*

今年からノンフィクション作家

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年は何をするか。
まずは肩書きを変えることにした。
正確には去年の暮れからブログのタイトルを微妙に変えていた。
以前は「辺境・探検・冒険」だったのが「辺境・探検・ノンフィクション」にし、
「辺境作家」を「ノンフィクション作家」に改めた。
私が辺境ライターと名乗り始めたのは十数年前、初めて現在の妻と出会ったときである。
それまでは普通にフリーライターと名乗っていた。
「変わったことを職業にしている人」をテーマに取材をしていた彼女が私のところにも取材に来た。
原稿を書いたあとで、「フリーライターではインパクトがないから『辺境ライター』にしていいか」と言う。
「別にいいですよ」と答えた。たしかにこっちの方が「人とちがうことをしている」ことがわかりやすくなる。
結局、そのまま辺境ライターと名乗り、でもあまりパッとしないので、
さらに五年後くらいして、勝手に「辺境作家」と底上げをしてみた。
辺境ライター・作家という肩書きにして十数年過ごしてわかったことは
「人とちがうことをしている」のは十分伝わったものの、「一体何をしているのか」は
全く伝わらなかったことだ。
毎回、新しい人と会う度に「辺境作家って何ですか?」と訊かれ、それについて答える。
このやりとりに飽きたし、インタビューやラジオ・テレビ、講演会、対談などでは
ただでさえ限られた時間なのに、肩書きの説明に五分も十分もかかって勿体ないったらない。
「辺境作家」だけではわかりにくいということで、「辺境冒険作家」とか「辺境探検作家」などとするときもあるけれど、なおさら「作」の存在感が薄れ、
「冒険家」「探検家」と誤解されてしまう。
作家でもライターでもいいが、私はとにもかくにも物書きなのに。
「情熱大陸」や「ようこそ先輩」などから出演のオファーがときどき来るが、そういうときも「何か辺境で冒険みたいなことをしている人」という括りで企画されている。
それもまた間違いなので、オファーを受けられずにいる。
だって、私ができることと言えばサバイバル術でも動物生態学でもなく、
取材(調査)をして文章を書くことだけなんだから。
というわけで、今年から「ノンフィクション作家」。
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それをおもしろおかしく書く」というモットーも変更しようかな。
「誰も書かない本を書く」にするか。
もっともやることは何も変わらない。今まで高野本を読んでくださっている方はご安心を。
前置きが長くなったが、今年はこんな予定です。
3月末 『異次元国家ブータン』(現在「小説すばる」で連載中→集英社刊)
6月末 『ヒーロー参上!』(現在「青春と読書」で連載中→集英社刊)
秋以降 『移民の宴』(現在「おとなの週末」で連載中→講談社刊)
そしてこの1月からweb本の雑誌で『謎の独立国家ソマリランド』の連載を開始する予定。
今年もよろしくお願いします!

関連記事

no image

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。 その名も「君は高野秀行を知っているか」。 私

記事を読む

no image

同情無用

八王子の実家に行き、酒をたらふく飲んでから ホットカーペットの上でごろごろしていたら なぜかぎっくり

記事を読む

no image

求む、ナイスな雑木林コース

昨日、鎌倉と江ノ島に行った。 両方とも今までの人生で行ったことがあるといえばある。 が、鎌倉

記事を読む

no image

角田光代さんと対談

『怪獣記』がいよいよ発売された。 正直言って、私の単行本は今まで全く売れた試しがない。 だから、今回

記事を読む

no image

ソマリランド療法の勧め

なんとか取材の目処がつき、来週の8日(金)に東京に着く便を予約した。 ソマリ人は、私にとって、おそら

記事を読む

no image

風呂と泥酔でリフレッシュを!

ヤマザキマリの傑作風呂漫画『テルマエ・ロマエ3』(ビームコミックス)を読んだ。 第1巻には爆笑し、

記事を読む

no image

『わが盲想』見本出来!!

 ゴールデン・ウィーク中は風邪とその後遺症の酷い咳のため家で休んでいたら、 その後から猛烈に忙

記事を読む

no image

「シワ夢」文庫化

『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館)、通称「シワ夢」同社から文庫化されることになった。 今回はマンガ

記事を読む

no image

ぐにゃぐにゃ

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。 「魔法使いアキット」さんという、名

記事を読む

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    AGENT: KDDI-SN3T UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.6.210 (GUI) MMP/2.0
    ソマリランド楽しみです!ブータンは国王来日のタイミングに合わせられたら最高でしたね……
    まああの爽やか夫妻に盛り上がっていた日本でいきなり「夜這い大国」じゃ、国際問題になっていたかもなので、このタイミングがベストですが

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    あけましておめでとうございます。こないだの西川一三さんの話、懐かしかったです。年の瀬には雪男捕獲騒ぎが起きたりして、どうなることやらと思ってましたが、今年もよろしくお願いします。

  3. ゆきこ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.7 (KHTML, like Gecko) Chrome/16.0.912.63 Safari/535.7
    高野さま
    あけましておめでとうございます。
    初めてコメントさせていただいています。
    私も早稲田大学の卒業生です。
    当然初めて読みました高野さんのご本は「ワセダ三畳青春記」。
    以来、高野さんのご本のとりこです。
    最近、メモリークエストも拝読いたしました。
    探していただきたい方いるのですが・・・チェンマイ大学の先生をされていた方なのですぐに見つかってしまいそうです。
    きっと選んではいただけないですね(笑)。
    今年もたくさんの著書を楽しみにしています。
    それでは腰をお大事に、素敵な一年を☆
    今年も数冊の

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 昨日取材で南アルプス市ふるさと文化伝承館に行った。何の予備知識もなかったので、「人体文様付有孔鍔付土器」なんてものがあり、「なんじゃこりゃ⁉︎」と驚く。私の好きなアフリカのアートにすごく近いものを感じる。 https://t.co/zNCJc0hdFR ReplyRetweetFavorite
    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑