*

今年からノンフィクション作家

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年は何をするか。
まずは肩書きを変えることにした。
正確には去年の暮れからブログのタイトルを微妙に変えていた。
以前は「辺境・探検・冒険」だったのが「辺境・探検・ノンフィクション」にし、
「辺境作家」を「ノンフィクション作家」に改めた。
私が辺境ライターと名乗り始めたのは十数年前、初めて現在の妻と出会ったときである。
それまでは普通にフリーライターと名乗っていた。
「変わったことを職業にしている人」をテーマに取材をしていた彼女が私のところにも取材に来た。
原稿を書いたあとで、「フリーライターではインパクトがないから『辺境ライター』にしていいか」と言う。
「別にいいですよ」と答えた。たしかにこっちの方が「人とちがうことをしている」ことがわかりやすくなる。
結局、そのまま辺境ライターと名乗り、でもあまりパッとしないので、
さらに五年後くらいして、勝手に「辺境作家」と底上げをしてみた。
辺境ライター・作家という肩書きにして十数年過ごしてわかったことは
「人とちがうことをしている」のは十分伝わったものの、「一体何をしているのか」は
全く伝わらなかったことだ。
毎回、新しい人と会う度に「辺境作家って何ですか?」と訊かれ、それについて答える。
このやりとりに飽きたし、インタビューやラジオ・テレビ、講演会、対談などでは
ただでさえ限られた時間なのに、肩書きの説明に五分も十分もかかって勿体ないったらない。
「辺境作家」だけではわかりにくいということで、「辺境冒険作家」とか「辺境探検作家」などとするときもあるけれど、なおさら「作」の存在感が薄れ、
「冒険家」「探検家」と誤解されてしまう。
作家でもライターでもいいが、私はとにもかくにも物書きなのに。
「情熱大陸」や「ようこそ先輩」などから出演のオファーがときどき来るが、そういうときも「何か辺境で冒険みたいなことをしている人」という括りで企画されている。
それもまた間違いなので、オファーを受けられずにいる。
だって、私ができることと言えばサバイバル術でも動物生態学でもなく、
取材(調査)をして文章を書くことだけなんだから。
というわけで、今年から「ノンフィクション作家」。
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それをおもしろおかしく書く」というモットーも変更しようかな。
「誰も書かない本を書く」にするか。
もっともやることは何も変わらない。今まで高野本を読んでくださっている方はご安心を。
前置きが長くなったが、今年はこんな予定です。
3月末 『異次元国家ブータン』(現在「小説すばる」で連載中→集英社刊)
6月末 『ヒーロー参上!』(現在「青春と読書」で連載中→集英社刊)
秋以降 『移民の宴』(現在「おとなの週末」で連載中→講談社刊)
そしてこの1月からweb本の雑誌で『謎の独立国家ソマリランド』の連載を開始する予定。
今年もよろしくお願いします!

関連記事

no image

館山で昼寝

ぶらっと東京湾フェリーに乗って館山に行ってみた。 船の中でビールを飲んだら眠くなり、館山駅近くの小

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

大学の講義のゲストみたい

上智大学講義、第10回目。 今年ラストの授業のゲストは琉球カウボーイフィルムズ統括プロデューサーの

記事を読む

no image

南伸坊氏のカバー完成

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

タイ国外退去!?

ネット書店「アマゾン」で自著の売上げを見ていたが、「極楽タイ暮らし」のところで、こんなレビューを発

記事を読む

no image

ボロボロのデビルマンみたいなやつ

月曜日、ヒストリーチャンネルの取材が終わったあと、 探検部の現役学生3名と飯を食う。 うち二人はニュ

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

シリアス・ファン

義兄マイク・ノックら義理の兄弟一同で新宿に集まり、昼食。 マイクは修行僧みたいな音楽家なのだが、彼

記事を読む

no image

続・プロレスの罠

こんなことをしていてはイカン!と思いつつも またもやプロレス本を一気読み。 小島和宏『ぼくの週プロ

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    AGENT: KDDI-SN3T UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.6.210 (GUI) MMP/2.0
    ソマリランド楽しみです!ブータンは国王来日のタイミングに合わせられたら最高でしたね……
    まああの爽やか夫妻に盛り上がっていた日本でいきなり「夜這い大国」じゃ、国際問題になっていたかもなので、このタイミングがベストですが

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    あけましておめでとうございます。こないだの西川一三さんの話、懐かしかったです。年の瀬には雪男捕獲騒ぎが起きたりして、どうなることやらと思ってましたが、今年もよろしくお願いします。

  3. ゆきこ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/16.0.912.63 Safari/535.7
    高野さま
    あけましておめでとうございます。
    初めてコメントさせていただいています。
    私も早稲田大学の卒業生です。
    当然初めて読みました高野さんのご本は「ワセダ三畳青春記」。
    以来、高野さんのご本のとりこです。
    最近、メモリークエストも拝読いたしました。
    探していただきたい方いるのですが・・・チェンマイ大学の先生をされていた方なのですぐに見つかってしまいそうです。
    きっと選んではいただけないですね(笑)。
    今年もたくさんの著書を楽しみにしています。
    それでは腰をお大事に、素敵な一年を☆
    今年も数冊の

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑