*

リンガラ語を社内公用語に

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

楽天につづいてユニクロも社内公用語を英語に決めたそうである。
「日本だけの会社じゃない」という思いからだとのこと。
ならば、別に英語じゃなくてもいいんじゃないか。
アメリカやイギリスの会社でもないのだから。
いっそのこと、コンゴの共通言語のリンガラ語はどうだろう。
発音も文法もひじょうにシンプルで、
かつ音調が明るく、ノリがいい。
英語圏ネイティヴやそっちに昔住んでいたというだけで威張る人もいなくなる。
みんな、一から覚えるのだから、
英語よりずっと平等だ。
どうしてもリンガラ語に抵抗があるなら、マレーシア語、インドネシア語もおすすめだ。

関連記事

no image

mission complete

ima,yatto shuto Dhaka ni modotte kita. shinjir

記事を読む

no image

紳士の日記

「紳士の日記」を標榜するバンコク発の月刊風俗誌「G-Diary」の100号記念永久保存版が送られて

記事を読む

no image

念願かなってモガディショ

今から十数年前だから、1990年代半ばか後半くらいだろうか。 ヨーロッパか中東かアフリカか忘れたが、

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

帰国しました

予定通り、本日インドシナ旅行より帰国しました。ヴェトナム、カンボジア、ラオスの旧仏領三国をメコン沿い

記事を読む

no image

やさしい日本語

以前一緒にミャンマー新聞をつくっていて、今は難民認定を受けているミョウさんと 8年ぶりくらいに会う。

記事を読む

2015年読んだ本ベストテン<ノンフィクション>

今年はブログをほとんど書かなかった。 というか、最近はブログがあったことすら忘れていた。 とても

記事を読む

no image

「高野秀行」の新刊?!

またもや「高野秀行」の新刊が出た! …といっても、今度は同姓同名の将棋棋士の高野秀行五段の著書だ。

記事を読む

no image

異国トーキョー漂流記

先週、中島京子さんより初の生メール(?)をいただいた。 「高野さんの『異国トーキョー漂流記』を朝日

記事を読む

no image

加点法の偉大なる記録

最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。 で、答えは「島田荘司は減点

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser9 1.4.3; F08A3; 1006)
    リンガラ語良いですよね。
    コンゴ・リバーの音楽をやっていたLokua Kanza。洗練されすぎてて高野さんの好みじゃないかも知れませんが、最近はまってます。フランス語、英語と日本語でも歌っているのですがリンガラ語が一番いいです。最新版のタイトルがNkoloっていうのですが、"ん"で始まる言葉に独特のタメがあって他の言語ではない響きです。

  2. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    リンガラ語を社内公用語に、
    なんて高野さんでなければ出てこない発想です。
    江戸時代の薩摩弁は土地の人しか理解できないので
    よそ者やスパイへの情報漏えいを防いだと言われます。
    その観点からいえばリンガラ語はイケてるかも。

  3. KF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0)
    わー、想像するだけでわくわくしますね。
    会社ごとに公用語が違うのならば、転職の連続も楽しいかも、ですね。
    豊かなサラリーマンが増えるのではないでしょうか。
    国際基準=公用語の英語化、という図式なら日本語のままのほうがよほど良いかと思いますが、母国語でない分使い勝手が悪くて、日本語ではいばりまくってた奴が、威厳を示せなくなったりするのはちょっと楽しいかも。
    でも「英語」じゃつまらんなあ。せめてもうちょっと少数言語にならないものか。。。

  4. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
    因みにアメリカのアマゾンのサイトでLokua Kanza試聴できます。本当にお勧めです。
    http://www.amazon.com/Nkolo-Lokua-Kanza/dp/B00354XVS6/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=music&qid=1278231438&sr=8-2

  5. 703647 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; GTB6.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; Tablet PC 2.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; OfficeLiveConnector.1.5; OfficeLivePatch.1.3; .NET4.0C)
    リンガラ語でシリトリをすると最後に「ん」がついても負けにならないのですか?
    ちなみに、「白い山」を意味する「キリマンジャロ」は「キリマ・ンジャロ」なのだと鎌本さんが教えてくれました。

  6. UH より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    エスペラントじゃ・・駄目ですかねえ。
    あれは結構、ロマンス系が母語の人に有利にできているし。
    ジョージ・ソロスの母語(の一つ)がエスペラントだと最近はじめて知りました。
    ユダヤ人家庭には結構そういう家があるみたいですねぇ。ザメンホフもユダヤ人で、だからこそ「ユダヤ人がヘブライ語の代わりに生み出した言語」という色眼鏡で見られて普及しなかったんだろうけど。
    リンガラよりもスワヒリの方が、って人も結構いるだろうなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑