*

ソマリアのワークショップで怪しまれる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってきた。
ビルマ勉強会みたいな20人か30人のこぢんまりした会合とばかり思い込んでいたら、
経団連会館の会議室がびっしり埋まっていた。
200人か300人いたのではないか。
講師は東大の先生、中東研究センター所属の研究者、エチオピアの日本大使館に勤務しソマリア問題を担当していた女性などで、話題はソマリアの現状、内戦、海賊、イスラム過激派のアル・シャバーブなど多岐にわたっていた。
一つ一つは私にとってひじょうに興味深かったのだが、ソマリアの予備知識がほとんどない人にはかなり難しい内容だったのではなかろうか。
今のところ、ソマリア情勢をわかりやすく教えてくれるような入門書、概説書の類は、日本には一冊もない。もしかすると、世界中でもないかもしれない。
早く私がソマリランドとソマリアについてのエンタメ・ノンフィクションを書かねばと
強く思った。
ワークショップ(というか事実上は普通の講演会)終了後、講師の先生方にご挨拶に行ったのだが、みなさんに怪訝な顔をされた。
それもそのはず、差し出した名刺は「ソマリ語国際TV ホーン・ケーブル 東京支局代表」などと書いてあるうえ、みんなが黒っぽいスーツを着用している厳かな場所に
私ひとりだけ、ユニクロの水色のシャツとジーンズ、くたびれたデイパック。
「なんだか知らないけど、インチキ臭い奴が来たな…」と思われているにちがいない。
現地で怪しいコネをつくって、事情通面をしてる自称ジャーナリストみたいな。
私だって自分が講師だったらそう思っただろう。
ますます「早く本を書いて出さなきゃ」と強く決心したのだった。
(来週あたりから連載開始します)

関連記事

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

no image

ソマリ娘、二十歳の新春

正月に八王子の実家で振り袖を着たソマリ娘のサミラ。

記事を読む

no image

福島県の今

3日、福島県へ。 原発から30キロの最前線、田村市のムーミン谷(仮名)を訪問。何の緊張感もなく、ふつ

記事を読む

no image

最終的にはパッション

宮田部長の『だいたい四国八十八カ所』(本の雑誌社)が重版になったそうだ。 このすさまじい出版不況下

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

大分→東京→ソウル

以下、ほぼ業務連絡。 昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、 昼は暑さに驚き、夜は

記事を読む

no image

常識がひっくり返るドキュメンタリー「えんとこ」を見るべし

 12月6日(月)、13:00より、ポレポレ東中野で「えんとこ」というドキュメンタリー映画が特別上映

記事を読む

no image

長井健司、ミャンマーに死す

毎日このブログではお気楽な話題を提供していたが、 ミャンマー情勢は緊迫の一途をたどっていた。 私のと

記事を読む

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

no image

おもしろくないことがおもしろい

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。 10年以上前、大連に短期留学をしたときさ

記事を読む

Comment

  1. BUZZ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.2; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    久々に笑わせていただきました。伊勢丹バンコクの紀伊国屋には「極楽タイ暮らし」が沢山置いてありましたよ。既にご存知だと思いますが。

  2. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    アマゾンで探してみました。これが唯一の現地ルポみたいだけど、評価を見ると散々な内容みたいです。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%A8%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F%E5%9B%BD-%E4%B8%8B%E6%9D%91-%E9%9D%96%E6%A8%B9/dp/4901350552/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1328232386&sr=8-3
    あまりにも評価がひどすぎて、逆に読んでみたい。「二十歳のバイブル」みたいな感じでしょうか。
    後は有名著者のここらへんですかねー。ソマリア沖を航行しただけで、上陸はしていなさそう。
    http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E8%82%96%E3%83%BB%E5%AE%AE%E5%B6%8B%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%B2%96%E5%A5%AE%E6%88%A6%E8%A8%98%E3%80%8D-%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%81%E3%82%8Bfamily-book-%E2%80%95%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%99%82%E4%BA%8B%E8%A7%A3%E8%AA%AC-%E5%AE%AE%E5%B6%8B/dp/4870319489/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1328232386&sr=8-4
    これなんかはソマリアに行ってすらなさそうな本。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B5%B7%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E6%B2%88%E6%B2%A1%E3%81%99%E3%82%8B-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E6%AD%A3%E6%99%B4/dp/4584131465/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1328232386&sr=8-5

  3. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    あ、なんだか荒らしみたいになっちゃいました・・削除して下さい・・。タイトルだけ書きます。
    ソマリア ブラックホークと消えた国 下村 靖樹 (単行本 – 2002/3)
    不肖・宮嶋の「海上自衛隊ソマリア沖奮戦記」 (家族で読めるfamily book series—たちまちわかる最新時事解説) 宮嶋 茂樹 (単行本 – 2009/9)
    ソマリアの海で日本は沈没する 山崎 正晴 (単行本 – 2009/3/26)

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/16.0.912.77 Safari/535.7
    あ、下村君がソマリアの本を出していたんだ!
    下村靖樹君は、九十年代にルワンダで会い、よく一緒に飯を食っていました。
    ジャーナリストには不向きじゃないかと思わせるくらい、心優しい人です。
    でも、それっきり会っていません。
    今、元気かなあ。
    彼がソマリアの本を出しているとどこかで聞いたのに、忘れていました。
    今アマゾンで注文しました。
    huさん、思い出させていただき、ありがとうございました!

hu へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ふと思い出した。『怪獣記』(講談社文庫)が絶版になったのだった。どこかで再文庫化してもらないものか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 語学の天才まで1億光年がメチャ面白かったので次はこれ kindle unlimitedもブラックフライデーで安く契約出来たし この本を読んでみてください: "謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―(新潮文庫)"(高野秀行 著)https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 後半自分の人生に悩む姿が面白かった。僕ら一般読者からすればこんなに面白い本を沢山生み出す天才的書き手もこうして悩む時期もあるのだなと。結局自分の好きなことをやることに徹する展開は各々の生を肯定してくれる。#語学の天才まで1億光年#高野秀行 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 冒険家・高野はなぜミャンマーの麻薬地帯や、謎の独立国ソマリランドや、アマゾンの奥地や、アフリカでの幻獣...『語学の天才まで1億光年』高野 秀行 ☆5 https://t.co/9unBKrl9UD ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行さん×山内博之さんトークイベント」は、大盛況で終了いたしました。語学学習にまつわる大変興味深いお話しでした。と同時に、高野さんファンにとっては、総集編のような、ベスト盤のような、ミステリーの伏線回収のような内容で、あっという間の… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 12月14 日 (水)19時〜 『体はゆく』『語学の天才まで1億光年』W刊行記念 伊藤亜紗さん ✕ 高野秀行さん 「“できる”って探検だ!」 https://t.co/1ALMd1Q0p2 https://t.co/bZDhP4ai… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんご出演の「ゆる言語学ラジオ」で爆笑!知的トークを楽しむすてきな日曜日を! 【飢餓・マラリア・ロケット弾】凄腕作家の危険すぎる語学体験【高野秀行さんゲスト雑談】#179 https://t.co/SI4ynYmgjC ReplyRetweetFavorite
  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑