*

重版は他力にかぎる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今日、集英社の担当編集者の人から電話がかかってきて、「『未来国家ブータン』重版が決まりました」と言った。
最初何かの聞き違いかと思った。
なにしろ私の本は重版とは相性がよくない。
新刊の重版がかかるのが毎回ひじょうに遅い。
最速で2ヶ月、遅いときには2年とか3年である。
ある社の販売部の人など、「こんなにゆっくり重版がかかった本は初めてだ」と驚いていたそうである。
なのに、今回は発売して一週間だ。
でも、売れる本というのはみんなそうなのである。
片野ゆかの「犬部!」も大野更紗「困ってるひと」(ともにポプラ社)も、
刊行後一週間以内に重版がかかっている。
でも、考えてみれば、発売後一週間なんて、まだレビューも書評も何も出ていない。
なのに売れてるってことは、内容とは無関係ってことだ。
では関係することは何か。
今回、「未来国家ブータン」ははっきりしている。
ブータン・ブームに乗ってしまってのである。
そして、影山徹さんのカバーイラストが素晴らしい。
それを生かした坂野公一さんのデザインも冴えている。
編集者が考案した帯のコピーもよかった。
その結果の最速重版である。
つまり、私以外のみなさんの力であり、重版は自力ではいかんともしがたく、
「他力」しかない。
だから、内容の質など考えず、ブータン・ブームができるだけ続くのを祈るばかりだ。

関連記事

連投初戦で同志発見?!

先週の木曜日から月曜(昨日)まで、5日間で4回の飲み会。 しかもほぼ全てが深酒。 まるで昔の稲尾

記事を読む

no image

インタビューされる方は楽だ

「イングリッシュ・ジャーナル」誌のインタビューを受ける。 以前、私はこの雑誌で仕事をしていたことがあ

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」終了

関西テレビ「未確認思考物隊」の収録が終了した。 深夜枠で裏番組に強力なライバル番組があるわりには ま

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

no image

四万十の至福

将来の極秘プロジェクトについて相談するため、 先週末から四日ほど高知・四万十市(中村)に行き、 現

記事を読む

no image

花のズボラ飯

久住昌之原作、水沢悦子画『花のズボラ飯』(秋田書店)を読む。 グルメ漫画を読んで、共感したのも初め

記事を読む

no image

加点法の偉大なる記録

最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。 で、答えは「島田荘司は減点

記事を読む

no image

いい人症候群の後遺症

震災以来、突然「いい人」のふりをしてしまう恐ろしい伝染病「急性いい人症候群」に冒されていたが、 ここ

記事を読む

no image

陰と陽

月刊「日経エンタテイメント」の取材を受ける。 今までは『怪獣記』だったが、今回初めて『怪魚ウモッカ格

記事を読む

Comment

  1. MGO より:

    AGENT: KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
    重版おめでとうございます。
    最新作拝見しました。とても楽しかったです。
    新年度を前向きに楽しみに迎えるきっかけになりました。
    出来ればブータン以外の国も是非。
    意外とアメリカの田舎やニューヨークもあらためて行くと秘境かもしれません。

  2. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    おめでとうございます。
    カバーイラスト、一枚の絵として額に入れて飾りたいぐらいすごい素敵です。
    未来国家ブータンは新宿のジュンク堂で購入しました。
    「日本全国津々うりゃうりゃ」と「飼い喰い」とならんで文学コーナーの
    新刊コーナー置いてありました。
    >ブータン・ブームに乗ってしまって
    高野さんらしい言い回しですね。

  3. タカセ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3)
    はじめまして。
    ブータン関連の本を探していたら、
    不覚にも高野さんにたどり着いてしまいました。
    腰痛探検家までは、すべて読ませて頂いてましたが、
    最近は御無沙汰でした。
    ただ先日、西サハラのマラソンを読み、色々と読ませて頂こう
    と思った矢先、また高野さんの本があり、うれしい限りです。
    ついコメントしてしまいました。
    ブームに乗り、ミャンマー関連の本も重版される可能性もあり
    楽しみです。

  4. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    重版おめでとうございます。
    「ご本人の写真効果」が上乗せされていると思われます。
    今日は新聞のテレビ欄に「高野秀行」を見つけ
    「きゃあ、すごーい」
    でも、よく見たら「高野山修行」でした
    メガネを買い替えるべきでしょうか?

  5. 渡辺 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    ↑めがね買い替えなさい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑