*

重版は他力にかぎる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今日、集英社の担当編集者の人から電話がかかってきて、「『未来国家ブータン』重版が決まりました」と言った。
最初何かの聞き違いかと思った。
なにしろ私の本は重版とは相性がよくない。
新刊の重版がかかるのが毎回ひじょうに遅い。
最速で2ヶ月、遅いときには2年とか3年である。
ある社の販売部の人など、「こんなにゆっくり重版がかかった本は初めてだ」と驚いていたそうである。
なのに、今回は発売して一週間だ。
でも、売れる本というのはみんなそうなのである。
片野ゆかの「犬部!」も大野更紗「困ってるひと」(ともにポプラ社)も、
刊行後一週間以内に重版がかかっている。
でも、考えてみれば、発売後一週間なんて、まだレビューも書評も何も出ていない。
なのに売れてるってことは、内容とは無関係ってことだ。
では関係することは何か。
今回、「未来国家ブータン」ははっきりしている。
ブータン・ブームに乗ってしまってのである。
そして、影山徹さんのカバーイラストが素晴らしい。
それを生かした坂野公一さんのデザインも冴えている。
編集者が考案した帯のコピーもよかった。
その結果の最速重版である。
つまり、私以外のみなさんの力であり、重版は自力ではいかんともしがたく、
「他力」しかない。
だから、内容の質など考えず、ブータン・ブームができるだけ続くのを祈るばかりだ。

関連記事

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

東京の秘境

帰国中の義姉に連れられ、明大前にあるジャズ喫茶「マイルス」を訪問。 ゴールデン街のような狭い店には

記事を読む

no image

撮影会はないのか

もうここ半年くらい、ずーーーっと思いつづけていることがある。 自分の泳ぐ様子をビデオに撮影してみる方

記事を読む

no image

漫画探偵、登場!

浦沢直樹の担当編集者やプロデューサーを務め、 リチャード・ウーなる筆名で異色在日外国人漫画「ディア

記事を読む

no image

美味すぎる差し入れ

読者の方よりお酒をいただいた。 身内の方が、千葉県香取郡神崎町にある超老舗(江戸時代初期創業だそう

記事を読む

no image

酒にふりまわされる人生

この十数年で飲んだ大量の酒がついに体の飽和量に達してしまったのか、 まったく酒を飲む気にならず、なん

記事を読む

no image

一時帰国

イスタンブールから飛行機内と空港で二泊三日し、 やっと東京に着いた。 いろんな意味で長く感じられた旅

記事を読む

no image

療養中の人にはアスクル?

「アスクル」、売れ行きはどうかわからないが、 評判はいい。 amazon.comでも、私の本の中では

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

ちづかマップ

ふとしたきっかけで、衿沢世衣子の「ちづかマップ」(太田出版)というマンガを読む。 昔の知り合いだが

記事を読む

Comment

  1. MGO より:

    AGENT: KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
    重版おめでとうございます。
    最新作拝見しました。とても楽しかったです。
    新年度を前向きに楽しみに迎えるきっかけになりました。
    出来ればブータン以外の国も是非。
    意外とアメリカの田舎やニューヨークもあらためて行くと秘境かもしれません。

  2. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    おめでとうございます。
    カバーイラスト、一枚の絵として額に入れて飾りたいぐらいすごい素敵です。
    未来国家ブータンは新宿のジュンク堂で購入しました。
    「日本全国津々うりゃうりゃ」と「飼い喰い」とならんで文学コーナーの
    新刊コーナー置いてありました。
    >ブータン・ブームに乗ってしまって
    高野さんらしい言い回しですね。

  3. タカセ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3)
    はじめまして。
    ブータン関連の本を探していたら、
    不覚にも高野さんにたどり着いてしまいました。
    腰痛探検家までは、すべて読ませて頂いてましたが、
    最近は御無沙汰でした。
    ただ先日、西サハラのマラソンを読み、色々と読ませて頂こう
    と思った矢先、また高野さんの本があり、うれしい限りです。
    ついコメントしてしまいました。
    ブームに乗り、ミャンマー関連の本も重版される可能性もあり
    楽しみです。

  4. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    重版おめでとうございます。
    「ご本人の写真効果」が上乗せされていると思われます。
    今日は新聞のテレビ欄に「高野秀行」を見つけ
    「きゃあ、すごーい」
    でも、よく見たら「高野山修行」でした
    メガネを買い替えるべきでしょうか?

  5. 渡辺 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    ↑めがね買い替えなさい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑