*

豚追い人

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


バングラ北部への旅の途中、すごく変なものを見た。
ヤギか牛を追うように、棒をもって群れを追い立てている人が道路脇を歩いているのだが、
よく見ればそれは豚だった。
豚って、こんなにきちんと群れをなすのか?
だいたいイスラム国家バングラデシュで、豚の群れなんてその辺を歩かせていいのか?
豚の「放牧」をやっている人に訊いたら、
彼はヒンドゥー教徒だった。
豚は実際には放牧でなく、泥沼に連れて行かれ、
みんなで楽しそうに泥の中を転げまわっていた。
中には他の豚にかみついていじめる奴もいて、
ウチザワさんところの「夢」を思い出した。
この写真を首都ダッカの人々に見せたら、
たいそう驚かれた。
現地でも珍しいもののようだ。

関連記事

no image

エンタメノンフ三銃士!!

びっくりした。 杉江さんの「炎の営業日誌」を見たら、 2月20日、ジュンク堂で「内澤旬子、高野秀行、

記事を読む

no image

最終的にはパッション

宮田部長の『だいたい四国八十八カ所』(本の雑誌社)が重版になったそうだ。 このすさまじい出版不況下

記事を読む

no image

79人はちと多いのでは…?

上智大学の講義は、先週、実質的に第一回目で マレーシアでジャングルビジネスを営む二村聡さんにお越しい

記事を読む

no image

炎のドトール執筆日誌

「もうダメだ!」と叫んで家を出たのが去年の夏だった。 原因はインターネット。 常時接続なので、原稿を

記事を読む

no image

計算ができないのか?

野々山さんのご指摘で気づいたが、 前回の日記で換算した部数計算がまるっきりまちがっていた。 日本に換

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

柏レイソルに敗れる

ソマリランドの命綱とも言われるベルベラ港の出身のソマリ人がいると聞き、 その人の住む柏まで会いに行く

記事を読む

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

なぜ北欧人は放射能を恐れてヒロシマに逃げるのか

もはや日記代わりなので、ここにどんどん書く。 29日(火)、「おとなの週末」で連載している「移民の宴

記事を読む

Comment

  1. 副部長 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さんおかえりなさい。あーしも東京砂漠に帰って来ましたよ。
    ところでこのバングラの遊牧豚ですが、みんぱくの池谷さんが何回かフィールドワークに出かけてます。つい先日東京でも発表会があったんですが、行きそびれました。田んぼの落ち穂とか食べてるみたいでした。
    でもインドでも豚ってあんまり食べないのに不思議ですよね。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    東京砂漠へお帰りなさい。
    国立民族博物館の池谷和信先生のプロフィールを見たけど、
    ほんとうに「放牧ブタ」と呼んでいますね。
    笑っちまいました。
    田んぼの落穂を食わせるとはなんともナイスなアイデアです。
    それからこの池谷先生は、もともとカラハリのサン(昔ブッシュマンといわれていた人たち)の研究をやっていたみたいですが、
    今では世界中の辺境地に行って、極東シベリアのチュクチとか、タイ北部のムラブリとか、めちゃくちゃたっくさんの論文や原稿を書いてますね。
    辺境作家並み。
    ていうか、私より原稿量が多いかも。
    驚いたのは、この先生、ソマリランドにも行ってるんですね。
    まだ独立直後のときらしいけど、ぜひ一度お話をうかがってみたいです。

  3. alex soriano より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; MDDC; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    初めまして、つかぬことをお伺いしますが、上のタカノさんって、たかのてるこさんですか? 高野秀行さんとたかのてるこさんって縁戚関係ですか? 大阪と八王子では違うと思うんですけど、念の為。

  4. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    サン族は、我々の「生物多様性条約・アクセスと利益配分COP-ABS」業界では近年、非常に重要な民族です。昨日サン族関係の論文を
    読んでいたのですが、まさかここで出会うとは…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年3月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑