*

ベトナムより帰国

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ベトナムより帰国した。
謎の猿人フイハイ(フイホアイ)を探しに行ったのだが、例によって現地は思いがけない状況に直面してしまった。
詳細はいずれ某誌に書きます。

関連記事

no image

ナイロビのカリフォルニアにて

結局、ナイロビ市内は昼前なら歩いても、気をつけさえすれば、 問題ないとわかった。 酒もちゃんと飲んで

記事を読む

no image

犬と辺境旅をしてみたい

最近頭がぼやあっとして、ここに書いたかどうかも憶えていないのだが、 7月1日に行う旅の本屋のまどでの

記事を読む

no image

新しい探検部の部室とゴリラ

第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。 数年前に建てられたわりと新しい建物だ。 この新

記事を読む

no image

サッカーファン強化合宿

高橋源一郎の小説『「悪」と戦う』(河出書房新社)を読む。 文学が成り立つ前提をとっぱらうというタカ

記事を読む

no image

こんなこと、してる場合じゃないのだが…

明日からトルコへ行く。 ワン湖の怪獣ジャナワールの調査である。 ただでさえ忙しいのに、昨日、中国か

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

no image

今度はインド人をアゼンとさせてしまう

また午前中、また別のソマリランド人と会った後、 いつもどおり、ドトールF店に「出勤」すると、なぜかそ

記事を読む

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

no image

シリアス・ファン

義兄マイク・ノックら義理の兄弟一同で新宿に集まり、昼食。 マイクは修行僧みたいな音楽家なのだが、彼

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    おかえりなさいませ。
    ベトナム体験が本に載るときは
    また告知よろしくお願いします。
    (自分、アンテナの感度よろしくないんで)

  2. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おかえりなさいっ!
    詳細楽しみにしてます。
    あ、「ミャンマーの柳生一族」も買いました。
    時間を取ってじっくり読みますね。

  3. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    お疲れ様でした。ベトナムの話楽しみにしています。
    さて『ミャンマーの柳生一族』面白かったです。突飛なたとえに思えましたが、読んでみると納得!今のミャンマーの現状がよく理解出来たように思います。しかし武田鉄也の映画のくだりでは大笑いしましたよぉ〜。
    船戸与一先生の「河畔に標なく」も出たんですね。巻末で「ミャンマーについての数少ないルポでは吉田敏浩と高野秀行のものが優れている、是非読まれたし」というようなことがさりげなく書いてありました。『ミャンマーの柳生一族』の中のコミカルな先生とは好対照で、う〜んさすが船戸さんですね!

  4. 白谷 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.22; Mac_PowerPC)
    おかえりなさい!
    ベトナムの話、私もどこに載るか知りたいですね。
    「ミャンマーの柳生一族」みなさんの感想を聴くと面白そうで、楽しみです。これからゆっくり読もうと思います。

  5. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    『柳生一族』、楽しく読ませていただきました。
    朝食の?、うまそうですねぇ。
    しかし書店、なぜ『河畔に標なく』といっしょに平台に置かない!

  6. なおこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    約2年前、ミャンマーを1ヶ月ほど旅をして、
    ミャンマーに住みたいと心から思いました。
    帰国してからミャンマーについて話し合える友もなく、
    ミャンマーの勉強だ、と思って買った新書は面白くなく、
    たまにミャンマーから電話がかかってきたらめっちゃ嬉しいけど、
    誰かもわからないうちに時間切れになってしまう…。
    そんな感じでミャンマーとの距離を保っていました。
    そして先週、本屋で平積みではない「柳生一族」と運命の出会いをしました。
    すぐに友人(ミャンマー歴なし)に出前して押し付けました。
    まだ、「ワセダ三畳」と「異国トーキョー」しか入手できていませんが、
    サイコーです。
    「ワセダ三畳」では、電車の中でもバスの中でも、笑いをこらえきれず声を出して笑うしかなく、困らされました。
    その上、最後、この恋はあっけなくおわってしまいました。
    もう少し、ストーカーしてみたいと思います。

  7. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)
     お帰りなさい。ベトナムにも猿人がいるんですね。初めて知りました。
    外国系のUMAニュースソースでは、今はマレーシアの猿人が
    ホットな話題です。
     (アフガニスタンより)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
    • このワンコ、私にも熱心に喋ってたなあ。 https://t.co/7P0eqU9oY8 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑