*

探検部の仲間、ネパールにて死す

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

早大探検部時代のほぼ同期で、フリーのテレビディレクターをしていた
古賀美岐さんが28日夕方、ロケ先のネパールで亡くなった。
高山病が悪化し、ヘリコプターを呼んだが間に合わなかったという。
古賀さんとは現役時代、洞窟や岩登りに一緒にいったし、
最近でもときどきメールのやり取りをしていた。
辺境が得意でミャンマーにも最近は頻繁に訪れ、
「高野君、今度イラワジ川下りするなら、私に撮らせてくれない?」などとも言っていた。
ネパールにも何度も行っているはずで、だいたい辺境のベテランである彼女がなぜ?と
疑問符はいくつもつく。
まだ何も実感が湧かない。

関連記事

no image

カン様と韓国

先週、金曜日の話だが、上智大学最後のゲスト対談。 私の本を韓国に紹介、翻訳しているイヤギ・エージェン

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

新刊「世界のシワに夢を見ろ!」完成

いよいよお待ちかね、新刊「世界のシワで夢を見ろ!」(通称「しわゆめ」)が完成した。 これはヤングチ

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

番組はよかったけれど…

もう先週の話になってしまったが、私が関わったNHKのドキュメンタリーが放映された。 自分が旅した様子

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

ああ、間違えた

どうやら大変な間違いを犯してしまったらしい。 なんとしたことか、某社の依頼で「生き方本」を書いてしま

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

原稿と有酸素運動

 web本の雑誌で連載している宮田珠己「スットコランド日誌」http://www.webdokush

記事を読む

Comment

  1. ななし より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 1.1.4322)
    古賀美岐さんはネパールのヒマラヤ山中で、日本テレビの環境特別番組
    「温暖化でヒマラヤの氷河湖が決壊の危機にある」という内容の取材を担当していた。
    一行は4月23日にふもとの村を出発し、標高約5000メートルの湖に向かったところが、4月28日、標高3800メートルの町、タンボチェで古賀さんが体調不良を訴えた。
    本隊は先に進み、古賀さんらは治療のため居残ったが、肺などが急激に悪化して死亡した。
    出国前に高地順応トレーニングも積んでいたそうですが……。
    ご冥福をお祈り致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑