*

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。
「スローに生きよ」
そういう声が聞こえた。
以来、私は今までのようなせっかちな生き方をあらため、スローに行きようと決意した。
ところが、その啓示をきっかけにするように、早急にやらなければいけないことが山のように
押し寄せ、プールに行く時間も思うようにとれない。
スローどころではない。
天もせっかく啓示をよこすなら、私の条件も整えてほしいものだ。
そんなわけで、ブログの更新もままならない。
先週、木村元彦さんと神楽坂で飲んだ。
会って早々、「サッカーはアジア、アフリカの話をエンタメとして伝えられるから
いいですよねえ」と言ったら、
「たしか、日本人に最初にサッカーを教えたのはビルマ人でしたよ。それ、やったらどうです?」と言われ、びっくりした。
帰宅してネットで調べると、大正時代、チョウ・ディンというビルマ人留学生が
日本人にサッカーを教えていた。
サッカー自体はすでに日本に存在したが、それまで日本人選手はヘディングの存在も知らなかったし、パスが何であるかも知らなかったという。
そこから教え、角度がないところからのシュートがなぜ難しいのか三角法を用いて説明したりし、
日本人選手に「ああ、サッカーというのは考えてやる知的なスポーツなのだ」と理解させたという。
このビルマ人が日本人にサッカーの手ほどきをしたといっていい。
もう一つ驚いたのは、彼が最初に教えたのは、早稲田高等学院(当時「早高」と呼ばれていたらしい)。
彼のコーチングのおかげで、早高は全国大会二連覇を飾る。
この「早高」は私の母校である。
チョウ・ディンがどんな人かはよくわかっていないらしい。
これだけサッカーの知識があり、頭もよい人なら、ビルマで何か足跡を残していてもおかしくないと思うのだが。
ちなみに、ビルマのサッカーはかつてはかなりレベルが高かったらしい。
旧イギリス領という背景があったからだろう。
昭和三十年にはビルマの選抜チームが来日し、話題になった。
その新聞記事を見て、私がお世話になっているD先生はビルマ・チームを追いかけ、
選手の一人から留学の道を教えてもらった。そして日本人初のビルマ留学生となったという。
D先生によれば、そのサッカー選手はなぜかその後、コメディ映画でブレイクし、
映画俳優になってしまったという。
この辺のよくわからない展開はビルマ(ミャンマー)らしい。
木村さんによれば、かつての「満洲国」の国技はサッカーで、FIFAにも加盟しようとしたが、
傀儡政権のため認められなかったという。
いわゆる「五族」の中では朝鮮族がダントツに上手かったなんて話も伝わっているらしい。
そのほか、友人の二村さんによれば、戦後、日本が国際スポーツ界から閉め出されていたとき、まず先に手をさしのべ、サッカーの試合をしてくれたのがマレーシアだったと言う。
日本人に初めてサッカーを教えたチョウ・ディンをはじめ、
日本とアジア諸国のサッカー、スポーツの関係は意外に知られていない。
だいたい、なんでも欧米からやってくると思われているし。
この辺を調べてみたら、けっこう面白そうだ。
まあ、私はスローな人生を目指しているし、その前にやることが死ぬほどあるので、
いつになるかわからないが、そのうちやってみたい。

関連記事

no image

『メモリークエスト』見本とどく

初めてのことだが、2日連続で新刊の見本がとどく。 今度はお待ちかね、『メモリークエスト』。 カバー

記事を読む

no image

次は雪男ブームだ!

 相変わらずブータンブームは続いている。  おかげさまで、「みらぶ〜」も3刷になり、朝日新聞の書評欄

記事を読む

no image

逃亡先としての「辺境」

知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。 1964年、東京オリンピックの最中に殺人

記事を読む

no image

『雪』断念

オルハン・パムク『雪』(藤原書店)を修行のように少しずつ読んできたが、 今日ついに断念。 小説自体が

記事を読む

no image

ずいぶん前の話だけど

ずいぶん前の話だけど、早大探検部の先輩・西木正明の『流木』(徳間文庫)という本の「解説」を頼まれて、

記事を読む

no image

空飛ぶ人

「Free&Easy」というアメリカン・カジュアル専門誌のインタビューを受ける。 インタビュアーの編

記事を読む

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

次にブレイクする作家

 今月8日発売の「本の雑誌」(7月号)に、久しぶりに私の名前が出た。  「次にブレイクする作家はこ

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

no image

TBS「クレイジージャーニー」とすしざんまい

さきほど私が出演したTBS「クレイジージャーニー」が放映された。当初は「ムベンベ」「アヘン王国」「ソ

記事を読む

Comment

  1. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:10.0) Gecko/20100101 Firefox/10.0
    サッカー好きな人間としては、是非その辺をそのうちやってください。

  2. 落合清司 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Win64; x64; Trident/5.0)
    緬甸勉強会には、すっかりご無沙汰しております。私が出しておりますミニコミ誌の『バダウ』で、日本サッカーの父、として、このウ・チョーディンについて特集しました。特に、ビルマへの帰国後について、3年ほどかけて調査をし、現時点で分かっていることを記事にしました。もしご興味があればご連絡ください。お送りします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行さんの魅力がびしばし伝わるオンラインイベント「高野秀行辺境チャンネル」の次回開催は11月7日(土)14時スタート!テーマはあの驚きの展開の衝撃作『怪魚ウモッカ格闘記』。Q&Aやチャットを使っての質問もお気軽にできます。ただ今見逃し視… ReplyRetweetFavorite
    • RT : フォロワーさんにおすすめいただいた『幻のアフリカ納豆を追え!~そして現れた《サピエンス納豆》~』(高野秀行著・新潮社刊)面白かったです。納豆は日本固有のものではなく世界各地でつくられている!だからってそんなところまで行かなくても・・・。ナイ… ReplyRetweetFavorite
    • なんとなくパッとしない週末には、異世界にトリップするのもいいですよー https://t.co/LlEePtGGFf ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます! フリーダムというのか能天気というのか、京都精華大学、いいですね! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「幻のアフリカ納豆を追え! 」は本当に面白く、納豆もアフリカのハイビスカス納豆・バオバブ納豆だけでなく、朝鮮半島のチョングッチャン(ドラマ孤独のグルメにも出ていましたね)も取り上げられております。#高野秀行 https://t.co/G… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&リアルタイム配信イベント】11/2MON 20-22時 高野秀行×小倉ヒラク 「納豆文化人類学!日本・アジア・アフリカの発酵世界を旅する」『幻のアフリカ納豆を追え! 』(新潮社)刊行記念 『発酵文化人類学』(角川文庫)文庫化記念 h… ReplyRetweetFavorite
    • ブルキナファソの納豆取材でお世話になった清水貴夫准教授の依頼で、京都精華大学国際文化学部主催のオンラインイベントに出演。清水さんのZoomの壁紙が南の島のビーチ(しかも波が打ち寄せている!)、しかも開演前の音楽はレゲエ。この大学、真面目に学問やる気あんのか?!って雰囲気がナイス。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑