*

朝鮮名探偵

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。
特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。
私が人に配るために購入するせいだろう。
韓流もしつこく勧められ、はっきり言ってうざい。
私がチャングムを買ったのはもう5年も前だと思うが、BOX2つというのが効いているのだろうか。いまだに韓流が来る。
で、また勧められたのが映画「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」
タイトルに思わず爆笑し、そのままクリックしてしまった。
こんなことをするから、amazonにまた付け入れられるのだ。
DVDのジャケットには「朝鮮史上初の名探偵」と書かれていて、もう意味がわからない。
しかし、観てみたら、これがムチャクチャ面白かった。
朝鮮王朝時代(1782年)に大がかりな密輸と贈賄事件を追う調査官の話なのだが、
実は徹頭徹尾お笑い。
アクションにしても、ストーリーにしても、香港映画を手本にしているんじゃないだろうか。
コメディのツボをきちんと押さえていて、はずさない。
いちばん近いのは「少林サッカー」のチャウ・シンチーの作品だろう。
当時の大ベストセラー(?)のエロ本「キム女官の秘密」、
数学を自動的に解く機械(でもルービック・キューブ)といった小道具、
無意味にセクシーな女商人ハン、犬を操る天才・ソビル、隠れキリシタンの奴隷など、
引きの強い登場人物がてんこ盛りで、全く飽きさせない。
難を言えば、謎が複雑でミステリ部分がよくわからないことくらいか。
まあ、そんなことは気にならないくらい楽しめる。
早くamazonから続編の知らせが来ないか、心待ちにしている。

関連記事

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

R-40本屋さん大賞ノンフィクション・エッセイ部門で1位(改訂版)

ワンテンポもツーテンポも遅れてしまったが、一昨日発売の「週刊文春」誌上で発表された 「R-40本屋

記事を読む

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

no image

私の出演するラジオ・テレビ番組がなぜ面白くないのか

今年はテレビ2本、ラジオはけっこうな数に出演した。 毎月一回は何かに出ているだろう。 が、正直言って

記事を読む

no image

ソマリランドをラクダで探検する

来年の今頃、ソマリランドとプントランドの国境地帯をラクダで旅しようと思っている。 ピラミッドみたい

記事を読む

no image

朝までカラオケ

4年ぶりに会った後輩と下北沢で飲んでいたら 後輩の終電がなくなり、 朝までカラオケボックス。 カラオ

記事を読む

no image

腱鞘炎

内澤さんの豚を食うイベント「飼い食い」のことや、 明日からのバングラ行きのことなどをいろいろ書きたい

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

板みたいなもん…

実家の親に頼まれ、新しいパソコンのセットアップに行ったのだが、 niftyのありえないようなシステ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初は衝撃なんだけど、著者の巧みな描写や説明で、どんどんズー(動物性愛者)の人たちに感情移入していき、読了するころには「これってLGBTの一種じゃないの?」ぐらいにしか思わなくなっている自分がいた。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日新幹線の中で読んでいた濱野ちひろ著『聖なるズー』(集英社)を読み終える。動物と性愛を行う人々を追った衝撃のルポ。飼い犬を「妻」と紹介する男性が登場するなど、常識の土手っ腹に風穴が空いた。これぞノンフィクションの醍醐味だ。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【大阪大学イベント(外国語学部ビルマ語専攻井上さゆり先生主催)】ノンフィクション作家高野秀行氏講演会「言語オタクのちょっとクレイジーな探検生活」 https://t.co/hotbx2JeWl ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑