*

ベトナムより帰国

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ベトナムより帰国した。
謎の猿人フイハイ(フイホアイ)を探しに行ったのだが、例によって現地は思いがけない状況に直面してしまった。
詳細はいずれ某誌に書きます。

関連記事

no image

ima Somaliland desu

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru. hoteru no net

記事を読む

no image

沖縄発!プロとお手伝いによる地場映画

私の家を民宿(兼居酒屋)と勘違いしている沖縄の友人がいる。 ずうずうしい男なのだが、やっていることは

記事を読む

no image

不安と緊張を和らげるのは笑い

スーダン人のアブディンから電話がかかってきた。 地震直後の電話では「いやあ、俺が日本に帰ってすぐだか

記事を読む

no image

さらば「増刷童貞」!?

 自慢ではないが、私は「増刷童貞」だ。  これまで書いた本は8冊。さらに、文庫化された本が3冊。さら

記事を読む

no image

彼もエンタメノンフ?

意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。 今日も『大人にはわからない日本文

記事を読む

no image

人生管理

春風亭昇太師匠が暮れに体調をくずしたと聞いたので、 「健康管理もファンサービスのうちですよ」と言った

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

やせてもかれても私は大家

最近、部屋を片付けていたら こんな紙切れが出てきた。 ワセダのアパート「野々村荘」(仮名)の 大家

記事を読む

no image

「またやぶけ」の発見

そうそう、肝心なことをすっかり忘れていた。 奄美で遊んでいるうちに、新刊『またやぶけの夕焼け』(集

記事を読む

no image

シャングリ・ラは実在した!

探検部の後輩・角幡唯介の開高健ノンフィクション賞受賞作品 『空白の五マイル』(集英社から刊行予定)の

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    おかえりなさいませ。
    ベトナム体験が本に載るときは
    また告知よろしくお願いします。
    (自分、アンテナの感度よろしくないんで)

  2. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おかえりなさいっ!
    詳細楽しみにしてます。
    あ、「ミャンマーの柳生一族」も買いました。
    時間を取ってじっくり読みますね。

  3. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    お疲れ様でした。ベトナムの話楽しみにしています。
    さて『ミャンマーの柳生一族』面白かったです。突飛なたとえに思えましたが、読んでみると納得!今のミャンマーの現状がよく理解出来たように思います。しかし武田鉄也の映画のくだりでは大笑いしましたよぉ〜。
    船戸与一先生の「河畔に標なく」も出たんですね。巻末で「ミャンマーについての数少ないルポでは吉田敏浩と高野秀行のものが優れている、是非読まれたし」というようなことがさりげなく書いてありました。『ミャンマーの柳生一族』の中のコミカルな先生とは好対照で、う〜んさすが船戸さんですね!

  4. 白谷 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.22; Mac_PowerPC)
    おかえりなさい!
    ベトナムの話、私もどこに載るか知りたいですね。
    「ミャンマーの柳生一族」みなさんの感想を聴くと面白そうで、楽しみです。これからゆっくり読もうと思います。

  5. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    『柳生一族』、楽しく読ませていただきました。
    朝食の?、うまそうですねぇ。
    しかし書店、なぜ『河畔に標なく』といっしょに平台に置かない!

  6. なおこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    約2年前、ミャンマーを1ヶ月ほど旅をして、
    ミャンマーに住みたいと心から思いました。
    帰国してからミャンマーについて話し合える友もなく、
    ミャンマーの勉強だ、と思って買った新書は面白くなく、
    たまにミャンマーから電話がかかってきたらめっちゃ嬉しいけど、
    誰かもわからないうちに時間切れになってしまう…。
    そんな感じでミャンマーとの距離を保っていました。
    そして先週、本屋で平積みではない「柳生一族」と運命の出会いをしました。
    すぐに友人(ミャンマー歴なし)に出前して押し付けました。
    まだ、「ワセダ三畳」と「異国トーキョー」しか入手できていませんが、
    サイコーです。
    「ワセダ三畳」では、電車の中でもバスの中でも、笑いをこらえきれず声を出して笑うしかなく、困らされました。
    その上、最後、この恋はあっけなくおわってしまいました。
    もう少し、ストーカーしてみたいと思います。

  7. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)
     お帰りなさい。ベトナムにも猿人がいるんですね。初めて知りました。
    外国系のUMAニュースソースでは、今はマレーシアの猿人が
    ホットな話題です。
     (アフガニスタンより)

ほしな にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
    • 頭木弘樹著『食べることと出すこと』(医学書院)を読了。と言いたいのだけど、この本に「読了」なんてあるのかと思ってしまう。繰り返しエンドレスに読む必要のある本なのではないかと。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンター創業祭の企画で、高野秀行さんセレクトの選書が展開されているのですが、すんごいラインナップの中に私の「バンコクドリーム Gダイアリー編集部青春記」も選ばれてて感激。このコーナー自体かなり面白い本が揃ってて、そそられます。 http… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑