*

ベトナムより帰国

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ベトナムより帰国した。
謎の猿人フイハイ(フイホアイ)を探しに行ったのだが、例によって現地は思いがけない状況に直面してしまった。
詳細はいずれ某誌に書きます。

関連記事

no image

オモロイ坊主

土曜日、「オモロイ坊主」こと藤川和尚を囲む会の新年会に参加させていただく。 藤川和尚はかつてタイで

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

私が原稿を書けないワケ

今週は原稿を一行も書けていない。 毎日パソコンに何時間も向かっているのに。 もともと苦しまずに原稿が

記事を読む

no image

アスクル人、カンヌを制す!?

『アスクル』に登場している沖縄の映画プロデューサーの井手君が上京、またうちに泊まっている。 毎晩、真

記事を読む

no image

羨ましい病

ニューギニア、アマゾン、ナイル、モンゴル、タイ、カンボジア…と世界中の辺境に単身で飛び回って、巨大

記事を読む

no image

元キャバ嬢&風俗嬢にはかなわなかった

「SPA!」の掲載誌が届いた。 「イスラム飲酒紀行」はかなりトンチキな企画で(文芸誌ではできない)、

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

旅に出るにはワケがある

わけあって部屋の片付けをした。 ゴミためのようで、足の踏み場もなかったのだが、 片付けるとウソのよ

記事を読む

no image

オタクの底力を感じさせる『タイ・演歌の王国』

 タイ女性と結婚し、バンコクに十数年暮らしている友人Aさんが、「高野さん、この本、すごく面白いよ

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    おかえりなさいませ。
    ベトナム体験が本に載るときは
    また告知よろしくお願いします。
    (自分、アンテナの感度よろしくないんで)

  2. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おかえりなさいっ!
    詳細楽しみにしてます。
    あ、「ミャンマーの柳生一族」も買いました。
    時間を取ってじっくり読みますね。

  3. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    お疲れ様でした。ベトナムの話楽しみにしています。
    さて『ミャンマーの柳生一族』面白かったです。突飛なたとえに思えましたが、読んでみると納得!今のミャンマーの現状がよく理解出来たように思います。しかし武田鉄也の映画のくだりでは大笑いしましたよぉ〜。
    船戸与一先生の「河畔に標なく」も出たんですね。巻末で「ミャンマーについての数少ないルポでは吉田敏浩と高野秀行のものが優れている、是非読まれたし」というようなことがさりげなく書いてありました。『ミャンマーの柳生一族』の中のコミカルな先生とは好対照で、う〜んさすが船戸さんですね!

  4. 白谷 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.22; Mac_PowerPC)
    おかえりなさい!
    ベトナムの話、私もどこに載るか知りたいですね。
    「ミャンマーの柳生一族」みなさんの感想を聴くと面白そうで、楽しみです。これからゆっくり読もうと思います。

  5. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    『柳生一族』、楽しく読ませていただきました。
    朝食の?、うまそうですねぇ。
    しかし書店、なぜ『河畔に標なく』といっしょに平台に置かない!

  6. なおこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    約2年前、ミャンマーを1ヶ月ほど旅をして、
    ミャンマーに住みたいと心から思いました。
    帰国してからミャンマーについて話し合える友もなく、
    ミャンマーの勉強だ、と思って買った新書は面白くなく、
    たまにミャンマーから電話がかかってきたらめっちゃ嬉しいけど、
    誰かもわからないうちに時間切れになってしまう…。
    そんな感じでミャンマーとの距離を保っていました。
    そして先週、本屋で平積みではない「柳生一族」と運命の出会いをしました。
    すぐに友人(ミャンマー歴なし)に出前して押し付けました。
    まだ、「ワセダ三畳」と「異国トーキョー」しか入手できていませんが、
    サイコーです。
    「ワセダ三畳」では、電車の中でもバスの中でも、笑いをこらえきれず声を出して笑うしかなく、困らされました。
    その上、最後、この恋はあっけなくおわってしまいました。
    もう少し、ストーカーしてみたいと思います。

  7. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)
     お帰りなさい。ベトナムにも猿人がいるんですね。初めて知りました。
    外国系のUMAニュースソースでは、今はマレーシアの猿人が
    ホットな話題です。
     (アフガニスタンより)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
    • やっと原稿書けた。酒飲みたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑