*

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。
「スローに生きよ」
そういう声が聞こえた。
以来、私は今までのようなせっかちな生き方をあらため、スローに行きようと決意した。
ところが、その啓示をきっかけにするように、早急にやらなければいけないことが山のように
押し寄せ、プールに行く時間も思うようにとれない。
スローどころではない。
天もせっかく啓示をよこすなら、私の条件も整えてほしいものだ。
そんなわけで、ブログの更新もままならない。
先週、木村元彦さんと神楽坂で飲んだ。
会って早々、「サッカーはアジア、アフリカの話をエンタメとして伝えられるから
いいですよねえ」と言ったら、
「たしか、日本人に最初にサッカーを教えたのはビルマ人でしたよ。それ、やったらどうです?」と言われ、びっくりした。
帰宅してネットで調べると、大正時代、チョウ・ディンというビルマ人留学生が
日本人にサッカーを教えていた。
サッカー自体はすでに日本に存在したが、それまで日本人選手はヘディングの存在も知らなかったし、パスが何であるかも知らなかったという。
そこから教え、角度がないところからのシュートがなぜ難しいのか三角法を用いて説明したりし、
日本人選手に「ああ、サッカーというのは考えてやる知的なスポーツなのだ」と理解させたという。
このビルマ人が日本人にサッカーの手ほどきをしたといっていい。
もう一つ驚いたのは、彼が最初に教えたのは、早稲田高等学院(当時「早高」と呼ばれていたらしい)。
彼のコーチングのおかげで、早高は全国大会二連覇を飾る。
この「早高」は私の母校である。
チョウ・ディンがどんな人かはよくわかっていないらしい。
これだけサッカーの知識があり、頭もよい人なら、ビルマで何か足跡を残していてもおかしくないと思うのだが。
ちなみに、ビルマのサッカーはかつてはかなりレベルが高かったらしい。
旧イギリス領という背景があったからだろう。
昭和三十年にはビルマの選抜チームが来日し、話題になった。
その新聞記事を見て、私がお世話になっているD先生はビルマ・チームを追いかけ、
選手の一人から留学の道を教えてもらった。そして日本人初のビルマ留学生となったという。
D先生によれば、そのサッカー選手はなぜかその後、コメディ映画でブレイクし、
映画俳優になってしまったという。
この辺のよくわからない展開はビルマ(ミャンマー)らしい。
木村さんによれば、かつての「満洲国」の国技はサッカーで、FIFAにも加盟しようとしたが、
傀儡政権のため認められなかったという。
いわゆる「五族」の中では朝鮮族がダントツに上手かったなんて話も伝わっているらしい。
そのほか、友人の二村さんによれば、戦後、日本が国際スポーツ界から閉め出されていたとき、まず先に手をさしのべ、サッカーの試合をしてくれたのがマレーシアだったと言う。
日本人に初めてサッカーを教えたチョウ・ディンをはじめ、
日本とアジア諸国のサッカー、スポーツの関係は意外に知られていない。
だいたい、なんでも欧米からやってくると思われているし。
この辺を調べてみたら、けっこう面白そうだ。
まあ、私はスローな人生を目指しているし、その前にやることが死ぬほどあるので、
いつになるかわからないが、そのうちやってみたい。

関連記事

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

これからちょっとソマリランド

本日より約1年4ヶ月ぶりのソマリランド行きである。 帰国は今月の26日の予定。 おや、と思わ

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

わが読書人生史上、最高に驚いた出来事

宮田部長の『スットコランド日記 深煎り』(本の雑誌社)を読んでいた。 例によって、四国のお遍路だと

記事を読む

no image

バングラ飲酒紀行

年末の締切りが一段落した。 問題の「生き方本」のほか、 Gダイアリー掲載の「ソマリランド2」、それに

記事を読む

no image

パリジャンは味オンチ

最近フランス料理店の取材をしていたので、ミツコ・ザハー『パリジャンは味オンチ』(小学館101新書)

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

新刊ラマダンの危機

新刊ラマダンが危機に瀕している。 ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読ん

記事を読む

Comment

  1. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:10.0) Gecko/20100101 Firefox/10.0
    サッカー好きな人間としては、是非その辺をそのうちやってください。

  2. 落合清司 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Win64; x64; Trident/5.0)
    緬甸勉強会には、すっかりご無沙汰しております。私が出しておりますミニコミ誌の『バダウ』で、日本サッカーの父、として、このウ・チョーディンについて特集しました。特に、ビルマへの帰国後について、3年ほどかけて調査をし、現時点で分かっていることを記事にしました。もしご興味があればご連絡ください。お送りします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年8月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑