*

朝鮮名探偵

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。
特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。
私が人に配るために購入するせいだろう。
韓流もしつこく勧められ、はっきり言ってうざい。
私がチャングムを買ったのはもう5年も前だと思うが、BOX2つというのが効いているのだろうか。いまだに韓流が来る。
で、また勧められたのが映画「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」
タイトルに思わず爆笑し、そのままクリックしてしまった。
こんなことをするから、amazonにまた付け入れられるのだ。
DVDのジャケットには「朝鮮史上初の名探偵」と書かれていて、もう意味がわからない。
しかし、観てみたら、これがムチャクチャ面白かった。
朝鮮王朝時代(1782年)に大がかりな密輸と贈賄事件を追う調査官の話なのだが、
実は徹頭徹尾お笑い。
アクションにしても、ストーリーにしても、香港映画を手本にしているんじゃないだろうか。
コメディのツボをきちんと押さえていて、はずさない。
いちばん近いのは「少林サッカー」のチャウ・シンチーの作品だろう。
当時の大ベストセラー(?)のエロ本「キム女官の秘密」、
数学を自動的に解く機械(でもルービック・キューブ)といった小道具、
無意味にセクシーな女商人ハン、犬を操る天才・ソビル、隠れキリシタンの奴隷など、
引きの強い登場人物がてんこ盛りで、全く飽きさせない。
難を言えば、謎が複雑でミステリ部分がよくわからないことくらいか。
まあ、そんなことは気にならないくらい楽しめる。
早くamazonから続編の知らせが来ないか、心待ちにしている。

関連記事

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

ここ数年最大の問題作か?

キャサリン・ブーの『いつまでも美しく インド・ムンバイのスラムに生きる人々』(早川書房)を読

記事を読む

no image

dancyuの味噌汁

本日発売のdancyu2月号は味噌汁特集。 私も戦国時代以前から伝わる元祖インスタント味噌汁を再現

記事を読む

no image

世界一の辺境・日本で活動します

ほんとうは4月初めからソマリランド&ソマリアに行く予定だったが、 今回の大震災でキャンセルすることに

記事を読む

no image

末っ子はわるくない

金曜日、警官の職質とバーティカルでの取材&営業のあと、 ジュンク堂新宿店で宮田珠己、内澤旬子の両氏と

記事を読む

no image

「ムベンベ」映画化企画

拙著『幻獣ムベンベを追え』を映画化したいというオファーが来た。 しかもアニメかと思ったら実写である。

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

no image

とくに関西の女性に感謝!

二週連続で行った「旅の本屋 のまど」のトークイベントが終わった。 毎回ながら、熱心な読者の方が多くて

記事を読む

no image

孤高の学者とゼミ合宿

名著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)の著者、小島剛一先生とお会いした。 先生はフランスとドイツ国

記事を読む

no image

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 高野本史上最大の問題作。絶賛してくれる人もいれば、読み終えて森に投げ捨てたという人もいるウモッカ…。 https://t.co/YpM8HMfqGi ReplyRetweetFavorite
    • RT : 『本を売る技術』矢部潤子さんの文章が、朝日新聞「折々のことば」に‼︎ 「走っているからこそ考える、手や足を動かしているからこそ思い付くのかもしれない」 私もノートに書き写した言葉でした。 https://t.co/qdCJ4Lr7jy ReplyRetweetFavorite
    • 久しぶりに新宿の紀伊国屋書店に行ったら、ノンフィクションコーナーに内澤旬子さんの「着せる女」が大展開されていた。パネルにはデカデカと私のスーツ姿の写真が掲載されていて、大笑い。私の本では全然ないのだが。 ReplyRetweetFavorite
    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑