*

片野ゆか「愛犬王」発売

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

妻・片野ゆかによる本年度小学館ノンフィクション大賞受賞作『愛犬王 平岩米吉伝』(小学館)がようやく上梓された。
正式な発売日は3月31日(金)だが、早いところでは29日(水)、30日(木)には書店に並ぶようだ。
これは、明治三十年に生まれ、昭和六十年に88歳で死んだ平岩米吉という異能の人物を描いた評伝である。
平岩にはさまざまな、しかしどれをとってもハンパではない「顔」があった。
二十代半ばにして当時人気の絶頂だった「連珠」(五目並べ)を極めた希代の勝負師。
動物行動学の父コンラット・ローレンツより、40年さきがけて、動物を半自然状態で徹底観察するという手法を独自に開発した在野の天才科学者。
「シートン動物記」や「バンビ」を初めて日本に紹介し、「動物文学」なる造語をつくった文学の目利き。
犬にとって最も恐ろしい病気フィラリアの治療法確立のために私財を投げ打った篤志家。
柳田國男、折口信夫、南方熊楠、室生犀星、北原白秋、徳富蘇峰、小川未明、まどみちお(「ぞうさん」「いちねんせいになったら」などで知られる詩人)、小山勝清(「それからの武蔵」の著者)、中西悟道(「日本野鳥の会」の創設者)らに、ひたすら動物の随筆や詩、評論を書かせた辣腕編集者。
日本で初めて、自宅の座敷で愛犬の開腹手術を行わせた究極の犬バカ。
犬好きが高じて、狼やジャッカルを飼い、それらを銀座三越の買い物にハイヤーで連れて行った天下の奇人。
こんなヘンな人の一生が、けれんみのない文章でつづられている。
どうです、ちょっと読んでみたくなったでしょ?

関連記事

no image

おすすめ文庫王国2010

この前のエンタメノンフ忘年会で杉江さんに「おすすめ文庫王国2010」をいただいたので それを読んで

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

no image

盲目の吟遊詩人

「メモリークエスト」が更新された。 今回の依頼は「盲目の吟遊詩人を探せ!」。 場所はラオス。 いや、

記事を読む

no image

後輩・角幡唯介が開高健ノンフィクション賞を受賞!

猛暑がつづく中、また難民シェルターに行き、コソヴォ出身のアルバニア人に話を聞く。 おみやげに井浦伊

記事を読む

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

no image

『辺境の旅はゾウにかぎる』

ここで書いたかどうかもう忘れてしまったが、 6月に『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)という本

記事を読む

no image

辺境女子作家・名須川先輩デビュー!

『メモリークエスト』で、「日本への身元保証人になってほしいと迫ったミャンマー人のアナン君」と「古今東

記事を読む

no image

元「たま」石川浩司氏とのイベント

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。 あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

no image

テレビ、週刊誌

 週刊Aよりある本の書評をしてほしいと頼まれるが、実はすでに全く同じ本を週刊Bから頼まれていたので、

記事を読む

Comment

  1. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    面白そうですね。 明日 本屋に行ってみます 

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    どんな人か、ぐぐってみたのですが
    こりゃまた、すごい。
    こんな人をマジで知らなかった自分が恥ずかしいかも。

  3. 出版ラッシュ

    3月になり、知人の作家2人が立て続けに新刊を発売しました。2人はお互い良き友であり、良き飲み相手(?)であり、そして夫婦でもあるのですが、2人とも本当に素晴らしい才能をお持ちです。高野秀行「ミャンマーの柳生一族」まったくもう、タイトルだけでネタ

  4. くろー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.8.0.1) Gecko/20060111 Firefox/1.5.0.1
    おじゃましたします。
    平岩米吉伝を今、読んでます。
    (まだ60ページほどですが)。
    あまりの面白さに、既に2,3回昇天しています。
    読み終えるのがもったいなくて、恐ろしいくらいです。

  5. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    先日、新宿紀伊国屋本店で購入しました。
    今、むさぼっています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行フェアですが、場所を変え品を変え開催しております。何故か初期作品の方が売れ行きが良かったので追加してみました2作品と、文庫新刊の「辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦」(集英社)。この本もかなり面白いです。読める気がしない本を読んだ… ReplyRetweetFavorite
    • 現実はSFより奇なり、だ。200頁足らずの本だが学術書のため4800円もする。だから一般の読者にお勧めはしないが、興味のある人には読む価値が十分すぎるほどある。ていうか、マジおもしろい。 https://t.co/5c390UwAXF ReplyRetweetFavorite
    • 最近、「本の雑誌」連載のためSF小説を集中して読んでいたが(詳しくは同誌に書く予定)、一段落したので、人類学の本を久しぶりに読んだ。砂野唯著『酒を食べる エチオピア・デラシャを事例として』(昭和堂)。なんと、栄養摂取の方法として酒しか飲まない民族がエチオピアにいるという(つづく) ReplyRetweetFavorite
    • わけのわからない本の書評なら仲野先生の右に出る者はないですねー。 https://t.co/GPmnRcxG8V ReplyRetweetFavorite
    • 本格お笑い言語エッセイ第2回「新たな敵とリンガラ語」。新たな敵とは意外な人物でした。https://t.co/f4KORHhsXn ReplyRetweetFavorite
    • RT : 探検ジャーナリストがアフリカと韓国に納豆を追う https://t.co/HDSDmFpIAH 「なんでまた!?」と突っ込みたくなるテーマ。そういうプロが手をつけない領域に飛び込んでいくのが、在… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの魅力がびしばし伝わるオンラインイベント「高野秀行辺境チャンネル」の次回開催は11月7日(土)14時スタート!テーマはあの驚きの展開の衝撃作『怪魚ウモッカ格闘記』。Q&Aやチャットを使っての質問もお気軽にできます。ただ今見逃し視… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑