*

重版は他力にかぎる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今日、集英社の担当編集者の人から電話がかかってきて、「『未来国家ブータン』重版が決まりました」と言った。
最初何かの聞き違いかと思った。
なにしろ私の本は重版とは相性がよくない。
新刊の重版がかかるのが毎回ひじょうに遅い。
最速で2ヶ月、遅いときには2年とか3年である。
ある社の販売部の人など、「こんなにゆっくり重版がかかった本は初めてだ」と驚いていたそうである。
なのに、今回は発売して一週間だ。
でも、売れる本というのはみんなそうなのである。
片野ゆかの「犬部!」も大野更紗「困ってるひと」(ともにポプラ社)も、
刊行後一週間以内に重版がかかっている。
でも、考えてみれば、発売後一週間なんて、まだレビューも書評も何も出ていない。
なのに売れてるってことは、内容とは無関係ってことだ。
では関係することは何か。
今回、「未来国家ブータン」ははっきりしている。
ブータン・ブームに乗ってしまってのである。
そして、影山徹さんのカバーイラストが素晴らしい。
それを生かした坂野公一さんのデザインも冴えている。
編集者が考案した帯のコピーもよかった。
その結果の最速重版である。
つまり、私以外のみなさんの力であり、重版は自力ではいかんともしがたく、
「他力」しかない。
だから、内容の質など考えず、ブータン・ブームができるだけ続くのを祈るばかりだ。

関連記事

no image

『ワセダ1.5坪青春記』見本、届く

前にもお伝えした『ワセダ三畳青春記』の韓国語版、 『ワセダ1.5坪青春記』の見本が届いた。 おおっ

記事を読む

no image

『わが盲想』見本出来!!

 ゴールデン・ウィーク中は風邪とその後遺症の酷い咳のため家で休んでいたら、 その後から猛烈に忙

記事を読む

no image

トルコより帰る

 トルコより帰国した。  私の滞在中、トルコ国内でも二度テロがあり、外国人旅行者も犠牲になったよう

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

続・能力の限界

これが幻のポスター。 やっと、ブログにアップすることはできた。 しかし、これを元にポスターにするに

記事を読む

no image

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳

記事を読む

no image

彼もエンタメノンフ?

意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。 今日も『大人にはわからない日本文

記事を読む

no image

とても美味しく、驚きもある

 先週の土曜日、グレッグとミワさんという日仏カップルの友人と神楽坂のクレープ専門レストランで食事をし

記事を読む

no image

ウモッカ・イベント(?)終了

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。 けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方

記事を読む

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

Comment

  1. MGO より:

    AGENT: KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
    重版おめでとうございます。
    最新作拝見しました。とても楽しかったです。
    新年度を前向きに楽しみに迎えるきっかけになりました。
    出来ればブータン以外の国も是非。
    意外とアメリカの田舎やニューヨークもあらためて行くと秘境かもしれません。

  2. しん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    おめでとうございます。
    カバーイラスト、一枚の絵として額に入れて飾りたいぐらいすごい素敵です。
    未来国家ブータンは新宿のジュンク堂で購入しました。
    「日本全国津々うりゃうりゃ」と「飼い喰い」とならんで文学コーナーの
    新刊コーナー置いてありました。
    >ブータン・ブームに乗ってしまって
    高野さんらしい言い回しですね。

  3. タカセ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.3)
    はじめまして。
    ブータン関連の本を探していたら、
    不覚にも高野さんにたどり着いてしまいました。
    腰痛探検家までは、すべて読ませて頂いてましたが、
    最近は御無沙汰でした。
    ただ先日、西サハラのマラソンを読み、色々と読ませて頂こう
    と思った矢先、また高野さんの本があり、うれしい限りです。
    ついコメントしてしまいました。
    ブームに乗り、ミャンマー関連の本も重版される可能性もあり
    楽しみです。

  4. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
    重版おめでとうございます。
    「ご本人の写真効果」が上乗せされていると思われます。
    今日は新聞のテレビ欄に「高野秀行」を見つけ
    「きゃあ、すごーい」
    でも、よく見たら「高野山修行」でした
    メガネを買い替えるべきでしょうか?

  5. 渡辺 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:11.0) Gecko/20100101 Firefox/11.0
    ↑めがね買い替えなさい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑