*

幼児の気持ち

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


依然として声が出ない。
ずっと考えているのだが、これはやはり「今日のおりょうり」のインタビューで
えらそうに「日本人は肉の味を知らない」などと20年前の「美味しんぼ」みたいなことを
とうとうと語った罰にちがいない。
じゃあ、黙って仕事をすればいいのだが、
それも進まない。
これはきっと水村美苗『日本語が亡びるとき』(筑摩書房)を読んだせい。
自分の書いた本を自分で英語に翻訳して出版し、さらにそれを続けようとしている私は
ずっと周囲から奇異の目で眺められていた。
「時間と労力の無駄」とか「後ろ向きの作業」とまで言われたことがある。
なので、「英語が普遍語となる時代に日本語は生き残れるのか」というテーマに強く惹かれたわけだ。
結論をいえば、本書は高度な教養を披露しながらも迷走しまくりの論説である。
明治に成立した美しき日本語(←これが著者にとっての「日本語」)が亡びるとすれば、
英語がどうのという以前に、ネットと携帯による影響のほうが圧倒的に早くて大きいはずだがそれにも何も触れていない。
水村さんは気づいていない、というかそもそも知らないんだろうなあ。
それでも「現代の日本文学の現状」を「幼稚な光景」と断言されると唸ってしまう。
文学がその状況なら、文学も読まずに「作家」を自称している私の文章など
幼児の遊びだろう。
幼児も自分が「すごくおもしろい!」と思って遊んでいるからいいわけで、
自分で「これ、幼児の遊びだよな…」と思ったらやってられないだろう。
いま、ちょっと私はそういう状態なのである。

関連記事

no image

パキスタンの辺境

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら 探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

no image

今までいちばんビビッたのは…?

上智対談講義第3回目はミャンマーで辺境専門旅行会社を経営する金澤聖太師範。 (極真空手の猛者なので私

記事を読む

no image

南米からの便り

 実家の母から「あんた宛に外国から手紙が届いている」と電話が来た。 八王子の実家を知っているという

記事を読む

no image

娘を溺愛する父親と言われた

先週末、本の雑誌の杉江さんに会ったら、「最近高野さんのブログを見ていると、 娘を溺愛してる父親みた

記事を読む

no image

名画と辺境

半分壊れたパソコンを辛抱して使っていたが、 この度やっと新しいものを買った。 今度は奮発してDVD

記事を読む

no image

前世マラソン

朝から深夜までかかって、横浜、東京都西多摩郡檜原村、新宿区の三ヶ所で 前世を見てもらう。 「未確認思

記事を読む

no image

『怪獣記』見本本、到着!

『怪獣記』(講談社)の見本本がついに届いた。 私は最近よく本を出しているイメージがあるが、ほとんど文

記事を読む

no image

世界でいちばん暑い町と初恋女性との興奮譚

 ブログに書きたいことは多々あれど、相変わらず雑務に追われて時間がない。  自分のウェブについても、

記事を読む

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

Comment

  1. 植原 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    幼児でも、乳児でも、オヤ児でも「すごくおもしろい!」っと思って遊んでいる人が、「あれ?」と思った時は「でも・・だって面白いから、まあー良いか!」っと思いましょう!。
    私も以前、自宅の小さな庭で日夜問わず各国の芝生を管理していましたが、妻から「あなたの’ソレ’は、家庭に何の意味があるの?」っと聞かれた時、「ほんとに私はいったい何をしているのだろう?」(辺境の旅はゾウにかぎる)と思いましたが・・。
    高野さんの本は面白いです。そう思っている人がいることは確かです。
    また、読者に勇気・自信・活力を与えてくれます。
    だから、早めに新作出してください。(笑)。

  2. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Q312461)
    まあまあ、高野さん。そうおっしゃらず。
    ちょっと主旨が違うかもしれませんが、正しいとか完成度とかって話は減点法な感じでどうにも嫌いです。、数ある評価基準のうちの一つですよ。
    TVで見るフィギュアスケートみたいに、失敗しないか決まりと違うことをしないかドキドキしちゃいます。
    高野さんはサッカーのFWです!泥臭くてもかっこ悪くても1点獲ればいいんです!
    俺は高野さんの本を読むのが楽しくて大好きです。新刊も待ち遠しいです。
    それでいいじゃないですか。おばちゃんも俺も応援してますよ♪

  3. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     外国に住んでいた時に、(日本人同士で)「どうして日本語は世界に
    広まらないのだろう」という議論をしたことがあります。
    その時に出た仮の結論は、「全部ひらがなかカタカナにして、分かち書きに
    する」「全部ローマ字で表記する」
     要するに日本に来ている外国の人、話す・聞くは割と簡単だが、
    書く・読むが難しい、でつまづいている人が多いと聞きます。で、漢字を
    取っ払ってしまえば、文法や発音や単語は今のままでも、日本語は
    世界に広まる、または外国人が日本語を学び易くなる、というもの
    でしたよ。

  4. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    高野さんの The shore beyond good and evil はっきりいって英訳悪すぎですよ。ゆういつの英訳本があのレベルだなんて。訳者もっといい人いなかったんですか?なので私はこの本を、日本語だともっと面白いんですが…と断りながら配ってまーす。世界中の人に読んでもらうべくコツコツと普及活動をしてるのに。本当に残念ですよ。日本語では面白い部分が全く面白くないんですよね。英語だと。高野さん独自のユーモラスに自分におきた出来事を語るあたりが特に英語だととてもシリアスで笑えないんですよ。なんでかな?あまりの違和感に自動翻訳のソフトでも使ったのかとおもってしまいましたよ。多分高野さん自身が訳したほうがいい感じになるんじゃないかな?期待してますよ!著者&訳者高野に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑