージャーニー」が放映された。当初は「ムベンベ」「アヘン王国」「ソ

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    やりたいことして忙しい、大いにうらやましい。ところでソマリランドの政治システムって、どんななんですか?民主主義+資本主義にそろそろ限界が来てるような感じなので、是非とも小耳に挟みたいんですが。

  2. ミジンコ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    高野さんの忙しい一週間というのは月、火、木、土、の四日間しかない。
    「世界が生まれた朝に」のマンクンクのようだ。

ミジンコ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑