*

家宝、誕生

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

新刊「ミャンマーの柳生一族」のおどろおどろしい表紙に笑った人も多いだろう。
「昔の東映時代劇みたい」という声も聞いた。
無理もない。
夕陽の写真もさることながら、あの題字が凄い。
書いてくれたのは、糸見渓南という書家の方だ。
かの有名なテレビ番組「必殺仕事人」の題字を書いた人で、
今回は「あれと同じ感じで書いてください」と無理にお願いしたのだった。
幸いにも糸見さんは引き受けてくださった。
ふだん、横書きなんか滅多に書かないだろうし、ましてや「ミャンマー」という外来語なぞ、使う機会もないと思うが、ずばっとやってくれた。
もしかしたら、あの本のなかでいちばん価値があるのは、あの題字かもしれない。
先日、糸見さんから編集者を経由して、その「原書」(何といえばいいのか? オリジナルのことなんだけど)が届いた。
私にくださったのだ。
意外に大きい。文庫の表紙だけでも迫力あるが、原書は比較にならないド迫力だ。
墨が飛び散り、まるで血しぶきをあげているよう。
うーん、これは価値がある。
たぶん、私が所有するもののなかではいちばん価値があるだろう。
今後、我が家の家宝として大切にすることにした。
飾るところを見つけるのがちと大変なのだが…。

関連記事

no image

「シャバはつらいよ」連載開始!

大野更紗「困ってるひと」の続編、「シャバは辛いよ」がポプラ・ビーチにて連載が始まった。 今回、私は

記事を読む

no image

あなたの本職は何ですかと訊かれた

3月に、大野更紗さんが「わたくし、つまりnobady賞」という謎の文芸賞を受賞し、 私もその授賞式

記事を読む

no image

幻の旅人、復活!

「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。 いつにもまして、マニアックな現地情報と美し

記事を読む

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

no image

炎のジプシー・ブラス

ルーマニアを代表するロマ(ジプシー)ブラス、ファンファーレ・チォカリーアのドキュメンタリー映画『

記事を読む

no image

元気が出てしまう(?)自死の本

いわゆる「野暮用」ってやつで、仕事に専念しているわけでもないのにともかく忙しくて ブログを更新でき

記事を読む

no image

パキスタン航空おそるべし

6月23日売りの雑誌「TVBros」は、なぜか人気エアライン・ランキングが特集。 私も頼まれて、「機

記事を読む

no image

無許可チムスルウォンとは何か

『腰痛探検家』の韓国語版(パク・スンヒ訳、Bookie出版)が刊行されたらしい。 韓国で本を読

記事を読む

no image

『辺境の旅はゾウにかぎる』

ここで書いたかどうかもう忘れてしまったが、 6月に『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)という本

記事を読む

no image

新刊『アジア未知動物紀行』が発売

新刊『アジア未知動物紀行』(講談社)があさって、つまり2日に発売となる。 ある意味で私の未知動物探索

記事を読む

Comment

  1. masa より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/417.9 (KHTML, like Gecko) Safari/417.9.2
    初めてコメントさせていただきます.ミャンマーの柳生一族大変楽しく読ませていただきました!カッコイイ装丁だー!と思ってたのですが原書のあまりのド迫力に圧倒されてしまい思わずコメントをしてしいます。素晴らしい家宝ができてよかったですね。なんだか自分まで嬉しくなってしまいました。では,失礼しました。

  2. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    おお、額装して烙印が入るといいですねぇ。
    立派過ぎて、飾るところに困りそうですが…。
    僕も『必殺装丁人』って書いて欲しかったっす。

  3. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    “烙印”押しちゃいけませんね。“落款”の間違いです。失礼致しました。

  4. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    本当に大きいんですね!
    字、というのは誠に書く人が書くと命というか力を持つものですね。
    「風りん」のロゴもある女流書家に書いてもらいました。

  5. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おおっ! かっこいいですね。
    ぜひコピーして1枚ください(笑
    この題字を染め抜いたTシャツとかあったら買っちゃうかも。

  6. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    Tシャツはいいですねえ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ブルキナファソのできたばかりの「スンバラ」を手にうれしそうな高野秀行さん。アフリカまで納豆を探しに行った詳細を10月3日(土)14時からオンラインイベント「辺境チャンネル」で粘り強く語ります!見逃し視聴付きチケット発売中! https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「幻のアフリカ納豆を追え!」を完食した。毎朝納豆食べないと一日が始まらない僕だがもっといろんな世界の納豆を入手したい、と強烈な食欲の読後感で幸福になった。 https://t.co/eqBgsLndNJ ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行の『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた〈サピエンス納豆〉』を読了した。これはめちゃくちゃ面白かった。高野秀行の代表作となるねこれは。みんな読んだ方がいいよ。 https://t.co/ky87EqXGun ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本当に韓国のチョングッチャンの話は面白かったですよ。ここだけ先にグイグイ読んじゃった。今はアフリカ部分を読みつつ(もちろんこっちも面白い)合間に「着せる女」で大笑いして🤪楽しい連休です。 ReplyRetweetFavorite
    • まだなんです😭 https://t.co/ZTFeWlTq79 ReplyRetweetFavorite
    • 『幻のアフリカ納豆を追え!』秘蔵写真③韓国納豆チョングッチャン 実は本書の3割ぐらいは韓国の話。韓国のチョングッチャンは日本の納豆と全く同じもの。なのに日本人は「納豆は日本独自の伝統食品」と言い続け、韓国人も文句をつけていない。な… https://t.co/JFPwvEZHuT ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行の幻のアフリカ納豆を追え!読了。前作のアジア納豆以上に取材困難地で文化的隔絶の大きい土地で日本の日常そのものの納豆を深堀するギャップ。次から次に登場する人物に食べ物一つで人はこれ程繋がるんだなあと感心しつつも、笑みがこぼれる。こ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑