*

まるでカフカの「審判」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 
「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から
「争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール」(集英社インターナショナル)という長い副題の新刊を送っていただいた。
木村さんとは面識がまったくないのに不思議なことだ。
木村さんの本は、たとえ内容が固くてもひじょうに読みやすい。
この本ももらった当日に読んでしまった。
内容はふつうでは考えられない話である。
重い風邪で脱水症状を起こしていた我那覇選手にチームドクターが緊急の治療として静脈注射をしたところ、サンケイスポーツに「我那覇が疲労回復ににんにく注射」とデタラメな記事を書いた。
筋肉注射はドーピングにあたるということで、
我那覇とドクターの言うことも聞かず、クラブもJリーグも処分を下してしまう。
まったく事実とちがうのに、これが、誰がどのように訴えてもまったくJリーグを牛耳っている連中には届かない。
しかもにんにく注射だったからいけないという話が静脈注射自体がいけないという話にすり替わり、被害者たちは泥沼に陥っていく。
カフカの「審判」そのままだ。
怖いのは権力をもつ者が我那覇やドクターを憎んでいたり嫌っていたりするわけじゃないこと。
彼らにとって我那覇問題は「どうでもいいこと」なのである。
この事件を契機に我那覇は選手として輝きを失ってしまうのだが、そんなことも
幹部たちには「ふーん」程度の話なのだ。
冤罪の根本原因は「ネグレクト」だということがよくわかる。
しっかし、ここでJリーグは厳しく追及されているけど、事件のきっかけとなったサンスポについては何も書かれていない。
「匂うから近づかないほうがいいですよ」という我那覇のコメントまで作って載せているというのに。
スポーツの世界はアフリカよりもっと闇が深い。

関連記事

no image

アフガンの謎を千葉で解く

火曜日、『アジア未知動物紀行』の最後の著者校正をやっていたら、 校正係から困った指摘を受けた。 アフ

記事を読む

no image

やっぱり見つからない…

月刊『SWITCH』の読書欄で『怪獣記』の著者インタビューを受ける。 行きつけの書店で「旅」に関する

記事を読む

no image

やさしい日本語

以前一緒にミャンマー新聞をつくっていて、今は難民認定を受けているミョウさんと 8年ぶりくらいに会う。

記事を読む

no image

無料出張上映会&琉球映画

今月から始めた無料出張上映会の第一回が 台東区の施設で行われた。 主催者は旅好きな会社員の人。 その

記事を読む

no image

元キャバ嬢&風俗嬢にはかなわなかった

「SPA!」の掲載誌が届いた。 「イスラム飲酒紀行」はかなりトンチキな企画で(文芸誌ではできない)、

記事を読む

no image

寿司と酒

久しぶりにスーダンの盲人留学生アブディンと会い、 珍しくイスラムの話など真面目な話をしたが、そのあと

記事を読む

no image

世にも奇妙なマラソン大会

帰国した。大人の遠足はなかなかにハードだったが、想像以上に充実していた。 今回私が参加したサハラ・

記事を読む

no image

シャングリ・ラは実在した!

探検部の後輩・角幡唯介の開高健ノンフィクション賞受賞作品 『空白の五マイル』(集英社から刊行予定)の

記事を読む

no image

ジャナワール・トークライヴ

コダックフォトサロンで開催されている、カメラマン森清の個展会場で、 角田光代さんとトークライヴを行う

記事を読む

no image

ありえねー!

しょっぱなから全く予期しない出来事が起きた。 人為的原因により、ワン行きの飛行機に乗り損ねたのだ。

記事を読む

Comment

  1. 木村元彦 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB7.2; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3)
    高野さん、木村です。ご紹介いただきありがとうございます。お答えします。サンスポを敢えて強く追求しなかったのには理由があります。当時、CASの裁定で我那覇の潔白が証明された際、Jリーグに擦り寄っている御用記者が「そもそも悪いのはサンスポではないか」と責任の所在をすり替える言説を流布したことがあったのです。これこそ詭弁で、事情聴取をして有罪に裁いたJリーグへの批判を拡散させてしまったわけです。誤報はきっかけであったけども(意図的な)冤罪を生んだのはJリーグ医事委員会です。一般社会でも報道から検察が有罪判決を下すなどということがあって良いはずがありません。プロ野球では2009年に中日の吉見投手が同様に不勉強な中スポの記者に治療を「ニンニク注射」と書かれて問題視されたのですが、NPBの医事委員会は事情聴取をしっかりと行い、正当な医療行為であることを確認して不問にしています。これが本来のあり方なのです。(もちろん酷い記事ですが)サンスポ追求に寄り過ぎるとこの問題を矮小化させてしまうという私の判断です。ちなみに誤報の記者は我那覇に直接謝罪しています。対してJリーグの当該関係者は、本書に書いたとおり詭弁のインフレで会おうともせず逃げています。我那覇のおかげで医事変革が進まなければ、W杯のベスト16もなでしこの世界一もなかったかもしれないというのに。以上です。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/16.0.912.75 Safari/535.7
    木村さん、はじめまして。
    わざわざ疑問にお答えいただき、ありがとうございます。
    なるほど、そういうことだったのですね。
    昨日は「溝畑宏の天国と地獄」を拝読しました。
    これはすごかったですねえ!
    トリニータのことも溝畑氏のことも何も知らなかったもので、
    あまりの話に仰天してしまいました。
    詳しくはお会いしたときにお話したいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年12月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑